病気・けがを知る

アルコール性肝障害の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。アルコール性肝障害について正しく理解しましょう。

アルコール性肝障害あるこーるせいかんしょうがい

アルコール性肝障害とは

長期にわたり(通常は5年以上)過剰な飲酒を続けることによって起こる、さまざまな肝障害の総称。アルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝線維症などがあり、重症化するとアルコール性肝硬変やアルコール性肝がんなど、命に関わる疾患につながることもある。

症状

初期の症状であるアルコール性脂肪肝は目立った症状が出ないことが多く、健康診断や人間ドックの結果で初めて自覚する人が少なくない。脂肪肝が進行しアルコール性肝炎になると、食欲不振、倦怠感、発熱、右上腹部の鈍痛、黄だんなどが見られるようになる。さらに肝機能が低下しアルコール性肝硬変へと進行すると、腹水や黄だんを中心に、吐血する、昏睡状態に陥るなどの症状が現れる。

診断内容

まずは本人や家族から飲酒歴について聞き、その後血液検査で肝機能や肝炎ウイルスへの感染がないかなどを調べる。さらに超音波(エコー)検査や腹部CT検査、MRI検査で肝臓の大きさや表面の状態などを調べ、アルコール性脂肪肝や肝硬変になると見られる肝臓の変化を診るほか、腫瘍の有無も確認する。そのほか、肝臓の一部を採取して顕微鏡で観察する肝生検が行われることもある。

治療内容

最も基本的な治療法は禁酒。アルコールの摂取量を抑え、肝臓を休めることが大切。また、食事の内容を脂肪分の少ないバランスの取れたものにすることも大切。そのほか状態に応じて薬物療法などを行う。また、アルコール依存症などの精神的な疾患が背景にあるケースでは、精神科の医師による治療が行われることもある。

予防方法、治療後の注意

大量の飲酒がアルコール性肝障害の原因となるため、飲酒の習慣がある人は日々の飲酒量をしっかりと管理することが予防につながる。また、規則正しい生活、十分な運動と睡眠など、基本的な生活習慣を整えることも重要。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

消化器内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細