全国のドクター9,154人の想いを取材
クリニック・病院 160,825件の情報を掲載(2021年4月21日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 唇が荒れるの原因と考えられる病気一覧
  4. 口唇ヘルペス
  1. TOP
  2. 口・喉の病気一覧
  3. 口唇ヘルペス
061

こちらの記事の監修医師
公立学校共済組合 関東中央病院
皮膚科部長 鑑 慎司 先生

こうしんへるぺす口唇ヘルペス

概要

ヘルペスとは皮膚に小さな水ぶくれが集まって炎症を起こしている状態のことである。ヘルペスウイルスに感染したことで水ぶくれを引き起こす。ヘルペスウイルスはいくつか種類があり、例えば水ぼうそうや帯状疱疹は「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」によって引き起こされる。口唇ヘルペスでは、口唇やその周りに痛みとともに水ぶくれができることを繰り返す。

原因

単純ヘルペスウイルスというウイルスはHSV‐1とHSV-2の2種類の型に分けられるが、口唇ヘルペスにはHSV-1が関与することが多い。水疱内の透明な液や、皮膚のただれた部分、唾液、ウイルスが付着した手指や器具から接触感染する。そのほか、患者のくしゃみや咳、会話中のウイルスを含んだつばがすぐ近くにいる人の皮膚や口・鼻などの粘膜に直接付着して感染する飛沫感染もある。単純ヘルペスウイルスは多くは子どもの頃に感染することが多いといわれているが大人になってから感染する場合もある。

症状

口唇ヘルペスは唇や口の周りがピリピリし、チクチクするような痛みや違和感を伴う。また部分的に赤く腫れあがり、小さい水ぶくれが出たりただれたりする。初めて感染した際には、体が単純ヘルペスウイルスという異物を攻撃して体外に出す免疫を持っていないので高い熱が出るなど重い症状が出る場合もあるが、多くの患者は単純ヘルペスウイルスに初めて感染した時は症状がないといわれている。そのため、水ぶくれやただれなどの症状が初めて出た時を初発という。頻度はさまざまだが再発することが多い。

検査・診断

多くは医師による問診や患部の視診・触診で診断可能である。場合によってはTzanck 試験で巨大な変性角化細胞を顕微鏡で観察したり、モノクローナル抗体やイムノクロマト法によりウイルスを検出したり、採血で単純ヘルペスウイルスに対するIgM抗体やIgG抗体が増えているか調べたりすることもある。

治療

一度感染した単純ヘルペスウイルスは脳神経の一つである三叉神経節にとどまり、これを潜伏感染と呼ぶ。疲労、風邪、ストレス、紫外線、生理などで体の免疫力が下がったときに唇や口の周りにウイルスが皮膚へ移動すると再発する。治療については軽症ならば抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビルやビダラビンを塗布する。重症ならばファムシクロビルやバラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬を内服する。また患者によっては、細菌による二次感染があるので抗生物質を処方する場合もある。今現在、発売されている抗ヘルペスウイルス薬はウイルスが増えることを抑えるが、神経に潜んでいるウイルスを取り除くことはできない。

予防/治療後の注意

口唇ヘルペスは体の抵抗力が落ちたときに再発する。そのため、再発を予防するには疲れやストレスをためる状況を避けたい。バランスの取れた食生活を心がけ、風邪をひかないよう手洗いやうがいを徹底する。女性の場合は免疫力が落ちる生理期間中は特に要注意である。ウイルスが付着した手や食器、タオルなどから他人へうつることがあるため、食器やタオルは共用せず、使用後は洗剤を用いて十分に洗う。

061

こちらの記事の監修医師

公立学校共済組合 関東中央病院

皮膚科部長 鑑 慎司 先生

2000年3月東京大学医学部医学科卒業。同大学附属病院の皮膚科で研修後、2006年3月に同大学院博士課程を修了。その後同大学附属病院皮膚科助教や、関東労災病院皮膚科にて医長を務める。Oregon Health & Science University博士研究員、東京大学医学部附属病院皮膚科講師などを経て、2012年4月より現職。日本皮膚科学会皮膚科専門医、日本レーザー医学会レーザー専門医。