全国のドクター9,353人の想いを取材
クリニック・病院 161,009件の情報を掲載(2021年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 下腹部が痛いの原因と考えられる病気一覧
  4. クラミジア感染症
  1. TOP
  2. おなかの病気一覧
  3. クラミジア感染症
016

こちらの記事の監修医師
東邦大学医療センター大橋病院 婦人科
田中 京子 先生

くらみじあかんせんしょうクラミジア感染症

概要

日本で最も多い性感染症(STD)で、クラミジア・トラコマチスという細菌によって起こる。性行為によって女性の子宮頸管や男性の尿道、喉の粘膜などに感染するケースが多い。女性は症状が出にくいことが多く、約80%が無症状であるため自覚しにくい。そのため感染に気づかずにいるとパートナーにうつしてしまう可能性もあるほか、不妊症や流産、子宮外妊娠などの原因にもなる。また、母親がクラミジアに感染していると新生児が産道から感染する場合もある。特に10~20代の女性に感染者が増えていて、20代では20人に3人、10代では10人に3人がクラミジアに感染しているという報告もあり、女性の性感染症の中で最も多い。

原因

クラミジア・トラコマチスという細菌が粘膜から侵入し、尿道や子宮頸管、咽頭、直腸などにある円柱上皮細胞と呼ばれる部位に伝染することで起こる。クラミジアに感染している保菌者と非保菌者との間でのキスや性行為による粘膜や分泌物との接触で感染する。感染しても症状が出ない無症候性感染の状態のまま菌を持ち続けているケースもあるため、感染に心あたりがない場合、過去に性交渉を持った相手が保菌者であることが原因として疑われることもあり、感染経路を特定するのが困難なことも多い。また、分娩時に新生児が産道を通ることで母子感染を起こすケースもある。クラミジアは細胞内でしか増殖ができない細菌で空気中や水中ではすぐに死滅してしまうため、粘膜や分泌物との接触以外で感染する可能性は極めて低い。空気感染はもちろん、感染者と同じプールや温泉などに入ることが原因で感染する心配はない。

症状

男性は尿道に感染が起こることが多く、尿道のむず痒さや不快感、排尿痛、粘り気の少ない膿が出るなどクラミジア性尿道炎の症状が出る。その他、副睾丸(精巣上体)の腫れや圧痛、発熱などが起こる場合もある。女性の場合は子宮入口にある子宮頸管に感染し、クラミジア性子宮頸管炎を引き起こす。感染後1~3週間でおりものの増加や生理痛に似た下腹部の痛み、不正出血、性交痛などの症状が現れることもあるが、多くの場合は症状がほとんどないか、症状があってもごくわずかのため自覚しにくい。感染が子宮から卵管へ進むと卵管炎を起こして卵管が閉塞したり、骨盤まで感染が広がると骨盤内炎症性疾患を起こすことがある。まれではあるがクラミジアが眼に感染し、結膜炎を引き起こすことも。

検査・診断

男性はクラミジアが尿道に感染するため尿検査を、女性は排尿器官ではなく子宮へつながる器官にクラミジアが感染するため、子宮頸部の分泌物や腟分泌物を採取して検査を行う。クラミジア特有の遺伝物質が検出されればクラミジアと診断される。また、同時に感染が起こることが多い淋菌感染症も同じサンプルで検査することができる。

治療

男性も女性も、クラミジアを起こす細菌に効果のある抗菌剤を1~7日間服用する。パートナーに感染させる、あるいはパートナー間で感染させ合う(ピンポン感染)おそれがあるため、治療が終了するまでは性交を控え、パートナーも同時に検査・治療を受けることが重要。また、治療中に飲酒すると治療効果が下がるほか、薬の内服中でも新しい性交渉を持つと再感染する可能性がある。クラミジアは治療せずに放置すると1年くらいで症状が消えることがあるが、慢性の腹痛や卵管の閉塞など合併症のリスクは高くなる。

予防/治療後の注意

予防にはコンドームを正しく使用することが有効。また、不特定多数や感染が疑われる相手との性行為を避けることも重要だ。クラミジアは感染しても気づかないまま進行し、治療しないでいると感染を拡大させたり不妊症になったりする可能性が高い。おりものの異常に気づいたり、複数のパートナーがいる人、妊娠を望む人はクラミジア検査を受けるようにする。

016

こちらの記事の監修医師

東邦大学医療センター大橋病院 婦人科

田中 京子 先生

慶応義塾大学卒業後、同大学病院、国立病院機構埼玉病院産婦人科医長を経て、東邦大学医療センター大橋病院の准教授へ就任。日本産婦人科学会産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医の資格を持つ。