全国のドクター8,903人の想いを取材
クリニック・病院 160,933件の情報を掲載(2021年10月22日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 便秘の原因と考えられる病気一覧
  4. 骨盤臓器脱
  1. TOP
  2. おなかの病気一覧
  3. 骨盤臓器脱
016

こちらの記事の監修医師
東邦大学医療センター大橋病院 婦人科
田中 京子 先生

こつばんぞうきだつ骨盤臓器脱

概要

骨盤の中にある子宮や膀胱、直腸などが下がってきて、膣の入り口から外に出てしまうこと。中高年女性に多い病気。妊娠・出産や加齢などにより、骨盤内の臓器を支えている靭帯や筋肉が緩むことが原因とされている。これらの状態は総称して「骨盤臓器脱」と表現されることが多いが、膣の前面が緩んで弱くなると膀胱が垂れ下がることを「膀胱瘤」や「膀胱脱」、直腸であれば「直腸瘤」や「直腸脱」、子宮であれば「子宮脱」と呼んでいる。典型的な症状は、お腹に圧力がかかったときなどに、膣からピンポン玉のようなものが飛び出してくること。症状が悪化すると、常にピンポン玉のようなものが出ている状態になるため、QOL(生活の質)を保つためにも、早期に医療機関で受診することが大切。

原因

子宮や膀胱、直腸が骨盤内にて正しい位置にあるために、その土台として臓器を支えている骨盤底筋群という筋肉や靭帯が緩んでしまうことが原因。徐々に支えが弱まることで、どんどん臓器が垂れ下がってくる状態に陥ってしまう。また、妊娠や経腟分娩を繰り返したり、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ったりすることが、筋肉や靭帯の緩みにつながるとされている。そのほか、腹圧がかかる状態が多い人も骨盤臓器脱になりやすいのが特徴。例えば、便秘になりがちな人はいきむ機会が多いため、通常より腹圧がかかりやすい。肥満や慢性の咳、喘息、花粉症なども腹圧がかかってしまうため、注意しなければいけない。さらに、過去に子宮の摘出手術をした人や多産であった人、いつも重い荷物を運んでいる人や立ち仕事が多い人なども、骨盤臓器脱になりやすい傾向がある。

症状

腟の入り口からピンポン玉のようなものが出てくるため、股間に異物感を感じる。初期の段階では、長い間立っているときや腹圧がかかったときなど、一時的に出てくることがほとんど。症状が悪化してしまうと、常に脱出している状態になるため、QOL(生活の質)が下がることに。また、脱出した部分が下着にこすれて出血したり、ただれたりすることもあり、場合によっては歩行困難につながることも。また、膀胱や直腸が出てきている場合は、「尿が漏れてしまう」、「トイレが近い」、「便秘に悩む」などといった症状も現れ、排尿や排便が難しくなる。

検査・診断

問診や視診、内診を行い、腟から脱出している部分やその程度などをチェック。また、尿検査や残尿測定、排尿日誌などを通して、血尿などの炎症、排尿障害の有無などを確認し、泌尿器の症状が併発していないかを調べていく。必要に応じて、さらに詳しく病状を把握するために、MRI検査を行うことも。骨盤の中で下がってきている各臓器の位置を正確に診断した上で、治療につなげていく。

治療

骨盤臓器脱は自然と治ることは難しく、治療に効果的な薬もない。根本的に治すためには手術が基本となるが、軽度の場合は、骨盤底筋を鍛えるための体操やトレーニングがポイントとなる。症状の軽減・改善に向けて、地道に取り組んでいくことが大事。さらに、保存的治療として、腟内にペッサリーというリング状の器具を挿入し、臓器が下がってこないように固定する方法も。しかし、違和感を覚えがちなことや腟粘膜の炎症につながることなどにより、定期的な検査や交換が必要。自分で外せないペッサリーの場合は、性行為ができないことなどのデメリットもある。なお、手術を行う場合、腟を通して子宮を摘出し、膀胱と腟、または直腸と腟を支える筋膜・靭帯を補強する方法や、子宮を摘出しないで腟壁と膀胱の間にメッシュのような膜を挿入し、臓器を支える方法などがある。

予防/治療後の注意

なによりも大切なのは、出産や加齢により筋力が衰えてしまう「骨盤底筋群」を鍛えていくこと。簡単なエクササイズやトレーニングであっても、毎日続けていくことが予防や痛みの緩和、病気の進行を止めることにつながる。

016

こちらの記事の監修医師

東邦大学医療センター大橋病院 婦人科

田中 京子 先生

慶応義塾大学卒業後、同大学病院、国立病院機構埼玉病院産婦人科医長を経て、東邦大学医療センター大橋病院の准教授へ就任。日本産婦人科学会産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医の資格を持つ。