全国のドクター8,585人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月13日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 頭痛の原因と考えられる病気一覧
  4. 不正咬合
  1. TOP
  2. 頭の病気一覧
  3. 不正咬合
022

こちらの記事の監修医師
槇 宏太郎 教授/歯学部長

ふせいこうごう不正咬合

概要

上顎と下顎の位置のずれや、歯並びの乱れなどの理由で、上下の歯がきちんと咬み合っていない状態を指す。不正咬合には、歯並びや顎の位置などによってさまざまな種類の状態が存在する。上顎が前に出っ張っていたり下顎が小さかったりなどの理由で、上の前歯が前に出ている状態を上顎前突(出っ歯)、上顎が小さすぎる、もしくは下顎が前に出すぎているために、下の前歯が前に出た状態を下顎前突(受け口)という。他にも、歯が顎に入りきらずガチャガチャに生えている状態を叢生(そうせい)と呼ぶ。また奥歯だけが噛み合っているが前歯などが噛み合わない状態を開咬(かいこう)という。それ以外にも、前歯の噛み合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)などがある。

原因

不正咬合の原因は、大きく分けて先天的なものと後天的なものの2種類。上唇のすじ(上唇小帯)や舌のすじ(舌小帯)の異常、唇顎口蓋裂(いわゆるみつくちの事)のような先天的疾患などが歯並びに影響を及ぼす場合もある。例えば上唇小帯の異常がすきっ歯(正中離解)を起こしたり、舌小帯の異常によって開咬につながったりといったケースがそうだ。後天的な原因にもさまざまなものがある。「指しゃぶり」を幼稚園や小学校になっても続けていると、上顎前突や開咬の原因になるほか、乳歯が虫歯などで予定より早く抜かれた場合なども八重歯や乱杭歯の原因となる。また、鼻づまりなどで常に口を開いたままだと上顎前突や開咬になることもあるので、不正咬合は耳鼻科的な疾患とも密接に絡んでいると言える。

症状

食べ物をうまく噛めない、うまく発音できずに言葉が崩れる、口をうまく閉じることができないといった症状が出る。また、不正の種類によっては、歯の一部が隠れることなどから歯磨きが不十分な箇所ができてしまうため、虫歯や歯周病になりやすい。さらに顎の関節に負担がかかることで疲れやすくなったり、頭痛や肩凝りを感じたりすることもある。

検査・診断

歯型の採取や、エックス線写真の撮影、口内の衛生状況を調べる検査などを通し、歯の位置や顎の骨格がどんな状態かを確認する。例えば、上顎前突(出っ歯)の場合でも上顎や上の歯列に原因があるとは限らず、下の顎の小ささが要因だったという場合もしばしばある。これは口の中を視診しただけではわからない。そこでエックス線写真によって骨格の位置や歯の傾き、顎の形や上下の不調和などを正確に確認し、考慮すべき顎の骨の成長方向やバランスを予測しながら治療にあたる。歯型から作った立体的な歯列模型も、治療計画の策定や不正咬合の分析のために役立っている。

治療

矯正治療の場合、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、そこにワイヤーを通し、その弾力性で徐々に歯並びを治していく方法が一般的だ。子どもの場合、成長に合わせて顎の骨格を広げる装置で、歯の生える位置を調整していくこともある。もし不正咬合が骨格性の場合、子どもであれば「ヘッドギア」や「上顎前方牽引装置」などの取り外し可能な装置を頭にかぶり骨格の不正の解消を試みる。大人の場合は、もしその骨格性不正がわずかなものであれば歯の移動でカバーすることができるが、程度が著しく大きければ下顎を切断し後ろに下げるなどの大がかりな外科矯正手術が行われることもある。手術は口の中のため、表には傷は残らない。他にもアライナーと呼ばれる透明なマウスピース型の装置もある。どの治療法を採用するかは、患者の口腔内の状況や本人の希望に応じて決定される。

予防/治療後の注意

治療終了後も定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受けることが、治療の効果を長持ちさせるカギになる。特に矯正治療で使われるブラケットやワイヤーの周辺は歯磨きがしにくく、歯垢が溜まりやすいためメンテナンスは必須だ。また矯正治療後に親知らずが生えてくることにも注意が必要だ。治療によって歯並びを整えても、親知らずが生えてきたことでそれが再び乱されることになるからだ。その際は状況に応じて抜歯が必要となる。矯正治療の開始時期や治療装置は、矯正の専門家に相談するようお勧めする。

022

こちらの記事の監修医師

学校法人昭和大学歯科病院

槇 宏太郎 教授/歯学部長

1984年昭和大学歯学部卒業 、1989年昭和大学大学院歯学研究科博士課程修了。過去にはUCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の客員教授を経験し、現在も学生と定期的に交流会を行うなど後進の育成と知識の習得に注力。医療工学分野の開発者としても活躍中。