•  > 病院・クリニックの開業・ホームページに、ドクターズ・ファイル有料プラン(掲載料・費用など)

病院・クリニックの開業・ホームページに、ドクターズ・ファイルの有料プランを活用しませんか

病院・クリニックの開業時やホームページにドクターズ・ファイルの有料プランを活用することで、より効果的なインターネット上での情報発信が可能となることをご存じでしょうか。

導入事例紹介

ドクターズ・ファイルの有料プランをご活用いただいている病院・クリニックの導入事例について、弊社ディレクターがご紹介します。さまざまな病院・クリニックの導入事例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

松本百合子写真
ディレクター名:
松本 百合子
略歴:
大学卒業後、人材広告会社の営業職として4年間勤め、2012年に入社。
ディレクターとして経験を積み、総合病院企画開発室の責任者として、総合病院・大学病院を担当。
有料プランを導入いただいた病院・クリニックの事例を教えてください

住宅街の中にあり、長年地域で親しまれている総合病院さま:長い期間、住宅街の中に根差して運営している総合病院の事例を紹介します。病院の得意分野や在籍ドクターの情報などの発信力が弱く、地域住民、連携クリニックの先生方だけでなく、病院内の職員すらその情報をよく知らないという状況に課題を持っておられました。また、病院の特徴を患者が理解していないからこそ、紹介状を持たずに訪れる患者や、軽傷でも通院を続ける患者が増えていたことから、地域連携体制について患者にわかりやすく伝え、病院とクリニックの使い分けに関する啓発をしたいというニーズも抱えておられました。また、広報ツールとしてホームページとパンフレットをお持ちでしたが、全診療科目の概要を均等に並べているため、病院の特徴がわかりづらい内容となっており、上手に活用できていない状況でした。 そこで、患者へのわかりやすさを重視した広報・宣伝を行うために、パンフレット制作も含めた弊社メディアの活用を提案させていただきました。病院の特徴を端的に絞って記事にまとめることで、長年「地域の大きな病院」となっていたイメージを、「○○に強い病院、○○が得意なドクターがいる病院」といったイメージに転換することに成功。患者や連携クリニックのドクターの理解が深まり、さらに、丹念な取材を行っていく中で病院スタッフのモチベーションが向上する効果にもつながりました。また、弊社メディアと連動したパンフレットは、患者や地域の連携クリニックのドクターへの配布という当初の目的だけでなく、採用活動など活用の幅が広がっているとの声をいただいております。

野口眞孝写真
ディレクター名:
野口 眞孝
略歴:
1991年、埼玉県生まれ。2014年に新卒社員として入社。
学生時代は、野球サークルの立ち上げやメディア系のアルバイトを経験。現在は営業グループマネージャーを担当。
有料プランを導入いただいた病院・クリニックの事例を教えてください

地域で数少ない医院のため多くの患者が訪れ、ホームページの内容が充実している耳鼻咽喉科クリニックさま:クリニックの課題として「既存の患者さんに力を入れている治療について伝えたい」「季節ごとに行える治療があることを知ってもらいたい」の2点がありました。先生は解決策として、ホームページのコンテンツ数を増やすことによる情報発信の重要性を意識されており、新しい治療法やニュースがあるたびにコンテンツを追加していました。そこで、ホームページがどのように見られているのか、つまり患者の動きを実際の検索行動を通じて検証することで、一緒に見直していきました。その中で、「コンテンツが多すぎて、今知りたい情報がどこにあるのかがわかりづらい」「すべてのページを見るためには30分以上の時間が必要となってしまう」「先生が見てもらいたいと考えているページが、トップページからたどり着けない」など、情報量が多く、整理されていないことが大きな問題点となっていることがわかりました。また、既存の患者に関しては「既に知っている内容が多いので、本来見たいページは基本情報のページのみではないか」という問題点があることもわかりました。この問題点に対しては、有料プランを導入することで、ホームページに訪問した患者をドクターズ・ファイルに誘導し、今、本当に先生が伝えたいことを整理して発信していくことが、解決につながると評価していただきました。その後、既存の患者から「気になる治療がある」「実はこんな悩みもある」と、記事に関する相談が増えたと喜びの声をいただきました。先生も主観的な発信を続けるより、客観的な視点によるインタビュー形式の記事を発信することこそが患者のためになると実感していただきました。今では、クリニック内のあちらこちらに掲示用パウチを飾ってくださり、インターネットだけでなく院内でも積極的に活用いただいています。

若木杏珠写真
ディレクター名:
若木 杏珠
略歴:
1992年生まれ。2015年4月に新卒社員として入社。
学生時代は、バドミントン部に所属。現在は営業グループマネージャーを担当。
有料プランを導入いただいた病院・クリニックの事例を教えてください

専門疾患の治療に力を入れている歴史あるクリニックさま:糖尿病治療に力を入れ、診察時間の前から長い行列ができている大変人気のクリニックの事例を紹介します。以前に取材を受けて下さっており、先生の取材記事の掲載をさせていただいておりました。ドクターズ・ファイルのリニューアルに伴い、リニューアル内容の説明をするために訪問をさせていただくと、診察後も多くの医療従事者が先生のもとを訪問されるため、非常に忙しいとのことでした。その上、先生はお一人で診察していらっしゃるので、患者一人ひとりとの時間があまり取れず、糖尿病治療における本来大切にしたい生活習慣を含めたアドバイスや問診にかける時間が短くなっていることに対して悩みを抱えておられました。また、テレビなどのメディアにも出演されている事から、先生を頼りに来院する患者は増え続けていること、また正しい事を多くの人に啓発していく事が使命であるとの想いも聞かせていただきました。そこで、有料プランを導入していただき、短い診察時間の中で伝えきれない想いをはじめ、糖尿病治療の啓発がより進むような内容の記事を再作成させていただきました。その後先生から、「記事を見て、勉強になりました」という患者からの反響や、治療に対する先生の想いを知ってもっと頑張りたいという医療従事者などの反響があったとうれしいお言葉をいただいております。

斉藤鳳城写真
ディレクター名:
斉藤 鳳城
略歴:
新卒第1期生として2013年4月に入社。
学生時代は野球部に所属、現在は営業グループマネージャーを担当。
有料プランを導入いただいた病院・クリニックの事例を教えてください

ホームページを持っていないクリニックさま:過去に何度かホームページの導入を検討したものの開設に至らず、休診のお知らせなどを患者に伝える手段がないまま、クレームも発生していたクリニックの事例を紹介します。先生の悩みは、ホームページの必要性を認識しているものの業務が忙しいため手がつけられず、最新の正しい情報を患者に伝えることができていない点でした。 そこで、ドクターズ・ファイルの有料プランは、ホームページの代わりとして活用できることを説明させていただきました。具体的には、「医院からのお知らせ」機能の活用による休診のお知らせやスタッフ募集告知などの最新情報発信、「基本情報」ページ活用によるPR(設備が充実していることや訪問診療を手がけていること)を実施しました。結果として、「休診などに対する患者からのクレーム・問い合せが減少し、自費診療や訪問診療の患者が増えることにつながった」「初回提案された際には、正直なところ導入のつもりはなかったけれど、数回の打ち合せを経て今まで気づいていなかった点がまさに課題であるとわかり、今では課題解決にはドクターズ・ファイルの導入しかないと感じている」との声をいただいています。

病院・クリニック検索ユーザーとは?

インターネットの普及に伴い、病院・クリニックを検索する行動においても、いまやインターネットが主流となっています。また、比較検討のしやすい病院・クリニック専用検索ポータルサイトを活用する傾向が高まっています。

最近1年間でご自身またはご家族の治療や検査でかかったことのある病院・ドクター(医師)をあなたはどのようにして知りましたか。知ったきっかけについて、あてはまるものをすべてお答えください。

  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果 知ったきっかけについて東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果
  • 愛知県の調査結果 知ったきっかけについて愛知県の調査結果
  • 大阪府の調査結果 知ったきっかけについて大阪府の調査結果

最初の質問で「インターネット検索」を選択した方にお聞きします。最近1年間でご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を選ぶ際に活用した情報源について、あてはまるものをすべてお答えください。

  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果 ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を選ぶ際に活用した情報源について東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果
  • 愛知県の調査結果 ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を選ぶ際に活用した情報源について愛知県の調査結果
  • 大阪府の調査結果 ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を選ぶ際に活用した情報源について大阪府の調査結果

最初の質問で「インターネット検索」を選択した方にお聞きします。ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を比較検討して選びますか。

ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を比較検討して選びますか東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知、大阪の調査結果

最初の質問で「インターネット検索」を選択した方にお聞きします。ご自身やご家族の治療や検査にかかる病院・ドクター(医師)を選ぶ際に重要だと思う点について、あてはまるものをすべてお答えください。

  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果 病院・ドクター(医師)を選ぶ際に重要だと思う点東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の調査結果
  • 愛知県の調査結果 病院・ドクター(医師)を選ぶ際に重要だと思う点愛知県の調査結果
  • 大阪府の調査結果 病院・ドクター(医師)を選ぶ際に重要だと思う点大阪府の調査結果

アフターフォロー”患者ニーズ研究所”

ドクターズ・ファイルの有料プランをご活用いただいている病院・クリニックの皆さまには、定期的に「患者ニーズ研究所」をお届けしています。ドクターの皆さまは、日々患者さんと向き合い、思いを伝える努力をされているかと思います。そこで、ドクターズ・ファイル宛てに寄せられる患者さんの思いや意見をドクターの皆さまに具体的にお伝えすることで、少しでも病院・クリニック運営に貢献できないかという考えのもとに制作した冊子です。ドクターの皆さまと患者さんとのコミュニケーションの潤滑油になりたい、それにより日本の病院・クリニックのサービスレベル向上に貢献したい、ドクターズ・ファイルはその実現に向けた活動に力を入れています。

患者ニーズ研究所 2015/Summer vol.5

お問い合わせ

ドクターズ・ファイルに関するお問い合わせやご質問を、当社の専門スタッフがお受けいたします。

どのようなご要望を
お持ちですか?
(複数選択可)
貴院名
御名前
メールアドレス(半角)
住所
電話番号
(半角数字・ハイフン「-」)
お問い合わせ・ご依頼内容を
ご自由にお書きください。
(入力可能文字数:300文字)

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細