病気・けがを知る

病気・ケガを知る(1) 15件の病気・けがが登録されています。 [1-15]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

インフルエンザウイルスによる鼻粘膜や気道の感染症。インフルエンザウイルスは構造の違いによりA型・B型・C型の3種に大きく分けられ、このうち主にA型とB型のウイルスが大きな流行を起こす。感染経路としては、感染者の咳やくしゃみで周りに飛び散った飛沫を吸い込むほか、…

不安や興奮、極度の緊張などによって起こる、いわゆる過呼吸のこと。体内の二酸化炭素が必要以上に排出されることで、本来ほぼ中性である血液がアルカリ性に傾き、症状が発生。主な原因としてストレスやパニック障害があり、神経質な人、不安を抱えやすい人、緊張しやすい人などに…

気管支に炎症が起こる疾患で、細菌やウイルスへの感染が原因となることが多い。症状の持続期間により急性と慢性に分かれており、症状が数日程度現れるものを急性気管支炎、数週間から数年にわたり症状が持続するものを慢性気管支炎という。その他にも、花粉やハウスダストなどのア…

何らかの原因により、気管支が広がってしまった状態のこと。先天的なもののほか、幼少期に重度の呼吸器疾患を患い、気管支の慢性的な炎症が続いた結果引き起こされる後天的なもの、肺結核などの感染症に伴い発症するものがある。

ハウスダスト、犬や猫の毛、食べ物といったアレルギー物質などがきっかけで空気の通り道である気道に炎症が起こり、刺激に対し過敏になって気道が狭くなることを繰り返す疾患。中にはきっかけとなった物質が特定できないものもある。

何らかの原因で肺に穴が開き、空気が漏れ、肺が委縮してしまった状態のこと。肺の委縮は、肺から空気が漏れることと、漏れ出た空気が肺を圧迫することで起こる。はっきりとした理由が見当たらない「特発性自然気胸」、肺がんや肺気腫などが原因となって起こる「続発性自然気胸」、…

唾液や食べ物を飲み込んだ際に、それらが誤って気管に入り込んでしまうことを誤嚥(ごえん)という。誤嚥性肺炎は、口の中の細菌が誤嚥により気管に入ることで起こる肺炎。加齢などにより、噛む力が弱くなることや、舌を動かす筋肉や喉の筋肉が衰えることで食べ物を飲み込みづらく…

眠っている間に一時的に呼吸が止まってしまう病気。10秒以上の無呼吸あるいは呼吸が弱くなる低呼吸状態が1時間に5回以上認められる場合、睡眠時無呼吸症候群と診断される。肥満などにより気道の上部が塞がってしまうことで起こる閉塞型(OSAS)、脳の異常で呼吸をするため…

主に細菌やウイルスに感染することなどにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞が炎症を起こす病気。薬剤やアレルギーが原因となることもある。原因によって細かく分類されており、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎等の非定型肺炎(βラクタム系薬剤の利か…

肺炎球菌による感染症のこと。肺炎球菌は、菌を持つ人の咳やくしゃみなどを介して人から人へと飛沫感染し、特に免疫機能の未発達な乳幼児や、加齢により免疫機能が低下している高齢者に感染しやすい。気管支炎、肺炎、敗血症などの疾患により、重篤な症状を引き起こすこともある。

気管や気管支、肺胞(気管支の末端にある小さな袋状の組織)の細胞から発生するがん。喫煙との関係性が深いとされており、たばこを吸う人は吸わない人に比べて発症率が高い傾向にある。また、受動喫煙についても影響の大きさが問題視されており、周囲の人がたばこを吸う環境にいる…

肺や気管支に炎症が起き、それが長い期間継続することで、気管支の先にある肺胞(小さな袋状の組織)が破壊されてしまう病気。この肺胞の壁が壊れることで、隣り合う肺胞同士が結合し、肺の中がスカスカの状態になってしまう。慢性閉塞性肺疾患(COPD)の一つで、主に喫煙が原…

結核菌による感染症で、肺に発症するものを肺結核と呼ぶ。結核菌による感染症は以前は死病として恐れられてきたが、治療薬の開発により、現在では完治が見込める。結核菌は患者の咳やくしゃみなどを介して人から人へと感染するが、体内の免疫機能が十分に働けば発病しないことも多…

肺胞(たくさん集まって肺を形作っている小さな袋状の組織)につながる気管の末端の管である呼吸細気管支が、慢性的な炎症を起こす疾患。発症する詳しい原因はわかっていないが、東アジアで多く見られる一方、ヨーロッパではほとんど見られないため、環境面と遺伝面に原因があると…

小児に多い呼吸器系の感染症。短い咳が連続して、息を吸うタイミングで「ヒューヒュー」という音がする、特有の咳発作が特徴。病原菌は百日咳菌という細菌で、菌の含まれた咳やくしゃみを吸い込んだり、細菌が付着したものに触れたりすることで感染する。1歳未満の乳児、特に生後…

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細