全国のドクター9,135人の想いを取材
クリニック・病院 159,053件の情報を掲載(2024年2月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 東京駅
  5. 医療法人社団ウェルエイジング Dクリニック東京ウェルネス
  6. いびき、日中の眠気の原因かも睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

いびき、日中の眠気の原因かも
睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

Dクリニック東京ウェルネス

(千代田区/東京駅)

最終更新日:2023/10/05

Dクリニック東京ウェルネス いびき、日中の眠気の原因かも 睡眠時無呼吸症候群の検査・治療 Dクリニック東京ウェルネス いびき、日中の眠気の原因かも 睡眠時無呼吸症候群の検査・治療
  • 保険診療

睡眠中に無呼吸・低呼吸が起こる睡眠時無呼吸症候群は、交通事故や労働災害、日中のパフォーマンス低下を引き起こす原因ともなることから、近年社会問題として取り沙汰されている。日中の耐えがたい眠気による会議中の居眠りや、パートナーや家族のいびきに悩まされる人、また男性に限らず自分のいびきがうるさいのではないかと悩む人も多いはずだ。「寝ている間のいびきや呼吸の乱れを家族から指摘されながら、忙しいからと受診を避けている人は多いです。当院ではオンライン診療を活用し、働き盛り世代に多い睡眠時無呼吸症候群の診療に注力しています」と話すのは、「Dクリニック東京ウェルネス」の井坂奈央先生。耳鼻咽喉科のサブスペシャリティーとして睡眠の診療を追求した経験を同院で生かしている。気になる診療の流れを詳しく教えてもらった。

(取材日2023年8月24日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q睡眠時無呼吸症候群について教えてください。
A

寝ている間に呼吸が浅くなる低呼吸や、止まる無呼吸を繰り返す病気です。肥満などで首まわりに脂肪がつくことで気道が狭くなり起こるケースと、脳や神経に異常をきたして起こるケースがあります。呼吸が不十分になると無意識のうちに夜中に何度も覚醒してしまいます。十分な深い睡眠が取れないことで、日中に異常な強い眠気を覚えたり、疲れが取れない、集中力が上がらないなどと感じたりします。加えて、低呼吸になることで血液中の酸素濃度が低下すると全身に影響が現れます。睡眠時無呼吸症候群の状態を長く放置すると、高血圧や糖尿病、動脈硬化などが進行し、時には脳卒中や心不全など突然死のリスクがある病気につながる恐れもあります。

Qどんな人が睡眠時無呼吸症候群を疑うべきでしょうか?
A

睡眠時無呼吸症候群は肥満の中年男性がなるものと思っている方もいますが、原因は肥満だけではありません。若い女性でも極端に顎が小さいと、骨格と舌の大きさのバランスで気道が狭くなり、睡眠時無呼吸症候群を発症することがあるのです。また、年齢を重ねると喉の筋肉にゆるみが生じて、気道狭窄につながります。女性では閉経後にホルモンの影響で気道が狭くなり症状が現れることも。睡眠中は無意識なこともあり、ご自身が病気を自覚することはまれで、家族からいびきや無呼吸を指摘されて気づくケースがほとんどです。指摘を受けたり、日中の眠気やパフォーマンス低下、夜中に目が覚めるなどの症状に気づいたりしたら、早めの受診を勧めます。

Qこちらではオンライン診療や自宅検査にも対応しているのだとか。
A

初診からオンライン診療に対応しており、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査はご自宅で受けていただけます。睡眠時無呼吸症候群は働き盛り世代に多い病気で、交通事故や労働災害などにつながることや、パフォーマンス低下による経済損失の大きさが社会的に問題視されています。多忙なビジネスパーソンのなかには、病気のリスクを自覚しながら受診の時間確保が難しく、治療に結びついていない方も多いでしょう。オンライン診療であれば、移動時間や待ち時間を短縮し、場所を選ばず隙間時間でご受診いただけます。検査もご自宅にキットが郵送され、2晩分の睡眠中データを採集後に返送するだけと簡単で、一人暮らしの方でも受けていただけます。

検診・治療START!ステップで紹介します

1クリニックを受診
Dクリニック東京ウェルネス クリニックを受診

まずはクリニックのサイトから、都合の良い日時を予約する。ウェブ予約が難しい場合は、電話での予約も可能だ。予約の際に受診メニューを選ぶと睡眠に関わる詳細な問診データを入力でき、実際の診察時間を短縮できる。受診はオンラインと対面から選ぶことが可能だ。オンライン診療では予約日時になるとアプリから通知が届き、ビデオチャットの形で医師と対話する。必要な資料は画面共有により閲覧でき、データも共有される。

2自宅で睡眠検査
Dクリニック東京ウェルネス 自宅で睡眠検査

検査が必要と判断されれば、検査業者から検査日程を確定する連絡が来る。2晩分の検査を実施可能な日時を指定すると、それに先駆けて検査キットが自宅に届く。検査では呼吸を測るセンサーを鼻に、寝返りをカウントするセンサーを胸に、血中酸素濃度を測るセンサーを指先に装着して眠りにつく。各センサーの取りつけは容易で、一人でも問題なく検査を受けることが可能だ。2晩分の検査が完了したら、キットを指示通り返送する。

3検査結果の説明を受ける
Dクリニック東京ウェルネス 検査結果の説明を受ける

検査キット返送後、1週間から10日でクリニックに検査結果が届く。結果到着とともにアプリから通知が来るので、初診時と同様に都合の良い日時の受診を予約し、オンラインか対面で医師から結果説明を受ける。鼻腔内の状態確認が必要とされるケースなどでは対面診療が勧められるが、基本的にオンラインでの対応が可能だ。検査の結果、睡眠1時間に40回以上の低呼吸・無呼吸があれば、持続陽圧呼吸療法(CPAP)が適用される。

4CPAP療法スタート
Dクリニック東京ウェルネス CPAP療法スタート

CPAP療法では、睡眠中に気道が狭くなることを防ぐために睡眠時に鼻に装着したマスクから圧力をかけた空気を送り込む。治療に用いる機器はレンタルが主流だ。睡眠時の無呼吸・低呼吸が簡易検査で40回以上、精密検査で20回以上で睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、レンタル代も保険適用となる。

5継続治療。2ヵ月に1度の定期受診で経過観察を受ける
Dクリニック東京ウェルネス 継続治療。2ヵ月に1度の定期受診で経過観察を受ける

検査データから睡眠中の呼吸状態を確認するほか、マスクのフィット感や空気圧の強弱など、治療継続の障害となる要素があれば細かく調整する。CPAP療法は睡眠中の呼吸状態を整えるための医療機器であり、症状がある限り継続して使用することが求められる。ただし、生活習慣の改善により体重を落としたり、外科手術を受けたりすることで、治療の卒業をめざすことは可能だ。また、安眠に適した枕の相談にも乗っている。

ドクターからのメッセージ

井坂 奈央先生

家族から寝ている間のいびきや無呼吸を指摘されながら、いまだ受診できていないという方も多いのではないでしょうか。当院では隙間時間で効率的に受診できるオンライン診療に対応しています。忙しいビジネスパーソンや育児や介護に追われる方などもぜひご活用ください。また大学病院や専門医療機関で長く睡眠の診療に携わってきた経験を生かし、一人ひとりに合わせた持続可能なオーダーメイドの治療のご提案に努めています。歯科や外科との連携による治療も可能です。睡眠を整えることは、日中のパフォーマンス向上につながるだけでなく、全身疾患のリスクを低下させることも望めます。たかが睡眠と軽んじることなく、適切な治療を受けましょう。

井坂 奈央先生 Dクリニック東京ウェルネス
Access