全国のドクター8,959人の想いを取材
クリニック・病院 160,758件の情報を掲載(2021年9月17日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市西区
  4. 横浜駅
  5. あいおい歯科横浜駅西口医院
  6. 正しく知りたい方法や時間歯科医師が教えるホームホワイトニング

正しく知りたい方法や時間
歯科医師が教えるホームホワイトニング

あいおい歯科横浜駅西口医院

(横浜市西区/横浜駅)

最終更新日:2021/09/08

Main Main
  • 自由診療

ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニング、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、2つを併用するデュアルホワイトニングがある。近年はその手軽さからホームホワイトニングの需要が伸びているそうだが、自分で行うからこそ正しいやり方を理解しておきたい。また、過去の歯科治療が原因で歯が変色している場合など、ホワイトニングによる変化が期待できないケースもあるため、まずは受診して歯科医師に変色の原因を診断してもらったほうがよいだろう。総合的な視点で口腔内をチェックした上で、患者一人ひとりに適したホワイトニングケアを提供することから、歯に対する健康意識の向上をめざす「あいおい歯科横浜駅西口医院」の浜島均院長に、ホワイトニングの方法や期間、注意点を解説してもらった。(取材日2021年8月16日)

適切な方法を理解することに加え、虫歯や歯周病の有無、歯の黄ばみの原因も事前に確認しておくことが大切

Qまずはホワイトニングの種類から教えてください。
A
1

▲患者一人ひとりに合った方法を提案

ホワイトニングには自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。それぞれ使用する薬剤の濃度が異なり、オフィスホワイトニングのほうが濃度が高いため、短時間で施術が済むこともあります。ホームホワイトニングは変化が緩やかな分、知覚過敏などの症状が出にくいというメリットがあります。色の変化や痛みの感じ方には個人差がありますので、まずは両方試してみて、どちらが自分に合っているかを確認していただくのも良いかと思います。オフィスホワイトニングの後にホームホワイトニングを行い、双方のメリットを生かすデュアルホワイトニングという方法も推奨しています。

Qホームホワイトニングのやり方や時間を教えてください。
A
2

▲自宅でも正しく安全に行えるようケア方法を説明している

まずはクリニックに来院していただき、自分の歯型に合わせてマウスピース型のトレーを作製します。1~2週間後に、完成したマウスピース型トレーと一緒に専用の薬剤をお渡しします。あとは、ご自宅でのケアを開始します。歯磨きをして口の中を清潔にしたら、マウスピース型トレーの内側に米粒大ぐらいの薬剤をつけて2時間ほど装着します。トレーを外したら、口の中に残った薬剤を洗い流して完了です。これを1週間程度継続するのが、一つの目安になります。トレーを装着する時間が長いほど変化は大きいかもしれませんが、装着中や後に痛みや違和感がある場合は、無理をせずに外して様子を見てください。

Qホームホワイトニングを行う際の注意点はありますか?
A
3

▲マウスピース型トレー

虫歯や歯周病がある場合は事前に治しておきましょう。虫歯治療に使用した接着剤が劣化していることで、ホワイトニングの薬剤が入り込み、痛みを感じることもありますので、歯科検診をしてから始めるのが理想的です。あと「ホワイトニングは歯に負担をかけている」と思っている人もいるかもしれませんが、ホワイトニングは歯のエナメル質を構成する有機質を漂白するもので、エナメル質自体を変性させるわけではありません。また、オフィスホワイトニング剤は主成分である過酸化水素の濃度も低く、正しく使用している限り歯にダメージを与えるものではないと考えますが、事前に使用法や用量について歯科医師のレクチャーは受けておきましょう。

Qでは、ホームホワイトニング実施後に気をつけることは?
A
4

▲治療後のメンテナンスやセルフケアのサポートにも注力

歯の色というのは、歯そのものの色だけでなく食べ物や飲み物の色素が着色することでも変わるので、施術後は着色で色が元に戻らないように、食事内容には気をつけましょう。コーヒー、カレー、みそ、ケチャップなど、色の濃いものはできるだけ避けるようにしてください。特に施術後48時間以内は歯がより着色しやすい状態になっているため注意が必要です。あと、歯の黄ばみや着色の汚れがリセットされた後は、その状態を維持するためにも、毎日の歯磨きを念入りに行い、定期的に歯科医院を受診していただくとよいですね。ホワイトニングは審美性を高めることを目的に行うものではありますが、歯の健康意識の向上にもつなげてほしいと思います。

Q自宅でケアしていれば、クリニックへ行く必要はないのですか?
A
5

▲定期的に歯科医院を受診しよう

できれば定期的に歯科医院を受診し、虫歯や歯周病の有無などを確認していただきたいですね。過去の治療で神経を取ってしまったことや、詰め物の劣化が原因で歯の色が悪くなっているケースもあります。この場合、いくらホワイトニングをしても白くなりません。せっかくのホワイトニングが無駄にならないよう、当院ではしっかり口腔内をチェックした上で、患者さんに合わせた提案をさせていただきます。ホームホワイトニングは途中でやめてしまう人もいるのですが、そういう方は一度オフィスホワイトニングに切り替えてみるのもいいでしょう。どの方法が患者さんに合った方法か、そういったご相談にも対応していきたいと思っています。

ドクターからのメッセージ

浜島 均院長

当院はホワイトニングだけに特化した歯科医院ではなく、虫歯、歯周病、インプラント治療などトータルに診療する体制を整えています。なので、ホワイトニングを行う際も、詰め物の劣化や神経の異常が原因で歯が黄ばんでいないか専門的な視点でチェックし、総合的な提案を行います。歯の黄ばみ、着色汚れがリセットされると、毎日の歯のお手入れにも力が入り、歯の健康意識向上にもつながります。ただ、患者さんによって求める白さは異なりますし、めざすゴールによってホワイトニングの方法や期間が変わってくるため、目標に合わせた提案をして、ご自宅でも正しく安全に行えるようケア方法をわかりやすくご説明いたします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング/1万円、オフィスホワイトニング/2万9800円、デュアルホワイトニング/3万4800円、インプラント/1本25万円~(相談・検査・診断・治療までの標準料金)

Access