全国のドクター8,926人の想いを取材
クリニック・病院 160,832件の情報を掲載(2021年6月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 新宿駅
  5. 新宿駅前クリニック 皮膚科 内科 泌尿器科
  6. 皮膚科、内科、泌尿器科疾患に対応保険診療で早めの治療を

皮膚科、内科、泌尿器科疾患に対応
保険診療で早めの治療を

新宿駅前クリニック 皮膚科 内科 泌尿器科

(新宿区/新宿駅)

最終更新日:2021/04/30

20210426 main 20210426 main
  • 保険診療

仕事で忙しくしていると、クリニックに行く時間はなかなか捻出しづらいもの。ついつい仕事優先になり、体調が悪くても無理して働いてしまった経験のある人は多いはず。しかしそうやって健康管理を後回しにしていると、気づいた時には症状が重くなって取り返しがつかなくなることも。「忙しい人ほど早め早めに診察を受けることが大切」と語るのが「新宿駅前クリニック 皮膚科 内科 泌尿器科」の蓮池林太郎院長。同院では忙しくても通いやすいシステムを整えていることから、訪れる患者は働く20~60代が中心だという。同院の蓮池院長に、働く忙しい人がかかりやすい疾患と健康管理の大切さについて話を聞いた。(取材日2021年4月5日)

忙しい人々のかかりつけクリニックをめざして

Qこちらではスムーズな診療に向けいろんな工夫をされているとか。
A
1

▲幅広い年代の患者が訪れるという

当院の場合、新宿で働いている方が仕事帰りや勤務の合間にいらっしゃるケースが多いです。皆さんお忙しいですから、早く診てもらって早く帰りたい方がほとんど。当院もそのニーズに応え「お待たせしない」ことに力を入れています。そのために、受付と診察室を近くしてドクターやスタッフの移動時間を短くするなど、院内の動線も工夫しました。さらには電子カルテも15台導入し、患者さんの情報を探す時間、会計の時間の短縮を図っています。ほかには、患者さんが診てほしい時にスムーズに診療を受けていただけるよう、予約不要にしているのも特徴です。ドクターも常時4~5人勤務しているのでスピーディーな診察が可能となっています。

Q皮膚科ではどのような病気・症状を診療していますか?
A
2

▲日本皮膚科学会皮膚科専門医も在籍

ニキビ(尋常性ざ瘡)、アトピー性皮膚炎、水虫、湿疹、接触性皮膚炎、じんましん、イボ、帯状疱疹、単純ヘルペス、口唇ヘルペス、梅毒、とびひ、よう、円形脱毛症、口内炎、乾癬、脂漏性皮膚炎など幅広い症状に対応しています。患者さんの年齢層も20~60代と広く、男性女性どちらもいらしゃっていますね。診療では、お話を聞いて患部を観察、診断し、肌の状態に合わせて適切な薬を処方します。近年は新しい薬も開発されており、当院でも保険適用のニキビの外用薬を各種取り扱っています。

Q内科ではどのような症状・疾患に対応していますか?
A
3

▲日本内科学会総合内科専門医も在籍

インフルエンザなどの感染症、花粉症、 溶連菌感染症、気管支炎、胃腸炎、過敏性腸症候群(IBS)、喘息、高血圧症、痛風、脂質異常症、糖尿病、貧血、片頭痛、緊張型頭痛など幅広く診療しています。忙しい方は風邪をひいてもついつい無理して放置してしまったり、市販薬で治そうとしたりしてしまいますが、お仕事に集中するためにも早く来院して早く治したほうが、結果として早く仕事に集中できるようになります。当院の診療は予約不要です。こじらせる前に、早め早めに受診していただくことをお勧めします。

Q泌尿器科ではどのような病気や症状を診療していますか?
A
20210428 4

▲日本泌尿器科学会泌尿器科専門医も在籍

泌尿器疾患については、クラミジア・淋菌による咽頭炎、梅毒、男性のクラミジア・淋菌などによる尿道炎・亀頭包皮炎・陰のう湿疹・尖圭コンジローマ・性器ヘルペス、女性の膀胱炎などを保険診療しています。男性の前立腺炎・前立腺肥大・前立腺がん、女性の過活動膀胱・子宮頸管炎・コンジローマ・性器ヘルペス・デリケートゾーンは診療していません。

Qこのほか、耳鼻科の診療にも一部対応しているそうですね。
A
20210428 5

▲さまざまな症状や病気を診療している

現在当院に耳鼻咽喉科医は在籍しておりませんが、内科において耳鼻科と重なる領域を診療しています。風邪や咽頭炎、扁桃炎、インフルエンザ、溶連菌感染症、スギ・ヒノキ・ハウスダスト・ダニなどのアレルギー性鼻炎などを扱っています。予約不要で診療していますので、咳、鼻水、痰、喉の痛みなどでお困りの方はいつでもご来院ください。

ドクターからのメッセージ

蓮池 林太郎院長

忙しく働いていると、ご自身の健康管理をおろそかにしがちで、気づいた時には症状が悪化している、というケースも少なくありません。ですので、仕事に真剣に取り組みたい方ほど自覚症状が出たら早め早めに受診していただきたいですね。そうすれば、短期間で治すことも期待できるでしょう。仕事で成果を上げるための資本は「健康」です。体調が悪ければ仕事の能率も上がりませんし、良い結果も残せないと思います。仕事をしながらもご自身の健康について常に意識していただき、気になった症状が出たら早めに受診。こうした習慣をつくるお手伝いを当院でもさせていただきたいと思います。

Access