病気・けがを知る

病気・ケガを知る(5) 329件の病気・けがが登録されています。 [81-100]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

体を動かすための筋肉が痩せていく病気で、ALSともいわれる。筋肉そのものの病気ではなく、神経が障害を受ける神経疾患で指定難病の一つ。原因不明だが、神経の老化と関連があるといわれる。多くの場合は遺伝しないが、一方で、全体の約5%は家族内で発症することがわかってお…

手や足を動かすための筋肉の組織が壊死と再生を繰り返すことが主な症状として見られる、遺伝性の筋疾患の総称。指定難病。発症年齢や進行具合、遺伝形式などにより、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー、福山型先天性筋ジストロフィー、筋強直性筋ジスト…

過度の緊張やストレスなどが関連しているとされる頭痛の総称で、他の疾患を原因としない頭痛の中で、もっとも一般的とされている。頭痛の起こる頻度によって、稀発反復性緊張型頭痛、頻発反復性緊張型頭痛、慢性緊張型頭痛に分けられる。長時間のパソコン使用や車の運転など、不自…

内分泌腺の一つである副腎から、炭水化物や脂質、タンパク質の代謝をコントロールするコルチゾールというホルモンが慢性的に過剰分泌される疾患。肥満、筋肉が薄くなる、皮膚が薄くなるなどの症状が特徴として現れる。原因としては、下垂体腺腫(下垂体にできる良性の腫瘍)から過…

脳を保護する3層の膜(外側から硬膜・くも膜・軟膜)のうち、くも膜と軟膜の間にある、「くも膜下腔」という隙間に出血が起こった状態をいう。原因は、脳の動脈の分岐部にできた脳動脈瘤というコブの破裂であることが最も多く、他の原因として脳動静脈奇形の破裂や頭部外傷などが…

クリミア・コンゴウイルスに感染することによって発症する急性熱性疾患。アフリカ大陸、東欧、中近東、中央アジア諸国、中国西部にかけて広く分布し、クリミアコンゴ出血熱ウイルスを媒介するマダニにかまれること、あるいはウイルスに感染している動物の血液や体液に接触すること…

片側の目のくぼみからこめかみにかけて、突き刺すような激しい痛みを伴うのが特徴の頭痛。反復性のものと慢性のものがある。反復性群発頭痛は季節の変わり目など、ある期間に集中して起こりやすく、1回15分から3時間の発作が1日に1~数回、数日から数月間ほど続く。頭痛の起…

自分の意思とは関係なく筋肉が収縮する「ジストニア」が頸部に生じたもので、頸部ジストニアともいう。頸部の筋肉が異常に縮んでしまい、頭が傾いたり前後左右に動いてしまう疾患。精神的な問題や神経の障害などから来るとされるが、明らかな原因は不明。大脳皮質と視床・脳幹を結…

皮下脂肪に炎症が起こり、皮膚にしこりのある赤い斑点がたくさんできる病気。細菌やウイルスに感染した際や薬剤へのアレルギー反応として生じる場合と、全身に炎症が起きるベーチェット病などの部分症状として生じる場合などがある。20~30代の若い女性に多く発症する。

上下のまぶたの裏側と目をつないでいる、結膜に炎症が起こること。原因によってアレルギー性結膜炎(春季カタル)、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、乾性結膜炎(ドライアイ)などの種類がある。アレルギー性結膜炎は花粉などのアレルゲンが目に触れることが原因で、特に花粉の場…

血を固める作用を持つ凝固因子と呼ばれるタンパク質が不足していたりうまく機能しなかったりして、出血が止まりにくくなる疾患。13種類ある凝固因子のうち、第8因子が不足しているものを血友病A、第9因子が不足しているものを血友病Bと呼ぶ。原因は遺伝子の異常で、家族から…

唾液の分泌が減少する、あるいは分泌されなくなることで口の中が乾燥する病気。原因としては加齢や口呼吸などの癖、糖尿病やシェーグレン症候群などの病気、薬の副作用、ストレスなどが挙げられる。また、咽頭がんなど頭頚部のがんの治療で放射線照射を行った場合、その影響で唾液…

通常よりも血圧が高い状態が続いていることで、収縮期の血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合をいう。塩分の取り過ぎや肥満、運動不足などが原因として挙げられる。

背骨の中を縦に走る後縦靭帯が骨に変化(骨化)することで、神経が通る脊椎管が狭くなり、感覚障害や運動障害等の神経症状を引き起こされる病気。症状が重度になると日常生活に障害が出て介助を要することも。骨化する脊椎の部位によって頚椎後縦靱帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症、…

甲状腺機能低下症とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンが、何らかの理由で不足している状態。甲状腺ホルモンが不足する原因は主に3つで、「ホルモン分泌を行う、甲状腺自体に問題がある(原発性甲状腺機能低下症)」、「甲状腺を刺激するホルモンの不足(二次性甲状腺機…

口唇裂は、先天的に唇が割れている状態のこと。割れ目(裂)が鼻の穴まで達して口と鼻がつながっているように見える場合を完全口唇裂、鼻の穴まで達していない場合を不完全口唇裂と呼ぶ。口蓋裂は、口の中の天井である口蓋が先天的に裂けてしまい、口腔(口の中)と鼻腔(鼻の中)…

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)によって起こる病気。HIVが粘膜や傷口から体内に入り、血中にある免疫の司令塔・リンパ球(白血球の一種)に付着、それを破壊していくことで免疫力が大幅に低下した結果、何らかの感染症にかかってしまった状態のことをいう。HIVは血液や精液…

喉頭とはいわゆる「喉仏」にあたり、正確には舌の付け根から喉へつながり、肺へ空気を送る気道へと至る部分のこと。ここにできるがんが喉頭がんである。がんができる場所は声帯およびその周辺。場所によって、声帯にできる声門がん、声帯の上にできる声門上(せいもんじょう)がん…

口の中に炎症が起き、しこりのようなものができる病気。白くて丸い形状のものが一般的だが、悪化すると赤く腫れた潰瘍(粘膜の傷がその下の層にまで達したもの。組織が陥没したようになる)になる。食事中に痛んだり、染みたりすることがあり、それが原因で摂食障害や脱水症状、栄…

更年期とは、女性の一生の中で妊娠・出産が可能な性成熟期と妊娠・出産という役目を終えた老年期の間にある時期をいい、閉経の前後5年間くらいを指す。更年期障害とは、更年期にエストロゲン(月経・妊娠機能のほか、乳房や性器の成熟、肌や髪を美しくするなど女性特有の体の働き…

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細