全国のドクター8,718人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年12月06日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 涙が出るの原因と考えられる病気一覧
  4. 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
014

こちらの記事の監修医師
中村 敬 院長

しんてきがいしょうごすとれすしょうがい(ぴーてぃーえすでぃー)心的外傷後ストレス障害(PTSD)

概要

通常の範囲を超えた極端なストレス(戦争、犯罪被害、虐待、交通事故、自然災害など)を体験した後に発症する病気で、強い恐怖感や無力感、戦慄(せんりつ)を感じたり、悪夢を見たりするなどさまざまな症状が現れる。過去には外傷神経症、災害神経症などと呼ばれていたが、1980年の米国の精神医学会の診断基準でPTSDという呼び方が用いられるようになった。我が国においても阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件をきっかけに、広く知られるようになった。衝撃的な出来事を直接体験した人だけではなく、その目撃者などにも生じる可能性がある。PTSDを発症した人の半数以上が、うつ病や各種の不安障害などを合併している。

原因

戦争体験、暴力を受けた体験、性的犯罪被害、交通事故やその現場を目撃した体験や、自然災害などで命が危険にさらされたり、人としての尊厳が損なわれたりする経験などが原因となる。PTSDの発症には、そのきっかけとなる出来事の前後に起こったことや、個人的な体質や気質、社会的な要因が影響を与えることもある。また、家庭内での小児虐待のようにトラウマ体験が長期間繰り返されると、より重症、慢性的な病状を示すこともあり、複雑性PTSDと呼ばれる。

症状

原因となった出来事の記憶が繰り返しよみがえり、強烈な恐怖感、無力感などに支配される。原因となった出来事を思い出させるきっかけに触れると、つらい記憶が突然鮮明によみがえる「フラッシュバック」が起こる。記憶がよみがえるだけではなく、実際にその出来事を再び体験しているような感覚に陥り、周囲の状況を認識できなくなることも。原因となった出来事を思い出させる物事を執拗に避ける、あるいはその出来事の重要な部分が思い出せなくなることもある。また、悪夢を繰り返し見たり、眠れなくなったり、何かに集中することが難しくなったりする。さらに、ちょっとしたことで驚いたり怒ったり、急に涙ぐんだり、落ち着きがなくなったりするなど感情のコントロールが難しくなるほか、罪悪感や疎外感を抱くようになる場合もある。以前は楽しんでいたことへの関心が薄れ、幸福感や満足感を感じられなくなり、人に心を許せなくなるといった症状もみられる。

検査・診断

強いストレスを感じる出来事を体験、または目撃した後、恐怖感や無力感、悪夢、フラッシュバック、感情の萎縮などの症状が1ヵ月以上持続し、社会的、また精神的に機能障害を起こしており、日常生活や社会生活に大きな支障が出ている場合にPTSDと診断される。実際にはこのような症状が数ヵ月、あるいは数年以上続くことも珍しくない。診断においては、それらの症状がほかの病気やほかの病気の治療薬によるものである可能性についても、慎重に確認される。

治療

PTSDの特定の症状を和らげるための対症療法と、PTSDそのものの治療に分けられる。不眠、強い不安感、うつ状態などの症状の改善には、抗うつ薬や抗不安薬、気分安定薬などが使われる。PTSDそのものの治療としては、精神療法(心理療法)が一般的である。トラウマ(大きなストレスにより負った心の傷)に焦点をあてた認知行動療法の中でも、「持続エクスボージャー療法」は医師など治療者のサポートのもと、トラウマとなった場面をあえてイメージしたり、避けていた記憶をわざと呼び起こしたりして恐怖を乗り越えるというもので、「思い出しても危険がない」「怖いことはない」と感じられるようになるための訓練を行うものである。ほかにも、トラウマの経験を理解、整理して克服する「認知処理療法」、眼球運動を行うことでトラウマを克服する「眼球運動脱感作療法」、患者同士で語り合う「グループ療法」といった治療法がある。

予防/治療後の注意

強いストレスを受けた後は、適度な運動や十分な睡眠、栄養バランスの良い食事などを心がけつつ、できることからふだんの生活を再開していくことが予防につながる。また、ストレスを自分一人で抱え込まずに医師や地域の各種機関に相談し、専門的なケアや治療を受けることが大切である。

014

こちらの記事の監修医師

東京慈恵会医科大学附属第三病院

中村 敬 院長

人間心理に関心を持ち、大学は哲学科へ進んだが、より実践的な学問を求めて東京慈恵会医科大学へ入学。1982年に卒業し、同精神医学講座へ入局。同大学院修了。 現在は第三病院院長兼同精神神経科診療医長と、東京慈恵会医科大学精神神経科教授を務めている。