病気・けがを知る

急性腎障害(急性腎不全)の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。急性腎障害(急性腎不全)について正しく理解しましょう。

急性腎障害(急性腎不全)きゅうせいじんしょうがい(きゅうせいじんふぜん)

急性腎障害(急性腎不全)とは

何らかの理由で、腎臓の機能(血液をろ過して老廃物を取り除く働き)が急激に低下し、体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態。急性腎障害は、原因によって以下の3つに分けられる。1つは、腎臓に流れてくる血液が減る腎前性腎不全(主な原因は、大量出血、心不全、高度の脱水症、熱傷)。2つ目は、腎臓そのものに異常が起こる腎性腎不全(腎臓の一部である尿細管の細胞が壊れ、腎臓の働きが悪くなる急性尿細管壊死、各種の腎炎、腎梗塞など)。そして3つ目は、尿の流れ道が詰まって尿路に尿がたまり腎臓がダメージを受ける腎後性腎不全(主な原因は前立腺肥大、前立腺がん、尿路結石)である。重篤な合併症として、心不全や高カリウム血症(血液中のカリウム濃度が高くなること)などがある。

症状

足と足首、顔、手のむくみに加え、尿量が1日当たり約500ml以下まで減少したり(ほとんどの健康な成人の尿量は1日当たり約750ml~2l)、完全に尿が出なくなったりする場合がある。急性腎障害が続いて体内に老廃物が蓄積してくると、疲労を感じるようになり、集中力の低下、食欲不振、吐き気、全身のかゆみなどが起きてくる。さらに、心拍数の増加やめまいが生じることも。

診断内容

診断を確定するには血液検査を行い、腎機能や、腎機能の低下によって起こる電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)の異常の有無を調べる。また、尿路感染や尿タンパクの有無、腎機能が低下した原因を調べるための尿検査を実施するほか、腹部超音波(エコー)検査や腹部CT、MRI検査を行い、水腎症(尿管が何らかの原因で詰まって尿がうまく流れなくなり、尿管や腎盂に尿がたまり拡がった状態)の有無や腎臓の大きさ・形を確認することも。腎動脈の閉塞が疑われる場合は、血管造影検査を行う場合もある。

治療内容

腎前性腎不全の場合、血液が体中を十分に回るよう点滴や輸血を行い、状況によっては利尿薬を使用する。腎性腎不全の場合は、原因となっている病気の治療を速やかに開始し、腎臓の負担を軽減させ、合併症を予防するために食事療法(低タンパク質・減塩・低カリウムの食事を心がける)と薬物療法(降圧薬や利尿薬の服用)を行う。腎後性腎不全の場合は、尿路を塞いでいるものを取り去り、速やかに尿が流れるようになれば回復するが、尿路を塞いでいる原因によってその方法が変わるため、まずは原因を突き止める。腎機能障害が重度の場合、老廃物と過剰な水分を体内から取り除く必要があるため、通常は血液透析を行う。

予防方法、治療後の注意

特に高齢者の場合、夏場に脱水症状を起こしたり、過度に血圧が下がったりすることがあり、これが急性腎障害の原因になり得る。脱水症状を防ぐためには、こまめに水分を補給することが大切となる。また、降圧薬を内服している人は毎日血圧を測定を行い、普段より極端に低くなっている場合、あるいは最高血圧が100以下の場合は、降圧薬の服用を一旦中断して主治医に相談すること。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

腎臓内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細