全国のドクター9,103人の想いを取材
クリニック・病院 161,406件の情報を掲載(2020年4月01日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. くしゃみがでるの原因と考えられる病気一覧
  4. アレルギー性鼻炎
  1. TOP
  2. 鼻の病気一覧
  3. アレルギー性鼻炎
056

こちらの記事の監修医師
耳鼻咽喉科部長 中村 健大 先生

あれるぎーせいびえんアレルギー性鼻炎

概要

アレルゲンと呼ばれるアレルギーのもととなる原因物質が、鼻の粘膜を刺激することでアレルギー反応が起こる疾患。主なアレルゲンとして、スギ花粉、ダニ、ハウスダスト(ほこりなど)、ブタクサ、犬や猫の毛などがある。スギ花粉など決まった季節に現れるアレルゲンが原因のタイプを「季節性アレルギー性鼻炎」、犬や猫の毛のように一年を通じて現れるアレルゲンが原因のタイプを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼ぶ。人によって何がアレルギー反応の原因となるかは異なり、複数のアレルゲンを持つ場合もある。

原因

アレルゲンに一定期間さらされていると、体内に抗体ができる。鼻などの粘膜から対象アレルゲンが体内に入ると、体はそれを異物とみなし、体内にできた抗体とアレルゲンが抗原抗体反応を起こす。その結果、アレルゲンを体の外に排出しようとする働きが起き、くしゃみや鼻水などが止まらなくなる。アレルゲンとして最もよく見られるのは花粉で、その中でもスギ花粉が一番多い。また、ブタクサによるものや、カモガヤ、オオアワガエリといったイネ科植物が原因となることも多い。通年性アレルギー性鼻炎の場合は、ハウスダスト、カビが原因物質としてよく挙げられる。他にも犬や猫といった動物の毛やそば殻など、さまざまなものがアレルゲンになり得る。アレルギーは遺伝的な影響もあるため、家族に何らかのアレルギーがみられる場合は、アレルギー性鼻炎にかかる可能性がある。

症状

主な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがある。この他、目に現れる症状としては、かゆみ、充血、異物感など。皮膚にも症状が出ることがあり、顔がピリピリしたり、かゆみを感じたりするケースもある。季節性アレルギー性鼻炎の場合は、決まった季節に症状が出るが、例えばスギ花粉がアレルゲンの場合、風邪の症状と似ていて判断がつかないこともある。通年性アレルギー性鼻炎の場合は一年を通じて症状が見られる。特にアレルゲンがハウスダストの場合では、朝に症状が出やすい傾向がある。人によっては副鼻腔炎などを合併することもある。

検査・診断

まず問診で特徴的な症状の有無や生活環境(ペットを飼っているかなど)、他にアレルギー症状を持っているかどうかの既往歴などを確認。そこからアレルギー性鼻炎が疑われる場合は、皮膚アレルギーテスト(パッチテスト)を実施して、アレルゲンを特定する。他には、鼻汁を採取して検査したり、血液中の抗体の値を調べるための血液検査を行ったりすることもよくある。また、副鼻腔炎などの合併症の有無を確認するために、エックス線やCT、MRIによる画像検査を行う場合もある。

治療

鼻水や鼻づまりがひどい場合は、耳鼻科で鼻の中を吸引したり、薬を噴霧する処置を行ったりする。ネブライザーと呼ばれる機器を使って、薬の吸入治療を行うこともある。それと併せて、アレルギー反応を引き起こす化学物質の働きを薬(抗ヒスタミン薬やステロイド薬など)で抑えていく。薬には、内服薬、点鼻薬、点眼薬があり、それぞれたくさんの種類があることから、含まれる成分の特徴を踏まえて選択することが大切。また、アレルゲンを少しずつ取り入れて、体をアレルゲンに慣れさせていく減感作療法という治療もある。減感作療法を行う場合、アレルゲンを含んだ治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が以前から行われていたが、近年では舌下に投与する「舌下免疫療法」も増えてきている。鼻づまりがあまりにひどく、薬物療法では改善しない場合や副鼻腔炎を合併している場合には、手術を検討するケースもある。

予防/治療後の注意

まずは、日常生活の中からアレルゲンを可能な限り除去していく。例えばダニが原因の場合は、部屋の中の掃除や衣服、寝具の洗濯を徹底することが必要。花粉がアレルゲンの場合は、完全に除去するのが難しいため、外出時にマスクを着用したり、帰宅時に外から花粉を室内に持ち込まないなどの対策を取ったりする。また、疲れやストレスをなるべくためないようにする、偏食をせずに健康的な食事を心がけるなど、日常生活に気を配ることも予防につながる。

056

こちらの記事の監修医師

佼成病院

耳鼻咽喉科部長 中村 健大 先生

2006年杏林大学卒業。同大学医学部付属病院耳鼻咽喉科を経て、2014年より現職。日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医。専門分野は耳鼻咽喉科一般。