全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月15日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 歯がしみるの原因と考えられる病気一覧
  4. むし歯(う蝕)
  1. TOP
  2. 歯の病気一覧
  3. むし歯(う蝕)
010

こちらの記事の監修医師
口腔科(周術期)部長 久野 彰子 先生

むしば(うしょく)むし歯(う蝕)

概要

むし歯菌が作り出した酸によって歯が溶かされる病気。正式な病名は「う蝕(うしょく)」。飲食物に含まれる糖分を栄養とするむし歯菌が作り出した酸によって歯が溶かされる。このような作用を脱灰と呼び、進行すると歯に穴が空いてむし歯になる。歯のいちばん外側にあるエナメル質が溶け始めた段階では痛みは弱いが、その内部にある象牙質や、神経や血管が通っている中心部の歯髄に達すると痛みを強く感じるようになる。初期のむし歯は、唾液の作用によるエナメル質の再石灰化によって自然に治ることもあるが、歯に穴が空いた場合は病巣部分を削り取って詰め物やかぶせ物をするといった治療が必要になる。糖分を摂取しすぎない、飲食後の歯磨き、定期的な歯科検診といった予防法が有効である。

原因

口内には多くの種類の細菌が常在しているが、その中でミュータンス菌など一般にむし歯菌と呼ばれる細菌が、摂取した飲食物に含まれる糖分を栄養として増殖。その際に放出されるネバネバした物質によって細菌の塊が形成される。これが歯の表面に付着したものがプラーク(歯垢)だ。むし歯菌は飲食物の糖分から酸を作り出すためプラーク内は酸性となり、プラークが付着した歯のエナメル質が溶け始める。一方唾液の作用によってプラーク内のpH が上昇すれば、溶け始めた歯が補修される。歯が生えてからの数年間はエナメル質や象牙質が未成熟なためむし歯になりやすい。また、露出した根の部分もむし歯になりやすい。むし歯の原因となる糖分はショ糖(砂糖)、果糖、異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)など。摂取量よりも口内に糖分が留まる時間が長いほうがむし歯になりやすい。

症状

初期むし歯では、歯の成分であるカルシウムイオンなどが流出することにより、エナメル質の一部が不透明な白色に見えるようになる(ホワイトスポット)。この段階では痛みは感じない。むし歯が進行すると、歯の表面が軟らかくなって穴が空き、褐色~黒色に変色する。むし歯が深くなると、冷たいものがしみたり、痛みを感じるようになる。さらにむし歯が歯髄に達すると、熱いものがしみたり、何も食べないときでも、ずきずきとした激痛を生じることがある。歯の神経が壊死すると痛みは軽減されるが、根管(歯根部分の中の管)を通じてあごの骨に炎症が起きることもある。

検査・診断

むし歯は肉眼で判断する視診の他に、器具で触れることによって判断する方法や、エックス線検査などが行なわれる。脱灰した部分が着色されるう蝕検知液を使用することで、むし歯の範囲を確認することができる。他にマイクロスコープを用いた拡大視野での検査や、レーザー蛍光法と呼ばれる方法もあるが、自費診療扱いになる場合もある。むし歯の進行度合いは「C(むし歯を表わすカリエスの頭文字)」で表わし、CO(白濁または着色のある要観察歯)、C1(エナメル質が脱灰した初期むし歯)、C2(象牙質まで進行したむし歯)、C3(歯髄まで進行したむし歯)、C4(歯の根だけが残った状態)の5段階に診断される。

治療

初期むし歯の場合は、歯を削らずに口腔内を清潔に保ちつつ経過を観察する。定期的にフッ化物を塗布したり、フッ素入り歯磨き剤を使ったブラッシングで再石灰化を促すようにする。さらにむし歯が進んでいる場合は、病巣部分を削り取り、コンポジットレジン(セラミックの粒子を樹脂で固めたもの)や金属などで詰め物をする。金属アレルギーや見た目などの問題から、最近では金属を使用しない傾向(メタルフリー)が強くなっている。むし歯が神経にまで達している場合には、細菌に侵された神経を取り除き、歯の中を消毒して、神経があった部分に詰め物をする。その後、歯冠部分にかぶせ物(クラウン)を装着する。むし歯がさらに進んでいて、治療が困難と判断された場合には抜歯を行い、必要に応じてブリッジ、入れ歯、インプラントといった人工の歯を作って装着する。

予防/治療後の注意

むし歯予防には口腔内を清潔に保つための歯磨きが有効だ。歯ブラシによる歯磨きに加え、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯と歯の間の汚れを取り除くことも重要。歯科医院で自分に適した器具や磨き方のチェックを受けることが大切だ。また、むし歯の原因となる甘いものを摂り過ぎないこと、間食を少なくすることも有効。ただし人によって口内に常在する細菌の種類や数が異なるため、むし歯になりにくい人もいれば、むし歯になりやすい人もいる。自覚症状がなくても定期的に歯科医院に通い、歯の状態の確認とメンテナンスを受けることが大切だ。

010

こちらの記事の監修医師

日本医科大学付属病院

口腔科(周術期)部長 久野 彰子 先生

1993年日本歯科大学歯学部卒業。同大学総合診療科講師などを経て、2015年日本医科大学付属病院口腔科(周術期)の部長に就任。悪性腫瘍や心疾患などの治療中や術後の回復に悪影響を与える口腔トラブルを専門に診療している。