いしかわ内科クリニック

いしかわ内科クリニック

石川雅院長

頼れるドクター

専門医のもとで無理なくおいしく健康に!
「糖尿病料理教室」

いしかわ内科クリニック

21879 hr 1 title 1337736048

朝食を抜いて昼にどっさり食べる。濃い味が好きなので、塩はたっぷり。脂っこいものに目がない。普段何気なく食べているものが蓄積して蓄積して、やがて……。別に脅かすわけではないのだが(笑)、そうしたアンバランスな食生活が糖尿病の大きな原因となる。生活習慣病の一種と考えられる糖尿病。だからこそ、食事や運動などライフスタイルそのものを見直し、健康な生活習慣を継続的に行っていくことが、治療の鍵となる。食事療法というと、食べたいものを食べられなくなるんじゃないかと心配する人も多いと思うが、糖尿病食はそんなマイナスイメージを払拭してくれるかもしれない。今回の検診レポートでは、「糖尿病料理教室」を行っている「いしかわ内科クリニック」を紹介する。石川 雅先生はじめ、糖尿病療養指導士資格を持つ管理栄養士の皆さんを直撃! 食を通じた糖尿病との向き合い方、そして、無理なくおいしく楽しい食生活を定着させるコツをたっぷりご紹介する。(取材日 2012年4月23日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

糖尿病食ってどのようなものですか?

特別なものではありあません。「健康食」と捉えてください。糖尿病は血糖が高くなる病気。食事療法により血糖を上げないようにコントロールする必要があります。ごはんなど血糖値を上げやすい炭水化物の摂取や、脂質、食塩の取りすぎには要注意。患者さんの身長、体重、運動量などによっても必要なエネルギーは違いますが、3食の食事のタイミング、量、栄養素、これらのバランスをとって健康的な食生活を継続することが大事だと考えられています。

参加するにはどうしたらいいですか?

参加対象は、当院で診察、栄養指導を受けている患者さんとそのご家族で、毎回10人前後の方が参加しています。年間5回、月末の水曜日に当院の待合室で開催していて、所要時間はおよそ2時間です。季節に合った献立をご紹介し、実際に調理や試食をしていただきます。ランチを食べに来る感覚で気軽に参加していただければうれしいですね。

どのようなメニューを教えてくれるんですか?

例えば、春には、行楽シーズンということで、「お弁当でバランス食」。夏は暑さ対策として、「麺料理と水分補給」。秋は、「食欲の秋に備えて。秋の味覚食べ過ぎ注意報」。暴飲暴食になりがちな年末年始には、「低カロリー減塩をめざしたおせち料理」。寒さ厳しい冬には、「あったか鍋料理。鍋料理の利点・欠点」。このように、旬の食材を使って、季節に合ったテーマで献立を組み立て、ご紹介しています。

検診・治療START!ステップで紹介します

受付〜血糖値測定〜糖尿病専門医による講話

まず採血して血糖値を測定。この料理教室でこれから体験する食事や運動によってどれだけ体が変化するのか、そのビフォー・アフターを実感してもらうために血糖値の測定が必要になる。次に、糖尿病専門医の石川 雅先生が登場し、いよいよ料理教室START!食事や運動などを通じて、日常生活のなかで糖尿病と上手に付き合うポイントをお話。

管理栄養士による講話〜レシピ説明

糖尿病療養指導士資格も持つ管理栄養士によるレクチャータイム。今回のテーマは「お弁当でバランス食」。1食量に合った大きさの弁当箱を選び、バランスのとれた詰め方のコツなどを紹介。エネルギー源となる主食(ごはん)を弁当箱の半分のスペースに、そしてもう半分のうち、1/3を主菜(豆、卵、魚、肉などたんぱく質のおかず)、2/3を副菜(ビタミン・ミネラルとなる野菜のおかず)とするのが理想的。

調理実演〜ごはん計量・盛り付け〜試食

調理実演はメイン料理のポイント、また健康食には野菜のおかず(副菜)が大事ということで常備菜としての野菜料理のデモンストレーションを行う。さらに健康食には視覚マジックが重要! 主菜も、野菜やきのこ、海藻などを混ぜることでかさを増すのがコツ。今回の主菜、豚肉のロールソテーでも野菜をうまくとり入れ、実際の量より多く見せる工夫を。参加者自身が、ごはんの計量(主食量の確認)やおかずの盛り付け、弁当箱へ詰める作業を実践することで、自分が食べる量を実感。そして試食。

医師、管理栄養士、看護師によるパワーポイントを使った講話リレー〜運動実践

試食の後には、医師や管理栄養士、看護師の講話。糖尿病が引き起こす3大合併症の話などを。自分の食べた量を実感した後だけに「食生活を見つめ直さないと」とモチベーションを高める参加者も多い。糖尿病治療には食事だけでなく、運動も重要なカギとなる。健康運動指導士が、ストレッチ、呼吸法、ウオーキングなど簡単にできる運動と運動のタイミングをレクチャー。

血糖値測定!

食事をした直後はグーンと血糖値が上がるもの。これを、食事・食後の運動でコントロールすることが糖尿病治療の第一歩なのだ。糖尿病料理教室で、バランスのとれた健康食を食べ、運動もバッチリした結果はいかに? 再度、血糖値を測定し、食事と運動に意識を向けることがいかに大切かを実感。

ドクターからのメッセージ

石川 雅院長

生活習慣病のひとつである糖尿病。食生活の乱れや運動不足など、リズムの崩れたライフスタイルを送る人が多い現代では、いまや日本人の6人に1人、40歳以上の男性では2人に1人が糖尿病患者か、その予備軍だといわれています。糖尿病は、網膜症、腎症、神経障害といった合併症や、心筋梗塞や脳梗塞につながる可能性もありますので、それを防ぐためにも血糖を正常な状態にコントロールする必要があるわけです。まず、食事と運動という切り口で生活習慣を見直すことが大事。その一環として、管理栄養士がメニュープランを組み立て実践していただいたり、患者さんが普段召し上がっているものを書きとめてもらいカロリーなどを算出したりしていますが、管理栄養士が組み立てたメニューと、実際に患者さんが食べているものの量ってどうしても差が出てしまうんですね。ですから、患者さんが実際に糖尿病食を盛り付けて、味わってもらったほうが、より感覚をつかんでいただけるだろうということで、この糖尿病料理教室を始めました。STEP3にあるように自分が食べる量を知ることで感じる「なるほど!」が、食生活を意識するきっかけになる。その動機づけになればいいですね。

読者レポーターのメッセージ

相澤正泰さん

石川先生には昨秋からお世話になっていて、料理教室は3回目の参加。毎回とても勉強になりますね。日頃からわりと料理はしますが、何せ大ざっぱな性格で……。管理栄養士さんみたいに何グラムって細かく計るとかはできないけど、食材や調味料に関してこういうのをこれぐらいの量使えばいいんだって、目の前で教えてもらえるのがおもしろい。見た感じ、「塩そんなに少なくて味薄くないの?」と思っても、実際食べてみるとちょうどよかったり。食に対する感覚が変わりましたね。習ったことを普段も生かしてます。海藻やきのこを食べなさいと言われるので、試行錯誤の末考えついたのが、鍋料理。切ったり炒めたりって面倒なので、じゃあそのまま入れちゃえ、と(笑)。味気ないからもやしとかきのことか、かさは出るけどカロリーは少ない食材を使って。きのこにしても、えのき、えりんぎ、しめじ……いろいろありますから工夫するようになりました。そういう知識をここで教えてもらいました。無理なく続けられるのは大きいですね。見てください、このズボン。去年(2011年)の10月に買ったものですが、スカスカです。これからも無理なく楽しく健康食を楽しみます。

記事更新日:2016/12/21
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細