病気・けがを知る

膀胱炎の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。膀胱炎について正しく理解しましょう。

膀胱炎ぼうこうえん

膀胱炎とは

尿をためる臓器である膀胱の炎症。原因は細菌やウイルスへの感染、薬剤の影響(一部の抗アレルギー薬や抗がん剤によって発症する)、放射線治療の副作用など多岐にわたるが、80%程度が大腸菌によるもの。ほとんどの場合、細菌が尿道から逆流し、膀胱(ぼうこう)が感染することで起こる。疲れがたまったりして免疫力が落ちると、膀胱の中の細菌の量が増えやすくなり、膀胱炎になりやすくなる。また女性は男性よりも尿道の出口から膀胱までの距離が短く、細菌が膀胱にたどり着きやすいため、膀胱炎を起こしやすい。

症状

主な症状は、頻尿、尿意切迫感(突然耐えがたい強い尿意を感じる症状)、排尿痛、尿の混濁、血尿、残尿感、下腹部の不快感や痛みなど。

診断内容

通常、尿沈渣(にょうちんさ)と呼ばれる検査により、尿中の白血球や細菌を確認する。また、尿培養検査によって、膀胱炎の原因となっている菌を特定し診断を行う。

治療内容

軽症なら自然治癒することが多い。水分を多く摂取し、普段よりもたくさん尿を出すことで、尿ごと病原体を洗い流していく。重症のケースなどでは、ニューキノロン系、セフェム系などの抗菌薬の内服をすることも。

予防方法、治療後の注意

便秘がちな人は、便通の改善が膀胱炎の予防になる。また、トイレを我慢しないことも大切。治療にはニューキノロン系の薬が頻繁に使用されるが、その多くは妊婦への投与が禁忌とされている。膀胱炎は妊娠可能な年齢の女性が発症するケースが多いため、必ず妊娠の可能性の有無を医師に伝えること。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

泌尿器科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細