全国のドクター8,918人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 新宿駅
  5. 医療法人社団七海会 あおぞらクリニック新宿院
  6. クラミジアや淋病、梅毒などの性感染症即日の検査と治療に対応

クラミジアや淋病、梅毒などの性感染症
即日の検査と治療に対応

あおぞらクリニック新宿院

(新宿区/新宿駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

主に感染者との性行為により感染してしまう性感染症。自分がかかっているのではないかと不安になったことがある人もいるかもしれない。「何かしらの心あたりがあるときには速やかに検査を受けると同時に、必要なら適切に治療をすることが自分、そしてパートナーを守ることにつながります」と話すのが「あおぞらクリニック新宿院」の内田千秋理事長だ。新宿駅東口から徒歩1分にある性感染症を専門とする同院では、即日の検査や治療に対応していることに加え、自由診療で行っていることから匿名性を保ったままの検査や咽頭と性器の同時検査が可能。そういったメリットを生かした診療により、患者の不安や悩みを解消することをめざしているという。同院の性感染症の診療について、内田理事長に詳しく話を聞いた。

(取材日2021年6月21日)

幅広い性感染症に対し、自由診療のメリットを生かした検査や治療を実践

Qこちらでは、どのような性感染症の診療を行っていますか?
A
1

▲性感染症においても予防が最も重要と話す内田理事長

当院では、基本的にほぼすべての性感染症の検査や治療に対応しています。具体的には、性器と咽頭のクラミジア感染症と淋病、HIV、後天性免疫不全症候群(エイズ) 、梅毒、性器ヘルペス、カンジダ症、高リスク型HPV・低リスク型HPV、尖圭コンジローマ、マイコプラズマ・ウレアプラズマ、トリコモナス、一般細菌、A型肝炎とB型肝炎、C型肝炎などです。多いのは性器のクラミジア感染症と淋病。そして、最近増えていると話題になっているのが梅毒です。これらは、感染力が強くキスでもうつるので要注意です。しかし、性感染症は基本的に粘膜接触などの性的な接触で感染するので、握手やドアノブなどからうつる心配はまずないでしょう。

Qこちらのクリニックで性感染症の検査を受けるメリットは?
A
2

▲検査を通した早期発見が重要

自由診療で行っているので匿名で検査ができ、受診したことが会社や家族に知られる心配が少なくなります。加えて、新橋院に隣接する登録衛生検査所に検査を委託しているので、精度の高い検査が望めます。結果は、いくつかの検査を除いて当日中に患者さんが専用ウェブサイトで確認することができます。また、クラミジア感染症と淋病などには、保険診療ではできない咽頭と性器の検査を同時に行えます。さらには、男性と女性で待合室や診察室を別にするなど異性の患者さんと顔を合わせることがない動線を確保し、受診しやすいよう配慮しています。なお、薬を処方するときは法律上、お名前を伺います。

Qクラミジアと淋病は、なぜ咽頭と性器両方の検査を行うのですか?
A
3

▲徹底された衛生管理の中で検査を実施

クラミジア感染症と淋病は、性器と咽頭の両方に感染します。しかし、それらの菌は体の中で循環しているわけではありません。体内を循環している菌であれば、どちらかの検査だけでこと足りますが、咽頭だけ、あるいは性器だけに感染しているという可能性がありますから両方を検査して、どちらも陰性であることを確認する必要があるのです。クラミジア感染症や淋菌に感染すると尿道炎や咽頭炎などになりますが、咽頭の感染では男女ともに約9割の人に症状がないといわれていますので、片方の検査だけをして陰性だからと安心していると、人にうつしてしまう可能性もあります。そのため、両方を同時に検査をすることは非常に重要だと考えています。

Qほかの病気についても教えてください。
A
4

▲性感染症の検査ができる体制を整えている

皆さんが心配な病気の一つがHIVだと思います。HIV感染で発症する後天性免疫不全症候群(エイズ)は、一昔前は命に関わる病気でしたが、今は必ずしもそうではありません。感染しても早期に見つけ適切に対応すれば、エイズを発症せず一生を過ごすことも望めます。一方で、ずっと感染に気づかずエイズを発症して初めて気づく、いわゆる「いきなりエイズ」のケースもあります。あとヘルペスは、現在根治はできないものの基本的に命に関わるものではなく、生活習慣を調整し発症をコントロールしていくことが可能です。性感染症に限りませんが、早期に発見して適切に対処することが大切ですので、心配なときには積極的に検査を受けましょう。

Q性行為で注意すべきことはありますか?
A
5

▲診察中の会話は待合室には聞こえないようになっている

オーラルセックスは性行為ではない、あるいは病気がうつらないので大丈夫だと思っている人がいます。しかし、咽頭の性感染症は9割の人に症状が出ないといわれることから感染に気づいてないことも多く、咽頭から咽頭はもちろん、咽頭から性器、その逆でも感染します。その結果、相手に病気をうつしてしまうことがあります。普通のセックスのときにはコンドームを使用していても、オーラルセックスのときには使用しないという人もいることを考えると、オーラルセックスはむしろ危険だとも言えます。コンドームを使用することで、すべてではありませんがかなりの性感染症の予防が期待できますので、性行為の際は常に使用することが大切です。

ドクターからのメッセージ

内田 千秋理事長

当院は新橋院に登録衛生検査所が隣接しているため、迅速で精度にこだわった検査を提供することが可能です。これはクリニックでは珍しい当院の大きな特徴だと考えています。また、特に症状はないけど性病が心配という方には、当院でできるすべての性病検査が含まれたセットやブライダルセット、特に重篤になりやすいHIVと梅毒、B型とC型の肝炎の4つの血液検査のセットもご用意しています。性病は、ほかの病気と同じように早期に発見することが重要です。自分、そしてパートナーを性病から守るためにも、不安があるときには早めに検査を受けることをお勧めしますし、当院にもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

性病検査(20種類)7万7000円、ブライダルチェック検査(16項目)5万5000円、血液検査セット(HIV即日、梅毒、B型肝炎即日、C型肝炎即日)2万2000円 ※個別の検査費用に関しては医療機関ホームページをご参照ください。

Access