全国のドクター9,353人の想いを取材
クリニック・病院 161,009件の情報を掲載(2021年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 高熱がでるの原因と考えられる病気一覧
  4. 水腎症/水尿管症
  1. TOP
  2. 頭の病気一覧
  3. 水腎症/水尿管症
019

こちらの記事の監修医師
学校法人北里研究所 北里大学病院
岩村 正嗣 病院長

すいじんしょう/すいにょうかんしょう水腎症/水尿管症

概要

通常、腎臓でつくられた尿は、腎臓下部の腎盂から尿管を通って膀胱へと流れていく。しかし、何らかの原因によって尿管がつまってしまい、尿がうまく流れなくなってしまうことも。これにより、腎盂から尿管にかけての部分が拡張することを「水腎症」、尿管から膀胱にかけての部分が拡張することを「水尿管症」と呼ぶ。子どもの場合は、先天的に尿の通りが悪いことがほとんど。母親のお腹の中にいるときの超音波(エコー)検査にて発覚するケースも多い。一方、大人の場合は、尿路結石や前立腺肥大症など、後天的な原因があるのが特徴と言えるが、中年以降は尿管がんが原因となることもある。

原因

尿の通り道が狭くなってしまうことで、腎臓に対して圧力がかかることが原因。子どもの場合は、先天的な腎臓や尿管の異常があるケースがほとんど。遺伝子が関係していると疑われているが、その詳細は明らかになっていない。一方、大人の場合は、さまざまな病気が引き金となり、水腎症や水尿管症が引き起こされる。例えば、尿路結石や尿管がん、前立腺がん、前立腺肥大症、腎臓に袋ができる腎のう胞、前立腺肥大症、神経因性膀胱、慢性的な感染など。そのほか、交通事故や手術などで尿管が傷つくこともある。

症状

症状は、人によってさまざま。進行が速いケースと、ゆっくりと進行するケースでも変わってくる。例えば、尿路結石などが原因となり、短時間のうちに水腎症や水尿管症を発症した場合、脇腹から腰、下腹部にかけて激しい痛みを感じることが多い。尿の流れが一気に悪くなるため、痛みだけでなく、吐き気や高熱などを伴うことも。一方、進行がゆっくりの場合は、初期症状がほとんどないことも少なくない。場合によっては、脇腹にうずくような痛みを感じるケースもある。ほかの自覚症状としては、お腹のしこり。尿で満杯となった腎臓がボールのように膨らんでしまうため、お腹にしこりのようなものができているのを見つける場合もある。特に、やせ型の人や乳幼児はしこりを自覚することが多い。尿管がんが原因の場合は肉眼的血尿を伴うことが多い。

検査・診断

先天的な異常がある場合、胎児として母親のお腹の中にいるときの超音波(エコー)検査にて、水腎症や水尿管症が発覚するケースも近年は多くなってきている。胎児の頃にわからなくても、新生児・乳幼児の頃に腹痛などの異常があり、超音波(エコー)検査を受けて見つかることも。まれにお腹に大きなしこりができてしまい、母親が触って発見することもある。また、新生児や乳幼児に限らず、やせ型の成人もお腹を触ってしこりに気が付くことも少なくない。触診や超音波(エコー)検査にて水腎症や水尿管症が疑われる場合、さらに詳しく確認するための検査を進めていく。具体的には、尿管の広がりを確認するために腎盂造影検査を行ったり、腹部CT・MRI検査で尿管が詰まっている原因を探ったりしていく。

治療

水腎症や水尿管症を引き起こした原因によって、治療内容は変わってくる。例えば小児に多く見られる腎盂尿管移行部狭窄では、狭窄部を切除し、腎盂と尿管をつなぎ直す腎盂形成術が行われる。尿の通り道に石ができている尿路結石に対しては、石をなくすための砕石術や内視鏡手術などを行っていく。前立腺がんを患っている場合は、がんの治療と併せて、尿道を拡張するための手術などを実施。また、症状の進行が速かったら、皮膚からやわらかいチューブを腎臓に刺し、尿を排出させる「腎ろう造設術」や、尿管に管を挿入し、尿を流し出す「尿管ステント留置術」を行うこともある。なお、がんが否定でき、かつ症状が軽く、腎機能の低下がなければ、尿検査と超音波(エコー)検査による経過観察を行っていくことが基本となる。

予防/治療後の注意

手術後、まれに尿路感染症や尿路結石などの合併症を引き起こすことがある。しかし、基本的には、2つの腎臓の機能が低下していなければ、通常の暮らしに戻ることが可能。機能が低下している場合、腎機能の管理をしていくことが不可欠になる。

019

こちらの記事の監修医師

学校法人北里研究所 北里大学病院

岩村 正嗣 病院長

1983年北里大学医学部卒業後、北里大学病院泌尿器科で研修を受け、大学病院のほか神奈川県内を中心に総合病院で診療。米国ロチェスター大学留学。 1995年北里大学病院泌尿器科主任に就任。同科長、副院長を務め、2018年7月から現職。北里大学医学部主任教授。 専門は副腎・腎・腹腔鏡手術。日本泌尿器科学会泌尿器科専門医。