全国のドクター8,475人の想いを取材
クリニック・病院 161,470件の情報を掲載(2019年9月24日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 激しい頭痛の原因と考えられる病気一覧
  4. くも膜下出血
  1. TOP
  2. 頭の病気一覧
  3. くも膜下出血
012

こちらの記事の監修医師
森本 将史 院長

くもまくかしゅっけつくも膜下出血

概要

脳を保護する3層の膜(外側から硬膜・くも膜・軟膜)のうち、くも膜と軟膜の間にある、「くも膜下腔」という隙間に出血が起こった状態をいう。脳の動脈の分岐部にできた脳動脈瘤というこぶの破裂によって発症することが最も多く、他には脳動静脈奇形の破裂や頭部外傷などがきっかけとなる場合がある。男性よりも比較的女性に多く発症し、40代以降からリスクが高まる。高血圧の人や飲酒・喫煙の習慣がある人、父母、祖父母などにくも膜下出血の経験者がいる場合には発症の確率が高くなる。なお、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞を合わせて脳卒中と呼ぶ。

原因

くも膜下出血の8割以上が「脳動脈瘤の破裂」が原因とされている。これは脳の中の動脈にこぶのようなものができ、それが裂けて出血した状態で、そうなると突然に強い頭痛が襲う。こぶは血管の分岐点にできやすく、大きさは数ミリから大きなものでは数センチに及ぶ。こぶができる原因としては高血圧や動脈硬化、加齢が一因として考えられており、先天的な要素も含まれるとされているが、詳しくは解明されていない部分もある。喫煙習慣、多量の飲酒、ストレスもリスクを挙げる原因で、特に喫煙による発症のリスクは非喫煙者に比べて2倍から3倍と言われている。こぶが大きくなり、周囲の組織を圧迫することにより症状が出るため、発症は突発的。他には脳動静脈に奇形があり、その部分が破裂し出血するケースや、交通事故などによる外傷がきっかけで発症するケースもある。

症状

突然、頭が割れるような激しい頭痛が起きるのが特徴。「バットで殴られたような痛み」などと表現される。後頭部のほか、側頭部や中心部が痛むこともある。また吐き気や嘔吐、血圧の上昇を伴い、意識がもうろうとしたり、意識を失ったりすることも。手足のまひなどは必ず起こるとは限らない。重症の場合は頭痛が発生後、すぐに倒れて死に至る危険性もある。動脈瘤が破裂する前に微量の出血が見られることもあり、その場合は発症前に「前触れ頭痛」という数回の頭痛がある。軽い出血の場合は頭痛の程度も軽く、くも膜下出血とは気づかずに様子を見てしまう人もいる。

検査・診断

患者の意識の状態や症状からくも膜下出血が疑われた場合は、まず早急に頭部CT検査や頭部MRI検査を実施し、頭蓋骨の内側・脳の周囲に出血の様子があるかどうかを確認する。それらの検査でわからない場合は、腰からの注射で脳脊髄液を採取して血液の混入があるかを確かめる腰椎穿刺(ようついせんし)を行う。くも膜下出血と確定した段階で、強い意識障害や大量の出血、まひなどがない場合には、原因や動脈瘤などの位置、数、大きさ等を調べるため、カテーテルを用いた脳血管撮影検査を行う。その後、速やかに再破裂予防のための手術へ移る。

治療

まずは生命維持のために血圧のコントロール、呼吸管理などの集中治療が行われる。また破裂などを放置しておくと確実に再出血するため、予防するための処置が必要。脳動脈瘤の破裂が原因でくも膜下出血を起こした場合は、全身麻酔で頭を開き、破裂した動脈瘤の付け根をクリップで閉め、血液が流れないようにするクリッピング術を行う。もしくは、太ももの付け根の血管から動脈瘤までカテーテルを入れて、コイルを通すことによりこぶを内側から詰めるコイル塞栓術がある。脳動静脈奇形の場合は、開頭で奇形を取り出す方法や、放射線治療(ガンマナイフ)などを行う。どの治療法を選択するかは、動脈瘤・奇形の大きさ、場所、年齢などによって異なる。病院へ運ばれた時点で全身状態がかなり悪い場合は、手術の適応は不可能。外傷性の出血については、軽症の場合は手術などは必要なく、症状に応じて対処療法などが行われる。

予防/治療後の注意

くも膜下出血の最も大きな原因である脳動脈瘤は発見が難しいため、脳ドックなどを定期的に受けることが一番の予防法といえる。また、リスク因子として喫煙や高血圧などが挙げられることから、生活習慣の改善も効果的とされる。近親者に罹患した人がいる場合は注意が必要。治療後は一定期間の安静と、その後のリハビリを経て日常復帰となるが、スポーツなどは脳に負担がかかる恐れがあるため、医師への相談が必要。年齢が若いと、手術後多くの人に回復が見込める。

012

こちらの記事の監修医師

横浜新都市脳神経外科病院

森本 将史 院長

1993年京都大学医学部卒業。2002年同大学院医学研究科修了。同医学部附属病院、国立循環器病センターなどの脳神経外科で勤務。2010年に横浜新都市脳神経外科病院の脳神経外科部長に就任。2011年から院長を務める。専門分野は脳動脈瘤、バイパスなどの血行再建手術、血管内手術などの脳血管障害、脳腫瘍。「チーム新都市」としてスタッフ一丸となったチーム医療を提供できる病院づくりをめざしている。