全国のドクター8,924人の想いを取材
クリニック・病院 160,830件の情報を掲載(2021年6月18日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 排尿障害の原因と考えられる病気一覧
  4. 尿失禁
  1. TOP
  2. 泌尿器の病気一覧
  3. 尿失禁
032

こちらの記事の監修医師
東京医科大学八王子医療センター
泌尿器科科長/講師 宍戸 俊英 先生

にょうしっきん尿失禁

概要

自分の意思と関係なく尿が漏れてしまうことを「尿失禁」という。重い物を持ち上げたときや走ったりジャンプしたりしたとき、咳やくしゃみをしたときなど、おなかに力を入れた時に漏れてしまう「腹圧性尿失禁」、尿を出したいのに出せない状態にもかかわらず、少量ずつ漏れ出てしまう「溢流性(いつりゅうせい)尿失禁」、突然の尿意があり、排尿をコントロールできずに漏れてしまう「切迫性尿失禁」、排尿機能には異常はないが、身体機能の低下や認知症などが原因でトイレに間に合わない「機能性尿失禁」の4種類がある。尿失禁は特に女性に多く、40歳以上の4割以上が経験しているといわれるが、恥ずかしさなどから受診せずにいる人が少なくない現状がある。

原因

尿失禁の種類によって細かな原因は異なり、加齢や出産、喘息、排便時の強いいきみなどによる骨盤底筋(膀胱や子宮を支えている筋肉)の衰えや、それに伴って膣から臓器が出てしまう骨盤臓器脱、男性の前立腺肥大症、膀胱の活動が過敏になり、十分に尿量がたまらないうちに尿意切迫感をもよおす過活動膀胱により自分の意思に関係なく膀胱が収縮してしまうことなどが挙げられる。過活動膀胱は、脳梗塞や脳出血、パーキンソン病、脊柱管狭窄症といった神経にまつわる疾患が根本原因になっていることもある。また機能性尿失禁は、身体機能が衰えていたり、認知症を患っていたりしてトイレでうまく用を足せないといった状況で起こる。さらに膀胱の加齢や炎症なども要因の一つと考えられている。しかし、検査をしても特に異常が見つからない原因不明の症例も数多くあり、心理的ストレスがきっかけとなっていることもあるといわれる。

症状

4つの尿失禁のタイプに共通しているのは「尿が漏れてしまう」ということだが、それ以外の排尿に関する症状もさまざまあり、タイプによって出方が違う。例えば切迫性尿失禁は、多くのケースで頻尿を伴い、トイレに行く回数が増えるほか、慌ててトイレへ駆け込んだりするようになるため、外出先にいるときや車、電車、バスなどの乗り物に乗っているときに不安や苦痛を感じるようになる。しかし腹圧性尿失禁では、こうした過活動膀胱の症状は伴わない。また溢流性尿失禁の場合は、排尿に時間がかかるようになる、残尿感が強い、尿を出し切れないために就寝中にも失禁してしまうといった症状が見られる。機能性尿失禁は、認知症のためにそもそもトイレの場所がわからない、排泄するという行動が理解できないといった問題がある。

検査・診断

まず問診により、妊娠・出産経験の有無、既往歴、生活習慣なども確認し、結果をもとに排尿状態や尿失禁の程度を把握する。必要に応じて、排尿日誌をつけ、1回の排尿量、1日の排尿量、漏れる尿の量、排尿の時間や間隔などをチェックする。その上で、尿路感染症の有無を調べる尿検査や、排尿後の残尿量を見る超音波(エコー)検査、専用のパッドをつけて漏れた尿量を測り、尿失禁の重症度を検査するパッドテストを行うことで、どのタイプの尿失禁であるかの見極めを行う。さらに詳細な検査として、尿道の動きや骨盤底筋の状態を診る内診検査、カテーテルを使って膀胱に水を入れ、尿をためる時と排出する時の膀胱や尿道の圧力を調べる膀胱・尿道内圧検査、機械のついたトイレに排尿し、1秒間当たりの排尿量を連続的に測定する尿流量検査などがある。神経因性膀胱が疑われる場合、排尿をコントロールする脳の機能に異常がないかどうかを調べるために、脳や脊髄の検査を行うこともある。

治療

腹圧性尿失禁の場合は、膀胱や子宮などの内臓を支える骨盤底筋を鍛える訓練をすることで軽症であれば改善が見込める。良くならない場合は、尿道の下にメッシュ状のテープを置いて支えるTVTまたはTOTという手術を検討する。切迫性尿失禁は多くのケースで頻尿を伴うため、膀胱の過剰な収縮を抑える抗コリン薬や膀胱の筋肉を緩めるβ3受容作動薬による薬物療法が有効といわれる。また薬物療法と並行して、飲水コントロール、尿意があっても少し我慢することで膀胱にためられる尿の量を徐々に増やし、排尿の回数を減らしていく膀胱訓練などを行う。特に膀胱訓練は、切迫性尿失禁の治療において効果的といわれている。また、骨盤臓器脱、脳出血、パーキンソン病、脊柱管狭窄症が原因の場合はその治療も同時に行う必要がある。溢流性失禁の場合は原因となっている疾患を特定して治療を行い、機能性尿失禁については尿意をもよおしたらトイレに行くのではなく、決まった時間に排尿する習慣を身につけることで尿失禁を減らしていく。

予防/治療後の注意

尿道や膀胱の筋肉が衰えると尿漏れを起こしやすくなるため、トレーニングにより骨盤底筋を鍛えることが予防につながる。特に女性は閉経後に骨盤底筋が弱くなることが多く、閉経が近づいたら積極的にトレーニングをすると良いといわれている。尿失禁は命に関わるような病気ではないが、外出が困難になり、生活の質に影響を与える。そのため、尿漏れがある場合は我慢せず、できるだけ早めに医師の診察を受けることが重要となる。

032

こちらの記事の監修医師

東京医科大学八王子医療センター

泌尿器科科長/講師 宍戸 俊英 先生

1994年東京医科大学医学部卒業。同大学病院、癌研究会附属病院(現・がん研究会有明病院)勤務、杏林大学医学部付属病院泌尿器科講師などを経て2014年より現職。日本泌尿器科学会泌尿器科専門医。