病気・けがを知る

病気・ケガを知る(1) 16件の病気・けがが登録されています。 [1-16]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

血液を経由して心臓の中に感染した菌が病巣を作ることによって、炎症が起こる疾患。発熱や頭痛などが出るほか、心臓の弁を破壊してしまうことがある。また病巣の塊が全身の血管へと流れると、脳梗塞やその他の深刻な感染症を引き起こす。男性、特に高齢者に多く発症する。

心臓にできた血栓や動脈硬化などにより、動脈が急激に詰まってしまう疾患のこと。詰まった部分から先の組織には血液が届かなくなるため、臓器や四肢の機能低下を引き起こす。

心臓を動かすための筋肉(心筋)に血液を送る役目を持っている冠動脈が、狭くなったり硬くなったりして、心筋へ十分に血液を送れなくなることで発症する疾患の総称。主に「狭心症」、「心筋梗塞」がこれに当てはまる。加齢のほか高血圧や脂質異常症、喫煙の習慣などにより引き起こ…

血圧の低下により全身の臓器や組織に十分な血液が送られないために、さまざまな障害が起こる急性の症候群のこと。血圧が通常時よりも大幅に低下すること自体をショックと呼ぶことも多いが、明確な基準があるわけではなく、全身への血液供給が不十分な状態であることを指す。ショッ…

心臓の筋肉の病気を総称したもの。種類は大きく分けて明らかな原因疾患のない特発性心筋症と何らかの疾患に関わる特定心筋症があり、一般的に心筋症という場合には特発性心筋症のことを指す。特発性心筋症には肥大型心筋症や拡張型心筋症などがあり、特定心筋症には虚血性心筋症や…

心臓にある4つの部屋、右心房、右心室、左心房、左心室には、出入りする血液の逆流を防ぎ、うまく循環させるための4つの弁、三尖弁(さんせんべん)、肺動脈弁、僧帽弁(そうぼうべん)、大動脈弁がある。その弁の働きが悪くなる疾患が心臓弁膜症。弁がうまく開かなくなるものを…

心臓の機能が衰え、全身に血液を十分に送り出せなくなってしまった状態のこと。何らかの原因で突然症状が現れるものを急性心不全、日頃から心臓の機能が低下している状態のものを慢性心不全と呼ぶ。心不全の原因として代表的なものに不整脈、急性心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋炎、心…

心臓を包んでいる心膜に炎症が起こる病気。突然炎症を起こすものを急性心膜炎、6ヵ月以上にわたり症状が持続しているものを慢性心膜炎と呼ぶ。急性心膜炎は、ウイルス感染のほか外傷や膠原病、尿毒症、心筋梗塞などが原因で発症すると考えられており、慢性心膜炎は急性心膜炎が慢…

生まれつき、心臓や血管に何らかの異常が認められる疾患を総称したもの。先天性心疾患の中に含まれる疾患の種類はさまざまあるが、大まかにはチアノーゼ(顔や唇、指先が青紫色になること)が見られる「チアノーゼ性心疾患」と、チアノーゼが見られない「非チアノーゼ性心疾患」の…

動脈の一部がこぶのように膨らんでしまうこと。動脈瘤ができる場所や動脈瘤の形、状態などにより種類が分かれており、例えば胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤、紡錘状動脈瘤や解離性動脈瘤などがある。多くは動脈硬化などで血管がもろくなることが原因となるが、中には明確な原因が見つ…

四肢の血管の壁に炎症が生じ、血管が細くなる、あるいは血の塊ができることで、血管が詰まってしまう病気。詰まった血管の先の組織に血液が十分に流れ込まなくなるため、手足や指先に虚血症状を引き起こす。根本的な原因はわかっていないが、20~40代のたばこを吸っている男性…

肺血栓塞栓症は心臓から肺に血液を送り込むための肺動脈が詰まってしまう疾患。詰まる原因となる物質(塞栓子)には血栓や腫瘍などがあるが、多くの場合、手足の静脈にできた血栓が静脈の流れに乗って肺動脈まで達し、血管を詰まらせることにより起こる。静脈から流れてきた塞栓子…

心臓の脈の打ち方が乱れることをまとめて不整脈と呼び、通常よりも脈が速くなる頻脈や、反対に脈が遅くなる徐脈、また脈が途中で飛ぶ期外収縮と呼ばれるものなどが含まれる。心臓は微弱な電気信号により一定の動きを保っているが、この電気信号の流れに異常が起こることで不整脈が…

心筋梗塞などによらない心室細動(心臓が細かく振るえ、全身に血液を送れなくなる状態)が突然起こり、心臓が停止してしまう疾患。心室細動は致死性不整脈といわれ、放置すると突然死につながることもある。成人男性に多く見られる疾患で、以前に心室細動や失神が起こっているもの…

主に手足、特に下肢の血管の動脈硬化によって血行障害が起き、手先や足先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる病気。高齢の男性に発症しやすく、糖尿病や喫煙、高血圧などが発症の危険因子となる。

血液中の余分な水分やタンパク質を吸収する役目を持つリンパ液の流れが滞ることで、主に腕や足がむくんでしまう病気。原因がわからないもの(原発性、もしくは一次性リンパ浮腫と呼ぶ)と発症要因が明らかなもの(続発性、または二次性リンパ浮腫と呼ぶ)があり、ほとんどは原因が…

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細