病気・けがを知る

病気・ケガを知る(1) 63件の病気・けがが登録されています。 [1-20]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

単細胞性の寄生生物である赤痢アメーバが、さまざまな器官に感染する病気。大腸に炎症を起こす腸管アメーバ症と、それ以外の器官に感染する腸管外アメーバ症に大きく分かれる。腸管外アメーバ症では肝臓に膿瘍ができることが多いが(アメーバ性肝膿瘍)、脳や肺、皮膚で病変が起こ…

インフルエンザウイルスによる鼻粘膜や気道の感染症。インフルエンザウイルスは構造の違いによりA型・B型・C型の3種に大きく分けられ、このうち主にA型とB型のウイルスが大きな流行を起こす。感染経路としては、感染者の咳やくしゃみで周りに飛び散った飛沫を吸い込むほか、…

ウイルス感染により肝臓に炎症が起こり、徐々に肝細胞が破壊される病気。ウイルスの種類によってA型・B型・C型・D型・E型などに分類される。A型・E型ウイルスには主に水や食べ物を介して感染し、B型・C型・D型ウイルスには血液や体液を介して感染する。急性的に症状が出…

エキノコックスと呼ばれる寄生虫に感染することで起こる疾患。イヌやキツネのふん、またはふんに含まれる寄生虫の卵に汚染された水、食物、ほこりを口から摂取することで感染する。人の十二指腸内で幼虫となり、腸壁から血流に乗って肝臓、肺、腎臓、脳などに運ばれ、のう胞という…

エボラウイルスに感染することによって起こる致死性の高い感染症。2014年以降、西アフリカを中心に感染が流行している。血液などウイルスを多く含む体液に直接触れることで感染すると考えられており、アフリカでは、エボラウイルスをもったコウモリと人間が接触する時や、エボ…

ヒゼンダニ(疥癬虫)が皮膚の角質層に寄生することにより生じる皮膚感染症。ヒゼンダニは人の皮膚にのみ生存し、角質層に産卵して繁殖する。スキンシップにより人から人へと感染するほか、衣類、寝具類などを介してうつることもあるため、家族間や施設内で集団発生することも。通…

いわゆる「黒目」を覆っている角膜が炎症を起こす病気。角膜が傷つくことなどにより、病原体に感染して起こる。黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌が原因の細菌性角膜炎、病原性の真菌(カビ)が原因の真菌性角膜炎、アカントアメーバと呼ばれる微生物が原因で起こるアカントアメ…

一般的に上気道(鼻、咽頭、喉頭)の急性炎症が起こる疾患を総称して風邪症候群と呼び、その症状は下気道(気管、気管支、肺)にまで広がる場合もある。あらゆる年齢層に発症し、大半の人が罹患する一般的な疾患。空気中に浮遊しているウイルスなどの病原体が、気道内に入って気道…

カンジダ属の真菌(かび)による皮膚感染症。カンジダは口の中、消化管、腟に常に生息していて、通常は人体に害を及ぼさないが、特定の条件下では、粘膜や皮膚の湿った部分に過剰に増殖する。感染しやすい部位は、口の粘膜、鼠径部(そけいぶ)、脇の下、女性の乳房の下、腹のたる…

感染性胃腸炎は、ウイルスや細菌の感染により起こる胃腸炎の総称。急性胃腸炎の多くがこの感染性胃腸炎。中でも原因がウイルスによるものを「ウイルス性胃腸炎」といい、主にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどが感染源となる。また細菌によるものを「細菌性胃腸炎」…

血液を経由して心臓の中に感染した菌が病巣を作ることによって、炎症が起こる疾患。発熱や頭痛などが出るほか、心臓の弁を破壊してしまうことがある。また病巣の塊が全身の血管へと流れると、脳梗塞やその他の深刻な感染症を引き起こす。男性、特に高齢者に多く発症する。

一般的に牛、羊、豚、にわとりなど家畜の消化管に存在しているカンピロバクター属の細菌が、人の消化管に感染して下痢などを引き起こす病気。主に汚染された食品・飲料の非加熱での摂取によって感染する。井戸水やキャンプ場の飲料水からの感染する場合や、感染した人やペットから…

気管支に炎症が起こる疾患で、細菌やウイルスへの感染が原因となることが多い。症状の持続期間により急性と慢性に分かれており、症状が数日程度現れるものを急性気管支炎、数週間から数年にわたり症状が持続するものを慢性気管支炎という。その他にも、花粉やハウスダストなどのア…

何らかの原因により、気管支が広がってしまった状態のこと。先天的なもののほか、幼少期に重度の呼吸器疾患を患い、気管支の慢性的な炎症が続いた結果引き起こされる後天的なもの、肺結核などの感染症に伴い発症するものがある。

尿道から侵入した大腸菌などの細菌が、尿の流れとは逆行してその上流にある前立腺に侵入して起こる疾患。これ以外にも、血流やリンパ流に乗った細菌が前立腺に至って感染する場合もある。小児に起こることはまれだが、高齢者に起こりやすい前立腺肥大症とは異なり、思春期以降のど…

大腸の入り口にある盲腸に虫垂という5〜10cm程度の突起物がある。この虫垂が炎症をおこす病気で、小児期から20代に男女問わず多く見られる。ふん石(消化管の内容物が固まったもの)などの異物が原因で虫垂が閉塞し、二次的な細菌感染により炎症・化膿することが原因とされ…

クリミア・コンゴウイルスに感染することによって発症する急性熱性疾患。アフリカ大陸、東欧、中近東、中央アジア諸国、中国西部にかけて広く分布し、クリミアコンゴ出血熱ウイルスを媒介するマダニにかまれること、あるいはウイルスに感染している動物の血液や体液に接触すること…

上下のまぶたの裏側と目をつないでいる、結膜に炎症が起こること。原因によってアレルギー性結膜炎(春季カタル)、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、乾性結膜炎(ドライアイ)などの種類がある。アレルギー性結膜炎は花粉などのアレルゲンが目に触れることが原因で、特に花粉の場…

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)によって起こる病気。HIVが粘膜や傷口から体内に入り、血中にある免疫の司令塔・リンパ球(白血球の一種)に付着、それを破壊していくことで免疫力が大幅に低下した結果、何らかの感染症にかかってしまった状態のことをいう。HIVは血液や精液…

口の中に炎症が起き、しこりのようなものができる病気。白くて丸い形状のものが一般的だが、悪化すると赤く腫れた潰瘍(粘膜の傷がその下の層にまで達したもの。組織が陥没したようになる)になる。食事中に痛んだり、染みたりすることがあり、それが原因で摂食障害や脱水症状、栄…

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細