全国のドクター8,717人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年12月06日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. めやにがでるの原因と考えられる病気一覧
  4. ものもらい(麦粒腫)
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. ものもらい(麦粒腫)
015

こちらの記事の監修医師
新家 眞 院長

ものもらい(ばくりゅうしゅ)ものもらい(麦粒腫)

概要

まぶたにある汗や脂を出す腺に細菌が感染し、まぶたが赤く腫れる病気。一般的には「ものもらい」と呼ばれる。麦粒腫は細菌感染による急性の化膿性炎症で、混同されることが多い霰粒腫(さんりゅうしゅ/脂を出す腺が詰まって、しこりができる病気)とは症状も原因も異なる。まつげの毛根や汗を出す腺が細菌感染を起こした場合を外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)、まぶたの裏にあるマイボーム腺(涙が枯れないように脂質を分泌する器官)が感染を起こした場合を内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)と呼ぶ。 

原因

細菌に感染することで起きる。原因となる細菌の多くは黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌で、健康な人の喉や鼻の穴、皮膚、毛髪に常在しているもの。黄色ブドウ球菌は化膿した傷にいることも多い。生活する上でどこにでもいる細菌が、目にけがをしたり、病気などで抵抗力が落ちたりしたときなど何らかの理由によって感染し炎症を起こすため、他人に感染する危険性は少ない。糖尿病などの病気が原因で起こりやすいこともある。 

症状

初期段階では、まぶたが炎症を起こして赤く腫れ、軽度の痛みやかゆみを生じる。充血する、目がゴロゴロする、まぶた全体が腫れる、目やにが出るといった症状も出ることがある。症状が進行すると患部が化膿して、赤み、腫れ、痛み、かゆみがひどくなる。さらに、自然に皮膚が破れて、膿が出ることもある。膿が出ると、その後は回復に向かうことが多い。 

検査・診断

症状が目で見てわかるので、視診で診断が可能。まぶたの赤みや腫れ、うずくような痛みなどがあれば、麦粒腫の可能性が高い。ただし、まぶたが腫れたり痛みを生じたりする目・皮膚の病気は多いため、麦粒腫以外の病気との鑑別を慎重に行う。感染した細菌の種類を特定するために、細菌検査が行われることもある。 

治療

抗生物質の点眼薬や眼軟膏で治療する。点眼薬、眼軟膏では改善が期待できない場合、抗菌作用がある内服薬なども使用される。化膿が進行し、腫れがひどい場合には、患部を切開するか、注射針で突いて膿を出す。膿がなくなれば、症状は自然と回復へ向かうが、しこりが残ることもある。しこりが大きい場合は手術で切除する。痛みがひどいときは患部を冷やす。 

予防/治療後の注意

まぶたが細菌感染を起こして発症するため、汚れた手で目をこするなどしないことが大切。常に目の周りを清潔に保つことで予防できる。洗顔後に顔を拭くタオルなども清潔なものを使う。コンタクトレンズを使用している場合は、レンズの洗浄やケアをしっかりと行い、細菌や汚れを落とすように心がける。 

015

こちらの記事の監修医師

公立学校共済組合 関東中央病院

新家 眞 院長

東京大学名誉教授、埼玉医科大学客員教授、東京医科大学客員教授。 1974 年東京大学医学部卒業、同大大学院医学研究科教授。