全国のドクター9,322人の想いを取材
クリニック・病院 161,128件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 板橋区
  4. ときわ台駅
  5. 医療法人社団相生会 あいおいクリニック イオンスタイル板橋前野町
  6. 矯正治療の前には、抜歯が必要か親知らずが歯並びに与える影響

矯正治療の前には、抜歯が必要か
親知らずが歯並びに与える影響

あいおいクリニック イオンスタイル板橋前野町

(板橋区/ときわ台駅)

最終更新日:2020/10/13

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

矯正治療を受けて歯並びが整ったのに、親知らずが生えたために再び歯並びが悪くなったと感じている人は意外に多いのだそう。整えた歯並びが年齢とともに崩れ、特に前歯がずれてきていると感じる人も少なくないようだ。親知らずの生え方は歯並びに影響を与えるのだろうか。そうすると、矯正治療を受ける前に親知らずを抜いておいたほうがいいのだろうか。気になるところだ。そこで、「あいおいクリニック イオンスタイル板橋前野町」の芳賀伸行院長に、親知らずと歯並び、矯正治療との関係について聞いてきた。矯正歯科医師をはじめ専門性の高い歯科医師や歯科衛生士が在籍し、幅広い歯科診療に対応する同院で、チーム医療を実践する芳賀院長の話を参考にしてほしい。(取材日2020年9月25日)

歯並びに影響を与える可能性もある親知らずの生え方。矯正治療後の後戻りを防ぐために抜歯する選択肢も

Q親知らずは、若いうちに抜いたほうが良いのでしょうか?
A
1

▲なりたい口元をイメージして治療に臨もう

親知らずは歯並びの一番奥に位置し、歯磨きがしづらいため虫歯や歯周病になりやすく、トラブルのもとになりやすい歯とされています。また親知らずが横向きに生えてくると手前の歯に対して横方向に押す力が加わり、そのしわ寄せとして歯並びが崩れる原因となることも考えられます。骨格の成長に伴って徐々に骨が硬くなるために歯が抜きにくくなり、抜いた後の治癒も時間がかかっていく傾向もありますので、当院では親知らずは若いうちに抜歯することをお勧めしています。特に女性の場合、妊娠中はホルモンの影響で歯茎が炎症を起こし、親知らずも腫れやすくなります。妊娠中の治療は避けたいため、妊娠する前の抜歯をお勧めしたいですね。

Q親知らずが歯並びへ影響を与えることがあるのですね。
A
2

▲歯並びに影響を与えやすい親知らず

医学的には親知らずによる歯並びへの影響は証明されていませんが、他の永久歯が生えそろってから時間をおいて、歯列の後方から前に向かって、歯としては大きいサイズで生えてくるので、他の歯に与える影響は無視できないのではないかと考えられます。特に下顎が小さく、親知らずが横向きや斜め方向、あるいは埋まったまま、歯列の後ろから押してくるように生えてきている場合は、歯並びに影響を与えやすいかもしれません。以前は歯並びが整っていたのに、年齢とともに徐々に歯並びが変化して、前歯の向きが変わった、並びがデコボコと重なってきたという方は、口腔外科のある歯科医院を受診して親知らずの状態を確認されてみるのもいいでしょう。

Qでは、親知らずを抜くことで歯並びは治るのでしょうか?
A
20201010 3

▲矯正治療の前に親知らずを抜歯するのが良いとされている

親知らずを抜歯しても、一度変化して悪くなった歯並びは、自然に元には戻らないでしょう。改めて矯正治療が必要になります。親知らずは狭いスペースの中に、歯列の後方から前に向かって生えてきて、他の歯を圧迫することがあるため、矯正治療を行う際には先に親知らずを抜歯しておいたほうが良いといわれています。親知らずを抜かないでそのままにしておくと、矯正治療で歯並びを整えても、残されていた親知らずが他の歯を押し、再び歯並びが崩れる可能性が否定できないのです。ですから、親知らずと歯並びが気になる方は、口腔外科を専門とする歯科医師と矯正歯科医師、両方の専門家が連携した診断、治療を受けていただきたいですね。

Q親知らずを抜歯しないで行う矯正治療のリスクを教えてください。
A
4

▲虫歯や歯周病になりやすいリスクのある親知らず

親知らずは奥にあり歯磨きがしにくいため、通常でも虫歯や歯周病になりやすいというリスクがあります。ですから、親知らずを抜歯せずに矯正治療を始めた場合、いっそう虫歯や歯周病へのリスクが高まります。また、矯正治療で歯並びを整えた後、矯正器具を外すと歯が元の位置に戻ろうとする後戻りの力が働きます。矯正治療後の後戻りを予防し、より良い歯並びの状態を維持するためには、あらかじめ親知らずを抜歯して顎のスペースに余裕を持たせておく必要があると考えられます。

Q親知らずの抜歯の必要があるかどうかは、どう判断するのですか?
A
5

▲しっかりと相談して治療計画を立てていく

上下左右4本の親知らずがまっすぐに生え、噛み合わせにも歯並びにも悪い影響を与えていなければ抜歯の必要はありません。しかし、親知らずが横向きや斜め方向に生えていたり、歯肉や骨に埋まって一部でも露出ししたりしているケースでは、やはり抜歯をしたほうが良いでしょう。矯正治療を行う前に抜歯が必要かどうか、必要ならばどのような抜歯方法をするかを判断するには、歯科用CTなどで精密な検査を受けていただき、経験豊富な口腔外科の歯科医師と矯正歯科医師、双方の意見を聞いたほうが良いでしょう。

ドクターからのメッセージ

芳賀 伸行院長

親知らずをそのままにしておくと、虫歯や歯周病、歯並びの問題が起こりやすく、またせっかく矯正治療を受けたのに、歯並びが崩れてしまうリスクもあります。一度ダメージを受けた歯や骨は元には戻りませんから、他の歯や歯並び、お口全体の健康を長く守るという観点からも、20代の若いうちに親知らずは抜歯したほうが良いと私は考えています。当院では、口腔外科を専門とする歯科医師と、矯正歯科医師が在籍し、矯正治療に際して親知らずの抜歯が必要かどうか、親知らず抜歯後の歯並びの問題などにも連携して対応します。親知らずの抜歯に際しても、できるだけ痛みや腫れを軽減した負担の少ない治療に努めています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/一期・二期治療 各35万円 全顎矯正/唇側矯正70万円、舌側矯正100万円、ミニスクリュー併用+5万円、セラミックブラケット+5万円 マウスピース型装置を用いた矯正/90万円 部分矯正/1ブロック30万円、追加1ブロックごと10万円 ※すべて税込み

Access