全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,990件の情報を掲載(2020年11月25日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 鼻血の原因と考えられる病気一覧
  4. 鼻出血(鼻血)
  1. TOP
  2. 鼻の病気一覧
  3. 鼻出血(鼻血)
102

こちらの記事の監修医師
神尾記念病院
院長 神尾 友信 先生

びしゅっけつ(はなぢ)鼻出血(鼻血)

概要

ぶつかったとき、風邪をひいたとき、のぼせたときなど、ちょっとした拍子によく起きる鼻出血。多くの場合は鼻をつまむ程度で止血でき、特に問題になることはありませんが、大量の出血、いつまでも止まらない、日常的に繰り返す、持病がある、他にも気になる症状があるといった場合には、背後に重大な病気が潜んでいる可能性もあります。落ち着いて適切な方法で止血処置を行うとともに、それでも出血が止まらないときは医療機関を受診しましょう。

原因

鼻出血の中で最も多いのは、小鼻の内側にあるキーゼルバッハという部位からの出血です。ここはちょうど鼻の穴の皮膚から粘膜に移り変わる部分で、非常に細い血管が集中しているため、軽い刺激でも出血しやすい部位です。子どもなら、鼻をほじる癖や転倒、衝突などによる外傷、夏場ののぼせ、鼻炎や風邪で強く鼻をかんだりすることでこの粘膜が傷つき、この部分から出血するケースがほとんどです。また成人では、鼻炎や外傷、冬場の乾燥などが刺激となって鼻出血が誘発されますが、出血が止まりにくかったり、何度も繰り返したりする場合は、高血圧や糖尿病、肝臓病、さらに白血病や特発性血小板減少性紫斑病などの血液の病気が潜んでいる可能性があります。血液を固まりにくくする薬の服用、女性では妊娠や月経の際にも鼻出血を起こしやすくなります。鼻中隔湾曲症、副鼻腔炎、蓄膿症、鼻の腫瘍、まれな病気ですがオスラー病(遺伝性出血性末梢血管拡張症)も鼻出血の原因となります。

症状

通常、鼻の浅い部分からの出血は量も少なく、適切な止血処置をすれば30分以内には止まります。座ったまま安静にして、小鼻の上の辺りをつまんでいると、10分程度で止まることがほとんどです。鼻の奥の部分からの大量出血は、顔面や頭部の骨折などによって太い血管が破れた可能性が考えられます。出血量が多く、鼻を押さえても血が止まらない場合は直ちに医療機関を受診してください。鼻の腫瘍からの出血は止まりにくく、何度も繰り返すことが特徴です。頭蓋底骨折を起こした場合は、脳脊髄液が混じってさらさらした血液に見えます。高血圧がある場合は頭痛や肩こりなどを、腎臓、肝臓、血液の病気がある場合は貧血、全身倦怠感、歯茎からの出血、皮膚の斑点などの症状を伴うことが多いので、他の症状に注意しましょう。

検査・診断

まず、問診で顔や頭部への受傷、鼻をかんだり、ほじったりしたかといった直接的な原因と、今回および過去の鼻出血の症状や時期・回数、鼻出血に関連する病歴や薬の服用歴を調べます。次に身体診察で、出血部位の確認と脈拍、血圧測定で大量出血がなかったかどうかの確認を行います。鼻の浅い部分からの出血であれば、ライトで照らして確認できますが、奥からの出血が疑われる場合は内視鏡が使用されます。また、骨折・異物・腫瘍などが疑われるときは、エックス線検査、CT検査などを行うこともあります。血液疾患が疑われるときは血液検査を行います。

治療

家庭での応急処置で鼻出血が治まらず医療機関を受診した場合、鼻の浅い部分(鼻腔前部)からの出血であれば、通常は出血のある鼻腔に局所麻酔薬や血管収縮薬を染み込ませた綿や鼻腔止血用タンポンなどを詰める治療が行われます。こうした治療で効果が不十分な場合や再出血を繰り返す場合は、レーザー、電気凝固メス、薬などで出血の原因血管を焼き、止血や再出血予防治療を行うこともあります。鼻出血を起こしやすい原因として、高血圧、糖尿病、動脈硬化症、肝臓病、血液疾患などが見つかった場合は、それぞれの疾患に応じた診療科で治療を行います。腫瘍は、鼻腔内の良性腫瘍のほか、上顎がん、副鼻腔悪性黒色腫、上咽頭がんなどが考えられ、病気の進行度や全身の状態などを踏まえて、切除手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた治療が行われます。

予防/治療後の注意

鼻出血の治療から数日はできるだけ安静にして、鼻を触ったり、刺激物を摂取したりするのは避けましょう。鼻腔に綿やタンポンが入っているうちは洗顔も避けましょう。日常生活では風邪や鼻炎の際、鼻を強くかまないようにしてください。また、鼻が乾燥すると、炎症を起こしやすくなりますが、鼻の入口にワセリンを塗ったり、マスクをつけたりするのは乾燥予防に有効です。高血圧や糖尿病などの慢性疾患がある人はそれらを治療し、良好な状態を保つことも重要です。

102

こちらの記事の監修医師

神尾記念病院

院長 神尾 友信 先生

千代田区神田で創業100年を越える神尾記念病院の4代目院長。先代院長急逝により2009年から院長代行を務め、2010年1月に院長に就任した。「患者に安心感・満足感を感じてもらえる医療」の提供に日々努めながら、病院全体のチームワークを高めることにも力を注ぐ。鼻腔・副鼻腔手術のスペシャリスト。