全国のドクター9,154人の想いを取材
クリニック・病院 160,825件の情報を掲載(2021年4月20日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 肩が痛い(肩痛)の原因と考えられる病気一覧
  4. 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  1. TOP
  2. 肩の病気一覧
  3. 後縦靭帯骨化症(OPLL)
043

こちらの記事の監修医師
村山医療センター
朝妻 孝仁 院長

こうじゅうじんたいこっかしょう(おーぴーえるえる)後縦靭帯骨化症(OPLL)

概要

背骨の中を縦に走る後縦靭帯が骨に変化(骨化)することで、神経が通る脊柱管が狭くなり、圧迫されて感覚障害や運動障害などの神経症状が引き起こされる病気。症状が重度になると日常生活に障害が出て、介助を要することも。骨化する脊椎の部位によって頚椎後縦靱帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症、腰椎後縦靱帯骨化症に分類される。指定難病の一つで、有病率は平均で3%程度。もっとも、骨化があっても全員が症状を生じるわけではない。中年以降、特に50歳前後の男性に発症することが多く、糖尿病や肥満傾向のある人にも発生頻度が高い。また、遺伝傾向もみられる。

原因

後縦靭帯が分厚くなって骨になり、脊髄が圧迫されることによって神経症状が生じる。また脊椎の動きに重要な靭帯が硬くなって伸縮性がなくなることにより、脊柱の動きも悪くなる。胸椎や腰椎に靭帯の骨化が生じると、背中や腰の痛み、足のしびれの原因となる。骨化の根本的な原因の特定はなされていないが、複数の要素が総合的に関わって発病するといわれている。具体的には、遺伝的要素、性ホルモン異常、糖尿病、肥満傾向、老化、骨の一部に対する強いストレス、その部位の椎間板脱出、全身的な骨化傾向、カルシウムやビタミンDの代謝異常など。特に遺伝子の関係は強いと考えられていて、骨のできやすい体質というのがあり、親子など家族内で同じ病気にかかっているケースは少なくない。兄弟姉妹で後縦靭帯骨化症にかかっている確率は約30%というデータもある。

症状

症状を大きく分けると、神経の圧迫から来るものと、脊柱の運動障害によるものがある。頚椎後縦靱帯骨化症の場合、神経圧迫の影響により、まずは手や足に痛みやしびれが生じ、症状が進行すると痛みやしびれの範囲が広がり、脚や手指に運動障害などが出現する。重度になると足がふらつくなどの歩行障害や、排尿・排便の障害が出て、日常生活が困難になることも。脊柱の運動障害の影響としては、首や肩に痛みが生じ、首を動かすことが困難になる。胸椎後縦靱帯骨化症では体幹や下半身に症状が出現し、下肢の脱力やしびれなどが多くみられる。腰椎後縦靱帯骨化症では歩行時における下肢の痛みやしびれ、脱力などの症状が現れる。すべての患者に症状の悪化が見られるわけではなく、数年の経過後も症状が変わらない人も半数ほどいる。

検査・診断

問診などで自覚症状を聞き取ったり確認したりすることで、後縦靭帯骨化症が疑われる。遺伝的要素が強いとされているため、家族の罹患状況も把握。日常生活などで局所的に骨に負担のかかる作業をしていないかどうかもチェックする。また後縦靭帯の骨化、神経への圧迫を確かめるため、エックス線検査、CT検査、MRI検査などの画像所見による診断も行われる。頚椎後縦靭帯骨化症はエックス線検査で見つけやすいが、胸椎の異常は判別しにくいため、CT検査、MRI検査の方が有用。CTは骨化の大きさや範囲を特定するために用いられ、MRI検査は神経の圧迫がどの程度かを見極めるために実施される。

治療

保存的治療としては、骨化により圧迫されている神経の保護が主目的となり、まずは患部を安静に保つため装具による固定を行う。首を後ろにそらす姿勢を避け、転倒などによる悪化に気をつけることも重要。薬物療法としては、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤などを使用すると症状の軽減が図れる場合がある。しびれに対してはビタミンB剤が用いられる。保存的治療で効果が得られない場合には外科的手術による。頚椎後縦靭帯骨化症の場合は、神経を圧迫している骨化した靭帯を摘出し、骨で固定する方法や、骨化靭帯は残したままで脊柱管を広げる方法がある。一般的には後者の方法が採用され、骨化が大きい場合などに前者の方法を採る。腰椎後縦靭帯骨化症の場合は脊柱管を広げる方法が多い。胸椎後縦靭帯骨化症の場合は、背中側の椎弓を切って脊髄の圧迫をなくす方法が採られる。

予防/治療後の注意

手術により症状が改善しても、数年後に骨化が進み、再度症状が出現する可能性がある。そのため、定期的に画像検査を受けることが推奨される。また、わずかな力で神経の障害が急速に進行することもあるため、日常生活中の転倒などには十分注意することが大切。

043

こちらの記事の監修医師

村山医療センター

朝妻 孝仁 院長

1978年慶應義塾大学医学部卒業。大田原赤十字病院整形外科副部長を経て米国バーモント大学へ留学、脊椎のバイオメカニクスに関する研究を行う。1995年防衛医科大学校整形外科講師、2004年防衛医科大学校整形外科学講座助教授。2013年から現職。日本整形外科学会整形外科専門医。慶應義塾大学医学部客員教授。医師としてのポリシーは、「自分が手術した患者さんは最後まで責任を持って診る」。