病気・けがを知る

胃潰瘍の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。胃潰瘍について正しく理解しましょう。

胃潰瘍いかいよう

胃潰瘍とは

胃の粘膜がただれ、傷ついた状態のことをいう。胃液と胃壁を守る粘液の分泌量のバランスが崩れることで起こる。ピロリ菌のほか、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による副作用、喫煙、ストレスによる胃酸の過剰分泌などが原因となる。

症状

みぞおちから左の脇腹にかけての鈍い痛みが主な症状で、吐き気や胸焼け、食欲低下を伴うこともある。また、胃が出血を起こしている場合、吐血したり黒い便(タール便)が出たりするケースもある。

診断内容

問診のほか、発泡剤で胃を膨らませてエックス線写真を撮影する「エックス線造影検査」や、胃の内視鏡検査、ピロリ菌の感染を調べるための血液検査、胃がんとの識別のために行う生体検査などによって、確定診断を行い原因を特定していく。

治療内容

胃に出血が見られない場合は、薬による治療を行う。胃の血流を良くする薬、胃粘液の分泌量を増やす薬や粘膜を保護するための薬、胃液の分泌を抑える薬などを服用。またピロリ菌の感染が認められるケースでは、その除菌を行う。さらに、抗ステロイド性炎症薬を服用している場合は服用を中止し、経過を観察していく。胃からの出血があるときは、内視鏡による治療が主で、止血剤を出血箇所に注射するほか、患部に小型のクリップをかけたり、レーザーで患部を焼灼したりといった止血の処置を行う。

予防方法、治療後の注意

治療後に自分の判断で薬の服用をやめると再発の可能性が高まるため、医師の指示通りに薬を飲むことが大切。また定期的に胃の内視鏡検査を受け、再発がないかをチェックすることも重要。さらに、アルコールやカフェインなどの刺激性の強いものの摂取を控える、1日の食事を4~5回に分ける、ゆっくりと時間をかけて食事をするなどの食事療法も、再発を防ぐためのポイントとなる。

初診に適した診療科目

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

消化器内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細