病気・けがを知る

切迫性尿失禁の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。切迫性尿失禁について正しく理解しましょう。

切迫性尿失禁せっぱくせいにょうしっきん

切迫性尿失禁とは

強い尿意とともに、排尿のコントロールができずに起こる尿漏れのこと。トイレに行きたいと思った瞬間に尿が出てしまったり、トイレに向かったのに間に合わずに漏れてしまったりする。高齢者に起こる持続性尿失禁の中で最も多く見られ、切迫性尿失禁のある高齢者の大半は、膀胱(ぼうこう)の筋肉の活動が過剰になっている(膀胱がいっぱいになる前に筋肉が意図せず収縮する)。脳血管障害などが原因となる場合もあるが、原因が特定できないことも多い。

症状

急に強い尿意を覚え、トイレに間に合わず尿失禁を起こしてしまう。

診断内容

問診で排尿状態や尿失禁の程度を把握。超音波(エコー)検査や膀胱カテーテル法(カテーテルと呼ばれる細い管を膀胱内に挿入する方法)によって、排尿後に膀胱内に残っている尿の量を測定する。また、膀胱の筋肉の収縮具合を確かめるため、膀胱内圧検査を行うことも。

治療内容

理学療法として、骨盤の筋肉を鍛える骨盤底体操が、膀胱の筋肉を強化することで意図しない排尿を抑制できるので有効とされる。ほかに、オキシブチニンやトルテロジンといった膀胱を弛緩させる薬剤による薬物療法が行われる。

予防方法、治療後の注意

尿意が起こる前に規則的な間隔で排尿していくことが予防につながる。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

外科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細