病気・けがを知る

イボの症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。イボについて正しく理解しましょう。

イボいぼ

イボとは

皮膚から盛り上がっている小さなできもののこと。さまざまな皮膚の病気の可能性が考えられるが、一般的にイボと呼ばれるものはウイルスが感染してできたできもので、専門的にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる。この他にイボといわれるものには、子どもに多く見られるミズイボ(伝染性軟属腫)や、加齢とともに増えていく年寄りイボ(老人性疣贅)などがある。

症状

代表的なイボであるウイルス性疣贅は、皮膚がヒト乳頭腫ウイルス(HPV)に感染することでできる。皮膚や粘膜の小さな傷などからウイルス(HPV)が入り込み、基底細胞に到達することで生じるため、外傷を受けることの多い手足や外陰部にイボができやすい。

診断内容

視診や触診によって診断される。特徴的な見た目でおおよその判断が行われるが、部位や大きさによっては判別がつきにくく、ダーモスコピー(拡大鏡)を用いることも。悪性腫瘍が疑われたときなどは、確定診断や切除範囲の決定のため、腫瘍の一部を採取して組織を顕微鏡で調べる病理検査を行う場合もある。

治療内容

原因となっているウイルスを退治するか、イボを何らかの方法で排除する。液体窒素を用いた冷凍凝固療法、電気焼灼法などの外用療法やヨクイニン内服療法などの中から、それぞれの患者に適した方法が選択される。

予防方法、治療後の注意

治りにくく再発することも多いため、焦らず根気よく治療することが大事。また、自分で処置してしまうとウイルスが周囲の皮膚に広がってしまうこともあるため、自己判断せず、皮膚科の医師の診断を仰ぐことが重要。

初診に適した診療科目

形成外科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

小児皮膚科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細