病気・けがを知る

一過性脳虚血発作の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。一過性脳虚血発作について正しく理解しましょう。

一過性脳虚血発作いっかせいのうきょけつほっさ

一過性脳虚血発作とは

脳の血流が一時的に悪くなり、脳梗塞のような症状が短時間で現れて消える状態。主な原因は動脈硬化と心房細動(不整脈)で、脳の動脈が血栓で詰まって症状が現れるが、脳細胞が死んでしまう前に血流が回復するため、症状も回復する。もし、脳の血流が悪い状態が続くと脳細胞は死んでしまい、脳梗塞となる。

症状

片側の手足や顔のまひ(運動障害)、片側の手足や顔のしびれ(感覚障害)、ろれつが回らない・言葉が出ない(言語障害)、片方の目が見えにくくなる(視力障害)、片側にあるものが見えなくなる(視野障害)などが主な症状で、これらの症状が突然出現して、突然消失するのが特徴。

診断内容

MRI検査のほか、頸動脈超音波検査で頸動脈の動脈硬化の程度、狭窄の有無などを調べる。必要に応じて、カテーテルを使って脳の血管の状態を調べる頭部血管造影検査を行うことも。心疾患が疑われる場合には、心臓の詳しい検査として、心電図や心臓超音波検査を行う。

治療内容

大きく内科的治療と外科的治療(手術)に分けられ、脳梗塞を予防するための内科的治療は、抗血栓薬による治療と、高血圧、糖尿病、脂質異常症など動脈硬化の原因となる生活習慣病の治療が中心となる。一方、動脈硬化で狭くなった頸部の頸動脈が原因の場合は、外科的治療が選択される。

予防方法、治療後の注意

一過性脳虚血発作や脳梗塞を予防するには、生活習慣病をしっかり治療し、禁煙すること、心房細動に対して早期に対処することが鍵となる。また、一過性脳虚血発作は脳梗塞の「前触れ」でもあり、48時間以内に脳梗塞を発症することが多いため、放置せず治療することが大切。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

神経内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細