全国のドクター8,582人の想いを取材
クリニック・病院 161,523件の情報を掲載(2019年11月19日現在)


求人情報ON
医療法人悠桜会 コンドウ歯科

医療法人悠桜会 コンドウ歯科

近藤昌嗣院長
頼れるドクター掲載中

手術後早くに日常生活に復帰
患者の負担を抑えたインプラント治療

医療法人悠桜会 コンドウ歯科

自由診療

Top

歯を失ってしまったら、どんな治療をすればいいのか? その選択に悩む患者もいるだろう。入れ歯やブリッジなどの治療法もあるが、より自然な噛み合わせをめざすのが、インプラント治療だ。しかし、手術やそれに伴う痛みなどに不安を覚えたり、また治療期間が長期にわたると考えたりすることで、なかなか治療に踏み出すことのできない患者も少なからずいるだろう。インプラント治療の豊富な経験を持ち常に患者の負担が少ない治療をめざす「コンドウ歯科」では、「M.I.インプラント」という手法を採用し実践している。専門的な技術と豊富な経験がなければ実現の難しいといわれる「M.I.インプラント」の特徴や、インプラント治療の流れについて近藤昌嗣院長に詳しく話を聞いた。(取材日2016年8月25日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

インプラント治療で重要となる点とは何でしょうか?

迅速なインプラント治療によって、1日でも早く日常生活を取り戻すことが重要でしょう。一般的なインプラント治療では、歯茎を切開し骨からはがし、骨に穴をあけてインプラント体を埋め込みます。切開により露出する部分が大きいことにより細菌にさらされるリスクが増え、苦痛を伴う可能性も高まります。手術後に痛みや腫れが出て、日常生活への影響も少なくありません。快適な生活を送りたい、という思いから治療に臨むはずなのに、これでは不安になってしまいますよね。当院ではそういった心配に配慮し、「M.I.インプラント」という治療法を採用しています。この方法は、時間も治療期間も短く、痛みも感じにくいとされています。

「M.I.インプラント」の特徴は何でしょうか?

最大の特徴は傷口を限りなく小さくすることで手術後も比較的早く普段通りの生活を送れるようになる点です。例えば内視鏡手術のように患部以外を傷つけない方法であれば短期入院の手術も可能ですよね。「M.I.インプラント」も同じような考え方と言えます。患部の治りも、だいたい2~3ヵ月程度で治るため、通院期間や回数を抑えられるのも特徴ですね。また手術時間も短縮でき、従来の手法であれば1本あたり30分近くかかる手術でも、早ければ4~5分程度で済みます。ただし、この手法は専門的な技術と豊富な経験がなければ実現が難しいと思います。

治療が難しいと診断された方でも治療できるのでしょうか?

顎の骨が薄いなどの理由により、インプラント体をうまく埋め込められないため治療を断られてしまう、というケースが多いですが、治療の方法が全くないわけではありません。また、「ソケットリフト、サイナスリフト技術」という、人工骨で顎の骨を補填する方法を使って、インプラント体を埋め込むことのできる土台を作れば、より適切にインプラント治療を行うことができます。また、当院ではこれまで高齢者の患者さんのインプラント治療にも多数携わってきており、極端に健康状態が悪い方でない限りは治療できないという判断には至りません。一度断られたからといって諦めず、ぜひ一度クリニックのカウンセリングを受けていただきたいですね。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリングで治療内容を説明し治療計画を立てる

カウンセリングを通して手術内容を丁寧に説明し、治療計画を立てる。この時重要となるのが、患者の人となりやライフスタイルに目を向けることだ。ストレスなど些細なことでも患者の抵抗力に影響が出るため、血液検査の数値を見て患者の状態を把握するだけでなく、一人ひとりの生活を鑑みた治療計画を立てることが、より安全性の高い治療につながる。仕事や育児で忙しい人は、手術の実施時間も含めて相談ができる。

CT撮影画像をもとに歯と顎の状態を確認

CT装置を使用して撮影、顎の骨と歯の状態を確認する。撮影された画像は3Dデータのため、1回の撮影であらゆる角度から顎と歯の状態を確認できることが特徴だ。一度にすべての歯と顎関節まで撮影できる機種を採用しており、撮影時の被ばく量も他の機種よりも少ない。上顎では、顎の骨の状態によってはソケットリフトやサイナスリフトの技術を用いて骨を補強することも視野に入れる。

手術前のシミュレーションに基づき治療が進む

CTで撮影した画像をもとに、改めて治療の流れを説明し治療に臨んでもらう。「M.I.インプラント」は、患者の負担の少ない手法だが、その反面、誰にでも気軽にできるものではなく、専門的な技術と豊富な経験が安定的に行うためには重要だという。

短時間での手術の後、すぐに日常生活に復帰が可能

同院のインプラント治療のもう1つの特徴は「抜歯即時埋入」。抜歯からインプラント体の埋入、仮歯の取り付けまでを1回の治療で完了させるため、手術後の見た目もほとんど気にならないとのこと。前歯など目立つ場所でも見た目を気にすることなく治療を受けられるという。手術後の様子などを踏まえてインプラントを刺激しないように気をつければ、食事など手術前と同じような生活を送ることも可能だ。

メンテナンスを通して気を付けるポイントをアドバイス

インプラント体が正常に定着したら仮歯を外し、人工歯を取り付ける。その後は口腔内全体のメンテナンスを通して治療した患部だけでなく、その他の健康な歯にも問題が出ていないかをチェックする。汚れが付くことを恐れて強い力でブラッシングをする患者もいるが、インプラントにそれをしてしまうと歯肉に傷がついて菌が侵入する場合があるため、特に電動ブラシで過度に磨くことは避けるべきだそうだ。

料金の目安

M.I.インプラント/37万8000円~ CT診断料/3万2400円 ソケットリフト/5万4000円

ドクターからのメッセージ

近藤 昌嗣院長

インプラント治療は費用や治療期間、手術が必要ということからハードルが高いと思われがちです。しかし入れ歯やブリッジといった、失った歯を補うために他の健康な歯に負担がかかる治療を第一にお勧めすることは、私はできません。ましてや欠損したまま放置してしまっては、歯そのものだけでなく歯並びまで崩壊してしまうことにつながります。患者さんの生活を考え、最善と思える治療を提供することが歯科医師としての私の役割です。患者さんにとって健康な歯を守り、治療後も健やかな生活が送れるようにするためにも、今後も第一の選択肢としてインプラント治療を提示していきたいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細