病気・けがを知る

病気・ケガを知る(16) 329件の病気・けがが登録されています。 [301-320]を表示

病気・けがによって症状や治療内容、初診に適した診断結果はさまざまです。
適切な病院・クリニック、医者の選択のために病気・けがに対して正しく理解しましょう。

マールブルグウイルスという、アフリカに生息するコウモリが持っているウイルスによる重症感染症。コウモリから人に感染する病気だが、感染者の血液や分泌物に濃厚接触することで人から人への感染も生じる。熱や出血のしやすさ(皮膚からの出血や吐血、血便など)が特徴で、死亡率…

麻疹ウイルスによる感染症。感染力が非常に強く、空気感染、飛沫感染、接触感染が原因となる。子どもに発症することが多い。

研磨剤入りの歯磨き粉の使用などによって、歯の表面が削れて失われてしまう症状を磨耗症という。特に象牙質が削られてしまっている場合、象牙質の削られた箇所がくさび状に見えることから、くさび状欠損と呼ばれる。

頭蓋骨の内側で、脳を包む膜(硬膜)と脳の表面との間にゆっくりと血液がたまって血腫ができた状態。軽い頭部外傷などで、頭の中の細かい血管が裂けたり切れたりすることが原因で起こる。頭を打ってから、数週間から数ヵ月後に症状が出てくるのが特徴で、高齢者や男性に発症するこ…

血液細胞のもとになる造血幹細胞に異常が起こり、白血球・血小板が必要以上に作られてしまう疾患。血液がんの一種で、病期は進行度合いにより慢性期・移行期・急性期に分けられる。もともとの原因は遺伝子の異常だが、この疾患自体は遺伝するものではない。

慢性前立腺炎のうち、細菌感染によって起こる前立腺の炎症のこと。原因となる細菌は大腸菌や腸球菌など。この疾患の多くは、急性細菌性前立腺炎からの移行によって生じる。

腎臓内にあり、血液のろ過を行っている糸球体を中心に、慢性の炎症が見られる疾患。腎臓病の中で最も多く、タンパク尿や血尿、それに伴う症状が、1年以上にわたって持続する。原因は、急性の腎炎が慢性化することや、自己免疫疾患による場合などさまざま。

血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の能力が、数ヵ月から数年をかけて徐々に低下してしまった状態。血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなる。主な原因は糖尿病や高血圧などによるさまざまな腎臓疾患。慢性腎不全になる…

食べ物の消化に必要な消化酵素を分泌する膵臓の外分泌腺に慢性的な炎症が起こり、自身の膵液が膵臓の組織を溶かしてしまう病気。大量のアルコール摂取により発症するケースがほとんどで、男性に多い傾向がある。そのほかの原因としては、胆石や副甲状腺の異常などが挙げられる。ま…

鼻腔(鼻の中)の周囲、骨の中に左右4ヵ所ずつある空洞を副鼻腔という。この副鼻腔が炎症を起こし、それが慢性的に(一般的には3ヵ月以上)続くものを慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔にずっと膿がたまっている状態となる。原因は風邪やインフルエンザ、虫歯などによりウイルスや細菌…

未熟児の、まだ完成していない眼球内で、網膜血管が異常な発達の仕方をすること。網膜血管は在胎週数36週ほどで完成するが、未熟児で出生して急激に環境が変化すると、網膜の血管が異常な方向に発達したり異常増殖したりする可能性が高くなる。進行すると網膜剥離を起こし、重篤…

妊娠・授乳期でないのに乳汁が出て、無月経を伴う状態をいう。下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンが過剰に分泌されることにより起こる内分泌代謝疾患。プロラクチン増加の原因は、下垂体や視床下部の炎症や腫瘍、薬剤の副作用、ストレスなどの生活習慣など多岐にわた…

正式な病名は「う蝕」。酸によって歯が溶かされる病気。口内の糖分を餌に活性化した虫歯菌(ミュータンス菌など)が酸を排出し、これが 歯を溶かすのが虫歯である。この歯が溶ける現象を脱灰と呼び、一方、溶けた歯を唾液が修復する現象を再石灰化と呼ぶ。この再石灰化のおかげで…

激しいめまいを起こす病気。原因は、内耳と呼ばれる鼓膜の奥の組織にリンパ液がたまる内リンパ水腫。この内耳は平衡感覚をつかさどる機能を持っており、もともと内リンパ液と呼ばれる組織液で満たされている。だが、この内リンパ液がなんらかの要因で過剰に増えると、内耳の機能が…

目の奥にある網膜に異常が出る、遺伝性の病気。網膜は目に入ってきた光を電気信号に変えて、脳へ送る役割を持つため、この病気は見えやすさや視力に影響を及ぼす。網膜にある視細胞(光を感じる細胞)が老化し機能を失っていくもので、中でも環境の明るさに応じて物の見えやすさを…

目の奥にある網膜全体に広がる静脈の一部が詰まって(閉塞)、血管がむくんだり(浮腫)、破れて出血したりする病気。網膜は目に入った光を電気信号に変えて脳へ送る機能を持っているが、血管が破れて網膜に血が広がると、この機能が障害されるため、物の見え方に異常が出る。高血…

網膜剥離とは、目の奥にある網膜がなんらかの原因で眼球の壁から剥離する(剥がれる)病気。裂孔原性網膜剥離と非裂孔原性網膜剥離の2種類がある。前者では、加齢や外傷などにより網膜に穴があいて(網膜裂孔)、目の中の水がそこから網膜の下に流れ込むことで、網膜を壁から剥が…

脳に栄養を送る太い動脈が詰まっていき、不足した血液を補うように周りから細い血管が発達する疾患。この発達した血管が「もやもや」した煙のように見えることから、この疾患名が名付けられた。女性のほうがかかりやすく、5~10歳以下と40歳前後で発症することが多い。家族発…

夜眠っている最中に排尿してしまうこと。おねしょと夜尿症は同じ状態を指すが、5~6歳(小学校入学前後)以後まで夜尿が続く場合は、夜尿症として定義される。原因としては、夜間の尿量が多い、膀胱(ぼうこう)の貯蓄尿量が少ない、睡眠障害または覚醒障害などが挙げられる。

腰椎(脊椎の下から5つの椎骨)の中でも、特に最も下にある第5腰椎に好発する、椎骨の一部である椎弓(ついきゅう)に起きる骨折。スポーツの練習などで繰り返し腰椎を反らせたりすることで起こる。分離した腰椎が前後にずれる、「腰椎分離すべり症」に進行していく場合も。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細