全国のドクター8,725人の想いを取材
クリニック・病院 161,529件の情報を掲載(2019年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 目黒区
  4. 学芸大学駅
  5. アーク歯科・矯正歯科
  6. ギラリと光る装置が見えない「舌側矯正歯科治療」

ギラリと光る装置が見えない
「舌側矯正歯科治療」

アーク歯科・矯正歯科

(目黒区/学芸大学駅)

最終更新日:2018/05/01

13631 hr 1 title 1374112313 13631 hr 1 title 1374112313

世代を超えて矯正治療のニーズが高まっている今、なかでもひときわ注目を集めているのが、「舌側(ぜっそく)矯正歯科治療」。歯の裏側に矯正装置をつけるため、矯正していることが周囲にわかりにくいのが最大の特徴だ。全国に30人ほどしかいない日本舌側矯正歯科学会の認定医である「アーク歯科・矯正歯科」の吉田哲也院長に、安心して舌側矯正治療を受けるためのポイントを伺った。(取材日2011年4月12日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q舌側矯正のメリット、表側矯正との違いは?
A

一番大きいのは外見上の審美性です。舌側矯正では歯の裏側に装置をつけるため、外見的にはほとんどわかりません。プライベートやお仕事上、矯正装置が見えることに抵抗があるという方が希望されますね。あとは、舌の癖が治るということもあります。舌が矯正装置にあたらないようにコントロールしているうちに、自然と正しい位置に落ち着くんです。治療中には舌のトレーニングもあるんですよ。

Q舌側矯正治療にかかる期間や費用はどれくらい?
A

治療期間は舌側矯正も表側の矯正もほぼ同じで2年前後。抜歯をしない場合は1年未満で終わることが大半です。当院の治療費はトータルフィー制。矯正は患者さんの歯の動きによって、当初計画していた治療期間より長くなってしまうこともあります。そのたびに追加料金が発生するようでは、患者さんも安心して治療に専念することができませんから、最初に費用を明確にし、お約束した料金で安心して治療を受けていただいています。

Q痛みはありますか?また、矯正治療中は虫歯になりやすいって本当?
A

痛みは若干ありますが、詰め物や被せ物をした直後の少し窮屈な感じや、ジーンと痛む感覚に近いですね。しかしそれも2〜3日で治まります。矯正技術は日々進歩し、舌側矯正においても装置の種類が増えました。当院ではそのなかでも最新の装置を使っているので、舌の痛みや発音障害がほとんどありません。また、装置が歯の裏側にあって、常に殺菌作用の高い唾液に触れていることで、虫歯菌が作った酸を中和する唾液緩衝能が高く、そのために表側矯正より虫歯になりにくいと言われています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1まずは問診。今抱えている歯の問題や悩みをしっかりヒアリング

ここでは患者の主訴を聞き、今度どう改善したらよいか、どのような矯正治療の選択肢があるかを提案。医院では舌側矯正のほか、表側矯正やマウスピース矯正なども行っており、各矯正法のメカニズムやメリット、デメリットなどを模型を使ってわかりやすく解説してくれる。

2口腔内検査で、口の中の隅から隅まで状態を細かく現状確認

問診後は、虫歯や詰め物・被せ物の状態、歯周病の有無を検査。顎や顎関節症、噛み合わせの状態もチェック。「噛み合わせが悪いと自覚されている患者さんは少数派。検査では患者さんが気付いていない箇所もしっかり診ます」と吉田先生。

3矯正前、矯正後の変化がわかるようお顔の写真撮影

お顔の写真もパチリ。歯列が美しく整うことで、口元だけでなく顔の輪郭にも変化が出てくるそう。こうして治療開始前の写真を撮っておくことで、変わっていく様子が一目瞭然。治療へのモチベーションもアップにもつながりそう。

4正確で精緻な診断、治療のため最新機器で歯や顎の骨などを撮影

その後も歯型とりや口腔内写真、頭部の骨格全体を写すセファログラム写真など次々と検査をこなしていく。所要時間は約1時間半ほど。被曝量が従来の4分の1という最新のデジタルレントゲンシステムも完備。

5最終的に治療方法を決定し、治療計画をわかりやすく提案

すべての検査が無事終了。最後に検査結果や患者側の希望、双方を踏まえながらベストな治療プランを提示。この時点で治療期間や、治療費なども提示してくれるそう。治療に関する疑問点や不安などもこの時点で尋ねておこう。

ドクターからのメッセージ

吉田哲也院長

舌側矯正治療を希望するのは、プライベートや仕事柄、矯正装置が見えることに抵抗がある大人が多い。見えないメリットは大きいが、ただ高度な技術のためほかの矯正法より金額が少々高め。総合的に考えて選択するのがいいだろう。最後に、治療を検討中の方に吉田院長から一言。「口腔環境が良好ならば、矯正は年齢を問わず始められます。装置が恥ずかしい方にはこのように目立たない方法もありますし、昔と比べ苦痛も少ないはず。治療期間の長さに躊躇する方もいますが、実際やってみると1年なんてあっという間。悩んでいる方はまず気軽にご相談ください。

13631 hr 1 doctorcomment 1374112313

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access