病気・けがを知る

アトピー性皮膚炎の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。アトピー性皮膚炎について正しく理解しましょう。

アトピー性皮膚炎あとぴーせいひふえん

アトピー性皮膚炎とは

かゆみのある湿疹が繰り返し起こる皮膚の病気。生まれつき持っている体質が原因の一つとされ、乾燥しバリアー機能に異常がある状態の皮膚に、さまざまな刺激やアレルギー反応が加わって生じる。通称「アトピー」。

症状

強いかゆみのある湿疹が体のさまざまな場所に現れる。乳児期には頭や顔、体、手足に、幼児・小児期は首や手足の関節部分に見られることが多い。青年期・成人期には頭や首、胸、背中など上半身に多く生じる。皮膚のバリアー機能が破綻している状態であり、とびひや水イボなどの感染症を合併しやすい。顔の炎症がある場合は、眼合併症がみられることも。

診断内容

かゆみを伴う特徴的な発疹を繰り返していることが診断の基準。乳児では2ヵ月以上、幼児期以降では6ヵ月以上症状が続く場合、症状の度合いを問わずアトピー性皮膚炎と診断する。診断後、血液検査やアレルゲンの検査、皮膚テストなどで原因を調べる。

治療内容

ステロイド外用薬などを用いて炎症を抑え、保湿剤を使ったスキンケアで皮膚のバリアー機能を強くしていく。年齢とともに自然に改善に向かうことが多いが、速やかな治療のためには外用薬による適切な処置とスキンケアを続けていくことが大切。

予防方法、治療後の注意

症状を悪化させる原因物質や環境などを理解し、肌の清潔を保ち、保湿を行う。適切なスキンケアを続けることで皮膚の機能の低下を防ぎ、皮膚の状態をコントロールしていく。

初診に適した診療科目

小児皮膚科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

小児科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細