全国のドクター9,028人の想いを取材
クリニック・病院 160,848件の情報を掲載(2022年5月23日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 胸にしこりがあるの原因と考えられる病気一覧
  4. 乳腺症
  1. TOP
  2. 呼吸器・胸の病気一覧
  3. 乳腺症
016

こちらの記事の監修医師
東邦大学医療センター大橋病院 婦人科
田中 京子 先生

にゅうせんしょう乳腺症

概要

30~50代によくみられる良性疾患で、女性ホルモンのバランスが崩れることによって乳腺に起こるさまざまな病変の総称。「乳がん」や「乳腺炎」のように個別の名称がある疾患は含まれない。乳腺の病気の中で発症数が最も多く、良性である。しこりや痛みがあり、乳がんと間違われることが多い。女性ホルモンの影響を強く受けるため、卵巣からのホルモン分泌が増える月経前には症状が強くなり、月経が終わると和らぐのが特徴。大半は、閉経を迎え、卵巣機能が低下することで自然と症状が緩和される。乳腺症と乳がんは関係ないが、乳がんの発症年齢とほぼ同じなため、十分な検査を受ける必要がある。

原因

月経や妊娠に関連し、体内に分泌されるエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンの影響により生じる。そのため、乳腺症の症状は月経周期に大きく左右される。月経周期による女性ホルモンの変動はどの女性にも見られる生理的現象だが、乳腺の反応が強く、しこりや痛みを伴うものが乳腺症である。特に乳腺症と関係があるエストロゲンが多く出ると、乳管とその周りの結合組織(間質)を刺激してしまう。そのため、間質内の血流がおよそ3割ほど増えることで、乳房が張った状態になる。間質が特に激しく増えることで、触れて分かるほどのしこりのようなものが出現する。

症状

表面に、触って分かるほどのデコボコするしこりや張り、痛みが乳房に現れることがある。しこりの境界がはっきりせず、乳がんと勘違いしやすいが、乳がんのしこりは痛まないのが一般的である。しこりと痛みは月経周期によって強弱があることも多く、月経前に痛みが強くなり、月経が始まると弱まる傾向がある。また、乳頭から透明もしくは乳白色の分泌物が出ることもある。痛みの程度は個人差が大きく痛みをほとんど感じないという人もいれば、少し揺れたり触れたりするだけでも痛みが走るという人もいる。痛みが強くなると、月経周期に関係なく痛むことも。

検査・診断

乳がんとの区別をつけるため、乳がんの検査と同様の手順を踏む。まず問診・触診・視診でしこりの有無を確認し、マンモグラフィ(乳房のエックス線検査)と超音波(エコー)検査を行う。マンモグラフィでは腫瘍や石灰化の有無がわかり、乳房全体の診断が可能。エコーはマンモグラフィに写らない小さなしこりを見つけることが可能。レントゲンでは、正常乳腺と比べて白っぽく、すりガラス状や綿毛状に見えるのが特徴。エコーでは白と黒のまだら状に見えたり、大小さまざまな大きさののう胞が見えたりする。マンモグラフィやエコーでは発見できず、造影MRI検査で病変が発見されることもある。針を刺して細胞を吸引し、顕微鏡で観察する細胞診や、乳腺の一部を切除し顕微鏡で調べる乳房生検などを行うこともある。

治療

検査をし、マンモグラフィやエコー、造影MRI検査により悪性の疑いがなく、乳腺症であると確定診断された場合は、痛みに対する対症療法を行う。乳腺症は病気とはみなされず、あくまで正常の変化から逸脱した状態であるため、積極的な治療は行わない。そのため、痛みなどの症状があまりない軽度の場合には経過観察を行う。痛みが強い場合には、ホルモン分泌を抑制する薬を用いることもある。また大きなのう胞の場合には、注射器で水を抜く処置を行うこともある。ブラジャーのサイズや脂肪の取り過ぎに気をつけることで痛みが軽減されることもある。

予防/治療後の注意

早期発見のためには、定期的に乳がん検診を受けることが大切。また日頃から、しこりや痛みなどがないか乳房の自己検診をする習慣を身に付け、「おかしいな」と思ったら、すぐに医師に相談すること。乳がんとの区別がつきにくいが、乳腺症と診断されたことがあるから大丈夫だろうと自己判断しないこと。1年に1回など頻度を決めて検診を受けることで万が一の事態を防ぐことができる。

016

こちらの記事の監修医師

東邦大学医療センター大橋病院 婦人科

田中 京子 先生

慶応義塾大学卒業後、同大学病院、国立病院機構埼玉病院産婦人科医長を経て、東邦大学医療センター大橋病院の准教授へ就任。日本産婦人科学会産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医の資格を持つ。