全国のドクター9,201人の想いを取材
クリニック・病院 158,634件の情報を掲載(2024年4月24日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 日野市
  4. 豊田駅
  5. いかわデンタルクリニック豊田
  6. 井川 浩海 院長

井川 浩海 院長の独自取材記事

いかわデンタルクリニック豊田

(日野市/豊田駅)

最終更新日:2023/12/27

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田 main

JR中央線・豊田駅から徒歩3分の「いかわデンタルクリニック豊田」。穏やかで丁寧な語り口の井川浩海院長は口腔外科出身で、欧米基準の治療を求める患者が多く集まる都内の歯科医院で研鑽を積み、2022年11月に同院を開業。月の満ち欠けをモチーフにしたロゴに合わせて、天井の高い待合室では月を見上げるような雰囲気を演出。院内は、月の持つやわらかなイメージと合わせてナチュラルな雰囲気でまとめられている。老若男女、幅広い層の患者が通う地域のかかりつけ医をめざす井川院長に、治療スタイルやポリシーなどさまざまな話を聞いた。

(取材日2023年11月8日)

幅広い層が通う地域のかかりつけ医に

歯科医院の患者層について教えてください。

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田1

2022年の開業時には内覧会を開催し、たくさんの方においでいただいたのですが、その後も定期的に通ってくださっている方が多く、地域の皆さんの予防意識の高さを感じています。年齢層も就学前のお子さんから90代の方まで幅広く来られています。インプラント治療や噛み合わせ診療、セラミック治療、ホワイトニングなど患者さんの要望に応えてさまざまな診療をさせていただき、とてもやりがいを感じていますね。ウェブで調べて来院していただく方のほか、患者さん同士の紹介で来られる方も増えてきています。また、私が口腔外科出身ということもあり、親知らずの抜歯も需要は多いですね。年齢に関係なく、60~80代の方でも「ようやく決心した」と抜歯に来られる方も珍しくありません。

口腔外科のご出身で、大学病院や都内外の歯科医院で研鑽を積まれたそうですね。

大学卒業後、山梨大学医学部歯科口腔外科学講座で医学博士を取得し、抜歯の難症例などさまざまな難しい治療に対応してきました。その後は都内などの歯科医院に勤務し、骨造成を伴うインプラント治療、親知らずの抜歯、セラミック治療、マイクロスコープを使った精密根管治療、食いしばりに対するマウスピースを用いた治療など、多彩な治療を専門的に行ってきました。外資系企業や大使館が集まる地域の歯科医院に勤務していた当時は、海外駐在員の方なども患者さんとして来られていたので、治療だけでなく説明、接遇など、さまざまな面で欧米基準のハイレベルな診療を求められました。他の先生方やスタッフ、患者さんからもたくさん学ばせていただき、診療スタイルの基礎を築くことができたと思っています。

家族で通う患者さんも増えているのですか?

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田2

はい。広いキッズスペースも用意しましたのでぜひご家族でおいでください。虫歯などのトラブルがない小さい頃から通っていただき、小さな処置で済む経験を重ねられれば、お子さんが歯科嫌いになる可能性を低くできるのではないかと思います。そのまま定期検診の習慣がつけば、将来大きな処置をせずに済むかもしれません。これまでの経験から、10代でお口のケアをしっかりできた方とそうでない方では、10年、20年後のお口の健康にかなり差が出る実感があります。

さまざまなツールでわかりやすい説明を

患者さんへの丁寧でわかりやすい説明を意識されているとか。

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田3

難しい言葉を使わずにわかりやすい説明を心がけ、説明用の画像や写真などをタブレット端末でご覧いただきながら説明しています。歯科用CTの画像はユニットの大型モニターで見られますし、治療前後には患者さんのお口の中の写真も撮影してご説明しています。百聞は一見にしかずというように、患者さんにどうしたら理解してもらえるか、納得して治療を受けてもらえるかを日々考えています。また、初診時にはなるべく45分から1時間程度のお時間をいただき、エックス線などの検査をして互いの理解を深めたいと思っています。

歯科口腔外科出身ということで親知らずの抜歯のほか、インプラント治療も得意とされているようですね。

かつて勤務していた歯科医院では、できる限り自院で対応する方針でしたので、一般的な歯科医院よりも多くの難症例に対応してきました。決して無理はしませんが、これ以上の治療は難しいと判断して諦めておられる方もぜひ一度ご相談ください。治療の進歩や私のこれまでの経験から、何か活路が見い出せるかもしれません。またインプラントは有用な治療方法ですが、患者さんごとに適した治療法は違います。埋入するインプラント体の本数を少なくして入れ歯と併用する方法もありますし、そもそもインプラント治療の前に噛み合わせのチェックも必要です。歯を失ったら絶対にインプラントを、ということではありません。抜歯は矯正の先生からのご依頼も多いですね。持病のある患者さんの抜歯については、主治医の内科の先生と連携を取って進めます。内科だけでなく整形外科、耳鼻咽喉科など必要に応じてネットワークを築きながら治療にあたりたいですね。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)としての取り組みをお聞かせください。

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田4

か強診届出済み歯科医院であることの患者さんのメリットとしては、虫歯予防のメンテナンスや歯周病治療を保険適用範囲内で受けられます。予防のために定期的に通われることで、口腔内のリスクをご自身で把握できるようになります。お口の中を変化なく保つことに価値を置く健康観が根づくかどうかは、将来的に大きな差になると思いますのでぜひメンテナンスにお越しください。滅菌体制など安全・衛生面についても、安心してご来院いただけるよう努めています。また、日野市は医療行政が充実していて、医療従事者の方々の意識の高さを感じます。他の歯科医院とも地域連携を取りながら患者さんに最適な医療を提供したいと考えています。

尊敬と感謝の心で行う診療

口の「開く量」にも着目されているそうですね。

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田5

「開口量」といいますが、お口が開く量が少ない方は、食いしばりや親知らずなどさまざまな要因からお口の力のバランスがおかしくなってしまっていることが多いのです。お口がきちんと開かないと知覚過敏になったり歯が割れたり、いろいろな弊害があります。またあまりにも開かないと抜歯などの処置ができないことも。最近は、新型感染症流行によるマスク生活でのコミュニケーションの減少、スマートフォン普及によるストレートネックなどが原因で、咬筋という噛むための筋肉に過剰な力がかかっている方が増えている印象です。私は勤務医時代から、この治療を専門的に行ってきました。患者さんご自身で気づくことは難しいですから、顎の動きなどを見て積極的かつ穏やかに患者さんにお伝えしていきたいと思います。

診療で心がけていることは何ですか?

歯科医院は積極的に行きたいところではないと思います。それでも来院してくださっていることに対し、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。治療ではできる限り歯を残したいと考えていますが、患者さん個人のライフステージやライフスタイルを踏まえて適切に治療の提案をしたいと思っています。大学病院勤務時代には余命わずかなご高齢の患者さんにも接してきましたし、小さいお子さんを含めたほぼ全世代の患者さんを診療してきました。例えば寝たきりになったとき、治療も困難な歯が残されていて、適切なケアもできず困ることもあります。また、改善の見込みのない治療に時間や費用をかけるのも問題でしょう。治療する場合、今後のことを見越した治療をご提案することも、私たち歯科医師の使命だと考えています。私たちも患者さんも頑張って治療したのに結局残せなかったというのは、あまりにも悲しいですからね。

治療機器についてもお聞かせください。

井川浩海院長 いかわデンタルクリニック豊田6

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入しましたので根管治療をはじめ、より精密な診断・治療へつなげることが可能となりました。これまでの歯科医師の勘や経験に頼った根管治療に比べ、再発リスクの低下が期待できると考えています。何度治療しても痛みが取れない、治療を繰り返してついに歯を失った、といったトラブルを防いでいきたいです。また、歯にレーザーを当てて虫歯などを調べる光学式う蝕検出装置も導入しています。口腔内の状況はエックス線なども用いて総合的に調べますが、特にエックス線を使用できない妊婦さんや、小さいお子さんでエックス線の影響が気になるという場合に役立てます。

読者へのメッセージをお願いします。

お口のお悩みを抱えていらっしゃる方は多いと思います。患者さんが問題を感じている場所の原因が、実はまったく違う場所にあったということは案外多いのです。お口の中というのは、毎日自分で見てケアしているものの、自分ではよくわからないところでもあります。気になることがあればぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/45万1000円~、骨造成/11万円~、ホワイトニング/2万1780円~、セラミック治療/6万6000円~

Access