こどもと女性の歯科クリニック

こどもと女性の歯科クリニック

岡井有子院長

新規開院

頼れるドクター

医療トピックス

顎全体の成長を促し
小児矯正で口呼吸や姿勢の改善も期待

こどもと女性の歯科クリニック

自由診療

Main

「こどもと女性の歯科クリニック」では、顎全体をつくっていく矯正を行うことで、子どもの自然な歯並びと全身の発育をサポートしている。「一番の理想は、お母さんが妊娠中からケアをして、胎児の時からお口の生育をサポートすること」と岡井有子院長は話す。産婦人科の看護師の経験があり、幅広い知識と技術を持つ岡井院長に、同院で行う矯正や顎顔面口腔育成療法、子育て中の母親のためのプログラムについて話を聞いた。(取材日2018年5月8日)

子どもの口の形状を本来の形に導き、自然な歯並びに

クリニックで行っている矯正の特徴を教えてください。

1 ▲噛み合わせは歯が生える前から気をつけるのが理想だという 顎全体の成長を促し、自然な噛み合わせをつくっていきます。まだ歯が生えていない赤ちゃんでも、型を採ると将来の歯列がある程度予想できるため、0歳からでも始められますよ。最近は口呼吸の子どもが増えていますが、その一因として顎や顔面中央部の成長が不十分で気道が狭いことが考えられます。下顎の後方には舌骨(ぜっこつ)という骨があるのですが、舌骨は筋肉で覆われているため、全身の筋肉が凝り固まると舌骨の周囲の筋肉も凝って縮まります。それに伴い舌骨や下顎が下に下がることで、気道が狭くなってしまうのです。当院では口から首まで撮れるCTを導入しているため、気道の状況を目で見て治療を進めることができます。

具体的には、どのように行うのですか?

2 ▲通常は口までしか見られないものを首まで見られるようにしたCT 本来、お口周りの筋肉と舌の位置のバランスがとれたところに歯が生えてきます。例えば唇の筋肉が強すぎると、歯と歯がギュッと詰まったような歯並びになったり、1本だけ違う方向に生えてしまったりといったケースがあります。そこで、最初に行っていくのは、お口周りの筋肉のバランスを整えること。床矯正装置に似たプレートを作り、お口に装着した状態で、上下の歯を正しく合わせて噛む練習を行います。これを続けることで、お口の周りの筋肉や舌の位置を整え、本来の噛み合わせにつなげていきます。早い時期に始めれば始めるほど、この方法で自然な歯並びになることが可能です。

噛む練習を行って噛み合わせが改善しない場合は?

3 ▲模型やオリジナル資料を使いながらわかりやすく説明してくれる 顎顔面口腔育成療法を行います。これは、顔の外側からつける装置と、お口の中につける装置を用い、上顎を上に上げて前に出すことで、顔面中央部の骨格の成長を促す治療です。受け口など不正咬合があるケースでも改善が望めます。顔面中央部が十分に成長すると気道が広くなる可能性が高いので、鼻が詰まるといった症状の改善も期待できますし、本来の正しい呼吸がしやすくなります。加えて、お口の中に歯が並ぶスペースが確保でき、噛み合わせの改善にもつながります。6~12歳頃までに始めることで、骨の成長を利用できるため改善がみられやすく、治療期間も2年半~3年で済むことが多いです。

どんな人が受けると良いですか?

4 ▲患者目線でつくられた資料 歯並びを良くしたい場合はもちろん、いつも口をポカンと開けている、鼻づまりや中耳炎を繰り返している、風邪を引きやすい、姿勢が悪い、いびきをかく、歯ぎしりをする、いつも眠そうで集中力がない、笑った時に上の歯茎が大きく見えてしまう「ガミースマイル」である……お子さんのこんな症状に悩むお母さんもぜひご相談ください。顎の形状や噛み合わせが良くなることで気道の通りが良くなって呼吸がスムーズになり、全身の健康上の悩みも改善に向かう可能性があります。さらに、顎の関節がきちんと動いていると、姿勢が良くなったり、脳の機能が向上したりすることもあるといわれています。

お母さんのケアにも力を入れているそうですね。

5 ▲子育ての相談や女性ならではの悩みも気軽に相談できる 子どもの矯正も大事ですが、本来の順番からすれば、お母さんの妊娠前・中・後のケアが大切です。私は歯科医師になる前、産婦人科の看護師をしており妊婦さんのエコー写真を数多く見てきたのですが、子宮の形がまん丸の人と、三日月のようにゆがんでいる人がいて、不思議に思っていました。そして歯科医師になり、赤ちゃんのお口の形のゆがみはおなかにいるときの環境が関わっているかもしれないと考えるようになったのです。そこで、ご自宅でも取り組んでいただける体操や、骨盤のバランスを整えるさらしの巻き方、その他、看護師の経験と歯科医師の立場から、抱っこの仕方やおっぱいの飲ませ方、枕の種類や寝かせ方などもアドバイスしています。

料金の目安

口腔トレーニング法/20万円~(3歳から) 顎顔面口腔育成療法/70万円~(5歳から)

ドクターからのメッセージ

岡井有子院長

子どものお口の生育は、子ども自身の向き癖やお母さんの生活習慣ひとつで変わってきます。当院では、そのことをより多くの女性に知っていただくため、お子さんとお母さんのための多彩なプログラムを用意しています。食生活や運動習慣、普段の姿勢をはじめ、あらゆることがお口の健康ひいては全身の健康につながっているということをお話しし、妊娠中に自宅でできる体操や、乳児の抱き方、マッサージの仕方、離乳食の作り方など具体的にアドバイスするほか、相談も随時受けつけていますよ。また子育て中のお母さんのための歯の精密検査やお口のエステも行っており、最近増えている食いしばりもしっかり診させていただきます。ぜひご相談ください。

Access