アーク歯科・矯正歯科

アーク歯科・矯正歯科

吉田哲也院長

頼れるドクター

医療トピックス

早くて正確、自然な白さを取り戻す
最新の審美治療システム”セレック”

アーク歯科・矯正歯科

13631 mt 2 title 1316677771

これまで、歯科技工士によって一つ一つ手作りされていた歯の詰め物や被せ物。今やコンピュータであっという間に作ることができるという。25年前ドイツで開発された「セレック」は現在、欧米を始め多くの医療先進国で普及し、日本でも多くの歯科医師が注目している最先端の審美治療システムだ。このセレックを導入したばかりという「アーク歯科・矯正歯科」にお邪魔し、吉田哲也院長にセレック治療の内容や、メリットについて詳しく語っていただいた。(取材日2011年8月2日)

最新の審美治療システム「セレック」。そのメリットや特徴を教えてください。

「セレック」とはどのようなものなのですか?

13631 mt 2 q1 1316677771 ▲3Dカメラを使って、削った後の歯を撮影(スキャン)する セラミックの修復物、つまり虫歯治療で用いる詰め物や被せ物を院内でつくるシステムを言います。患部の歯を3Dカメラでスキャンし、コンピュータ画面上で修復物を設計。その設計データをもとに、ミリングマシンと呼ばれる機械でセラミックブロックを削り出し、修復物を作製していきます。従来、このような修復物は、まず型取りをして技工所に外注し、技工士さんに作製してもらうのが一般的でした。しかし、この最新のセレックシステムがあれば、それらの工程を院内ですべて行うことができるのです。しかもその日のうちに作製からセットまでできるんですよ。もともとセレックは、ドイツ生まれのシステムでもう欧米諸国ではもう20年以上も前から一般的に普及しています。日本でも10年ほどで徐々に広まってきました。当院ではセレックのなかでも治療精度が最も高い最新モデルを導入しています。

1日で被せ物や詰め物の治療が完了するのですか?

13631 mt 2 q2 1316677771 ▲設計データをもとに修復物を削り出すミリングマシーン はい。患者さんのお口の状態にもよるので一概には言えませんが、小さい詰め物でしたらわずか5分ほどで削り出せますので、全工程をあわせても1、2時間で完了することが可能です。技工所に作ってもらう場合ですと、完成までにどうしても日数がかかりますから、その間、患部には仮歯を入れたり、仮詰めをしなければなりませんでした。この仮歯、仮詰めですが、入れている期間は1週間ほどで短いものの、その間に雑菌が入りやすいという問題点があり、将来的に再び虫歯を引き起こす原因にもなっていたのです。なので、仮歯が必要ないセレックではそういった虫歯の再発リスクを抑えられると言えるでしょう。

詰め物や被せ物にセラミックがよいとされるのはなぜですか?

13631 mt 2 q3 1316677771 ▲歯の色に合ったセラミックブロックを選べるから自然な仕上がりに まず、審美的な点があげられます。修復物を削り出すセラミックブロックはさまざまな歯の色のバリエーションがあり、自分の歯に最も近い色を選ぶことができます。色だけでなく質感も天然の歯に限りなく近いため、治療後の仕上がりがとてもきれい。また、従来のセラミック修復物とセレックのセラミック修復物とでは、その強度も大きく異なります。技工所では「筆盛り」といって、水で溶いたセラミックを塗り重ねて歯の形を作っていきますが、一方セレックで用いるセラミックは、ブロック状に固めて焼成しており、純度も高く、強度・耐久性に優れています。とくに奥歯の被せ物や詰め物に、セレックは最適だと思います。

金属アレルギーの方にもセラミックはおすすめだそうですね。

13631 mt 2 q4 1316677771 ▲セレックによる精密な治療は、二次的な虫歯の防止にもつながる お口の中の環境は意外にハードで、酸性に傾いたりすると、イオン化といって金属が微量ですが溶けてしまうんですね。それが体の中に取り込まれ、アレルギーを引き起こすことがあるのです。また、金属はごく微量な電流が流れるので、「病気ではないけれど、なんだか疲れやすい、体がだるい」といった不定愁訴の原因にもなっていると言われているんです。それら金属の詰め物や被せ物をセラミック製のものに替えることで、アレルギーが治ったり不定愁訴が改善されることもあるんですよ。また熱いもの、冷たいものを食べたとき、お口の中の温度差で金属は伸びたり縮んだりします。そのため、接着剤のセメントがもろくなったり、歯との間に隙間が生じて二次的な虫歯の原因になることも。方や、セラミックは歯のエナメル質にすごく近く、熱による膨張率も歯とあまり差がないため、二次的な虫歯のリスクも少なくなります。

ドクターからのメッセージ

吉田哲也院長

セレックによる治療には、院内で完結できるので治療がスピーディーであること。コンピュータ解析による精度の高い修復物の作製が可能になったこと。アレルギーや虫歯再発のリスクが少ないこと。自然の歯に近い仕上がりが期待できること。と、数々のメリットがあります。治療は保険適用にはなりませんが、来院回数が少なくてすみますし、将来的に虫歯が再発するリスクが少ないことを含めて考えると、コストに見合った治療だと言えるでしょう。忙しくて治療に何回も通う時間が取れない方、金属アレルギーで悩んでいる方、白く自然な歯に戻したい方におすすめの治療です。

Access