病気・けがを知る

病気・ケガを知る(1) 7件の病気・けがが登録されています。 [1-7]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

皮膚の一部に周囲と違う色が付いていたり皮膚の状態が変わっていたりするものをあざ(母斑)といい、色によって赤あざ、青あざ、茶あざ、黒あざなどと呼ばれる。青あざは真皮に起こり、発生する場所や症状により蒙古斑(もうこはん)や太田母斑(おおたぼはん)などと呼ばれる。 …

先天的異常により皮膚のバリア機能がさまたげられ、胎児の時から全身または広範囲の皮膚が赤くなり、魚のうろこ状やさめ肌状になる遺伝性の病気。指定難病の一つ。原因は表皮細胞の分化異常、脂質の産生・代謝・輸送の異常とされる。水ぶくれができる水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症、…

手や足を動かすための筋肉の組織が壊死と再生を繰り返すことが主な症状として見られる、遺伝性の筋疾患の総称。指定難病。発症年齢や進行具合、遺伝形式などにより、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー、福山型先天性筋ジストロフィー、筋強直性筋ジスト…

血を固める作用を持つ凝固因子と呼ばれるタンパク質が不足していたりうまく機能しなかったりして、出血が止まりにくくなる疾患。13種類ある凝固因子のうち、第8因子が不足しているものを血友病A、第9因子が不足しているものを血友病Bと呼ぶ。原因は遺伝子の異常で、家族から…

左右両方の腎臓にのう胞(水がたまった袋)がたくさんできて腎臓の働きが徐々に低下していく遺伝性疾患。のう胞自体は悪性ではないが、周囲の正常な腎臓の組織を圧迫することによって腎臓の働きが妨げられる。多発性のう胞腎の患者の半数以上が60歳頃までに重症の腎不全となるり…

血液細胞のもとになる造血幹細胞に異常が起こり、白血球・血小板が必要以上に作られてしまう疾患。血液がんの一種で、病期は進行度合いにより慢性期・移行期・急性期に分けられる。もともとの原因は遺伝子の異常だが、この疾患自体は遺伝するものではない。

目の奥にある網膜に異常が出る、遺伝性の病気。網膜は目に入ってきた光を電気信号に変えて、脳へ送る役割を持つため、この病気は見えやすさや視力に影響を及ぼす。網膜にある視細胞(光を感じる細胞)が老化し機能を失っていくもので、中でも環境の明るさに応じて物の見えやすさを…

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細