全国のドクター9,119人の想いを取材
クリニック・病院 161,406件の情報を掲載(2020年4月02日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. めまいがするの原因と考えられる病気一覧
  4. 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
033

こちらの記事の監修医師
脳神経内科部長 大野 英樹 先生

りょうせいほっさせいとういめまいしょう(びーぴーぴーぶい)良性発作性頭位めまい症(BPPV)

概要

内耳の耳石器という部分にある、耳石という炭酸カルシウムの塊が何らかの原因で剥がれ落ち、三半規管の中に入り込むことでめまいを生じる病気。三半規管は三つの車輪のような器官(半規管)がつながった組織で、この中はリンパ液で満たされている。頭が動くと、それに応じてリンパ液も三半規管の中を流れ、この動きを感知して人間は体全体のバランスを取っている。その三半規管に耳石が入り込むと、リンパ液の流れが乱れて実際の体の動きと合わなくなり、この情報のずれからめまいが生じる。めまいの症状があるとメニエール病を疑う人もいるが、内耳の障害が原因で発生するめまいのうち、良性発作性頭位めまい症が6割以上で、メニエール病によるものは2割以下といわれている。

原因

良性発作性頭位めまい症は長時間同じ姿勢でいることや、頭を動かさずにいることが原因で起こると考えられている。良性発作性頭位めまい症と診断される約半数が、デスクワーク従事者であるというデータもある。また就寝中の寝返りの回数が少ない人や、同じ姿勢で横になってテレビを観続ける人なども、良性発作性頭位めまい症を発症しやすい。統計では男性より女性の発症者のほうが多いが、これは日常生活での姿勢などが関係しているためで、女性が発症しやすいということではない。

症状

回転性のめまい(ぐるぐると目を回したときのようなめまい)を生じる。この病気は耳石が入り込んだ半規管だけリンパ液の流れに異常を生じるため、特定の方向に頭を動かしたときにだけ症状が見られる。またその際、患者の意思と関係なく眼球が動く眼振という現象が起こるのも特徴。目を回した状態に近いため、嘔吐感を伴うことがある。耳鳴りや聞こえづらいなどの症状は伴わず、めまいだけを生じる。めまいを重ねるうちに徐々に慣れていき、症状が軽くなっていくという特徴もあるが、耳石が三半規管に入り込んでいる限りは症状が治まることはない。

検査・診断

問診や検査で、めまいの起こり方や眼振の有無をチェックする。問診では主にどんなタイミングでめまいが発生するか、どんなタイミングで治まるか、そのほかの症状の有無などを確認する。検査では具体的に、ベッドに横になって頭をさまざまな方向に傾けて眼振が認められるかを検査する頭位眼振検査や、特殊な眼鏡(フレンツェル眼鏡)をかけた状態で頭を動かして回旋性の眼振(眼球が回転する)を生じるか調べる頭位変換眼振検査などを行う。また、ほかの病気の可能性を排除するために、MRIやCTによる検査や平衡機能に異常がないか調べる検査などを行うこともある。

治療

頭を特定の順番で、特定の方向に傾けることで、三半規管に入り込んだ耳石を体外へ排出する治療を行う(頭位治療)。医師がゆっくりと頭を上下左右に動かし、三半規管の中に入り込んだ耳石を移動させ、三半規管から排出できるよう導く。三半規管に入り込んだ耳石の位置は、「フレンツェル眼鏡」と呼ばれる特殊な眼鏡や、小型CCDカメラなどを用いて眼球の動きを観察することによって判断する。頸椎異常などにより頭位治療が行えない場合は、抗めまい薬や抗不安薬などによる薬物療法を行う。入り込んでいた耳石を三半規管から取り除くことができれば、めまい発作は改善するが、頭位治療は耳石の位置が明らかな場合で6割程度の有効率のため、内服薬での治療を併用することも多い。耳石が三半規管に入り込んでしまうという現象は誰にでも起こり得ることだが、何度も症状が出る場合は内耳以外が原因の可能性もあるため、一度耳鼻科を受診するのがおすすめだ。

予防/治療後の注意

良性発作性頭位めまい症の予防には、耳石を三半規管にためないこと、つまり長時間同じ姿勢でいたり頭を動かさずにいたりすることを避けるのが有効である。同じ方向で横向きに寝ない、デスクワークが長時間続くときは定期的に姿勢を変えてリフレッシュする。また、寝返り運動を行うことも有効だ。寝返り運動は起床後と就寝前に寝床で行う運動で、左向き・あおむけ・右向き・再びあおむけの順番で姿勢を変えながら各10秒ずつ数え、これを複数回続ける。

033

こちらの記事の監修医師

東京都済生会向島病院

脳神経内科部長 大野 英樹 先生

脳神経内科を専門分野とし、脳卒中診療のスペシャリストであるとともに、末梢神経疾患にも精通。日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会総合内科専門医。