全国のドクター8,725人の想いを取材
クリニック・病院 161,529件の情報を掲載(2019年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中川区
  4. 烏森駅
  5. ながら歯科医院
  6. 阿部 雅代 院長、阿部 公成 先生

阿部 雅代 院長、阿部 公成 先生の独自取材記事

ながら歯科医院

(名古屋市中川区/烏森駅)

最終更新日:2019/08/28

111367

「ながら歯科医院」は、阿部雅代院長の生まれ育った町である中川区で開業し30年余り、地域住民を中心に愛されてきた地域密着型の歯科医院だ。2015年2月から新たに次男の公成先生が歯科医師として加わり、2人体制で診療に当たっている。同院の印象は、とにかくみんな明るいこと。扉を開けるとすぐにスタッフと患者さんの気さくなやりとりが行われている。先生も患者との会話に加わることもしばしば。明るく何でも話せる雰囲気にあふれ、患者にとって心地よい空間であることが感じ取られる。なぜここまで楽しく、明るい空気に満たされているのか、明るい歯科医院づくりを中心に、診療に対するそれぞれの思いについて語ってもらった。
(取材日2016年12月19日)

患者が安心して治療を受けられる、これが何よりも大切

開業から30年余りと、長く地域に頼られるクリニックなのですね。

1

【雅代院長】ありがたいことに、地域の皆さんに長く来ていただいています。開業当初から通ってくださっていた患者さんが、引っ越し後も足を運んでくださったり、通い始めはまだ小さかったのに、今は自分のお子さんも連れてきてくださるということも増えてきました。一昔前は「歯が痛くなったから」と来院する理由が多くを占めていましたが、最近は「できれば抜きたくない」、「歯を残すにはどうすればいいですか?」といった相談をしにいらっしゃる方が増えてきました。

最近クリニックを全面的にリニューアルされたと伺いました。

【公成先生】リニューアルをするにあたり、内装を含め多くの設備を導入しました。その中でも特に力を入れたのが、衛生管理です。治療で使用する水は、専用システムを用いて除菌されたものを使用し、空気中に浮遊する微細な粉塵や細菌から患者さんを守れるよう、専用の空気清浄機を待合室と診療室に設置しました。また、患者さんに使用する器具等は、大きな病院での外科手術などで使用される滅菌器や滅菌システムに遵守しております。ここまでの設備を導入するために、まずはクリニックを一から作り直そうと考えました

大がかりなことだったと思いますが、どうしてそこまで力を注がれたのですか?

2

【雅代院長】患者さんにとって、安心して治療を受けられる環境を作り上げることは、何においても欠かせないものです。もちろん、こういった設備は、実際に患者さんが目にすることもなく、特に意識されることもないかと思います。しかし、気にしなくてもいいということは、それだけ安心できるということ。そう患者さんに思ってもらえるように力を注ぐことは、当然のことです。他にも、精密検査には欠かせない歯科用CTも導入し、より精度の高い治療へとつなげています。

丁寧な診査診断があってこそ悩みに応えられる

初診から治療への流れを教えてください。

3

【公成先生】どんな主訴を抱える患者さんも、主訴以外にリスクを抱えていることがほとんどです。そのため、まずは主訴に対し必要な処置をした上で、口腔内の全体的なリスクを把握しどう対処するかを考えてもらいます。具体的には、口腔内の写真撮影、歯型の採取・模型作製による現状の把握。また必要に応じて、歯周病の精密検査やレントゲン撮影、CT撮影を行います。これら現状を知るための資料から予測されるお口の将来を詳しくお伝えし、その上で患者さんの要望を伺います。その際、常に患者さんの意思を確認しながら、治療方針を決めていくことを心がけています。ただ、いくら患者さんの意思を優先に考えていても、その内容が歯の健康維持をする上で間違った方向であるならば、患者さんの希望であっても正しい方向へ導いていけるように再度提案をします。歯科医師として、患者さんのお口の健康に責任を持つのは、当然だと思っています。

これまで患者さんのさまざまな悩みに応えてきたお二人ですが、得意分野などおありでしょうか?

【雅代院長】私も公成先生も、オールマイティな治療を第一としています。その中で私が特に力を入れているのは、小児歯科と根管治療です。自分の子どもに受けさせたい治療、自分が受けたい治療を提供したいという思いから力を注ぐようになりました。小児歯科は、お子さんの診療の中で「もっと早くに治療しておけば、何回も通院せずに済んだのに……」と思うことが多々あり、歯科医師として、そして子を育て終えた母親として「できることは何か?」を考えながら治療を進めていったことで、得意分野となったと思います。根管治療も、私が患者だったら歯は抜いてほしくないという思いから、積極的に取り組んでいきました。取り組み始めた当時は治療回数などからなかなか患者さんの理解を得るのが難しかったのですが、抜かなければいけなかった歯が5年、10年、現在と使えていることで理解していただけるようになり、続けてこれました。

公成先生は歯並びや噛み合わせにも注力されているそうですね。

4

【公成先生】歯並びが悪ければ噛み合わせも悪くなってしまいますし、歯や顎にも大きな負担がかかり、さまざまな不調や疾患の原因となります。口腔内の環境を整えるためにも、土台となる歯並びに向き合うことは、大前提欠かせないもの。そう考え、取り組むようになりました。歯も関節と同じように、年齢を重ねる中ですり減っていきますし、口腔内環境は常に変化し続けています。診療の流れにもつながることですが、主訴だけを解決するのではなく、患者さんがこれから過ごす“時間軸”を意識し、先を見越した治療計画を立てることが、長く健康を保つためにも大切です。歯並びや噛み合わせの状態によって、歯周病や顎関節症など、その後起こりうるリスクも変化していきますので。患者さんとお話しする時は「このままにしておくと、後々こんなことが起こる可能性が高いですよ」といった予測も交えながらお話しします。

患者の気持ちに寄り添う治療をこれからも大切に

2人体制での診療を行うようになって、何か変化はありましたでしょうか?

5

【雅代院長】長く診ている患者さんだと、家族構成や生活習慣など、その人の人となりを知ってしまっていることもあって、主訴を第一に聞いての治療となりがちだったのです。しかし公成先生が診療に携わるようになったことで、人となりを踏まえつつも、まずは口腔内全体の状態から考えていくことの大切さ、先を見据えた治療の必要性を説明してくれるようになり、患者さんの納得度も変わってきていると感じます。その時々の不調だけでなく、健康そのものをトータルで考えてくれる、という安心感もあるのではないでしょうか。私自身にとっても、新たな説明の仕方、計画の立て方を考えさせてくれる好機となりました。

お二人の話を通して、「患者さんの一生を大切にしたい」という思いが感じられました。

【雅代院長】診療で何よりも大切にしているのは、患者さんの歯を残し、健康的な生活を長く続けられるようにサポートすることです。そのためには、やはり歯を抜くことは避けなければいけませんし、常に患者さんを第一に考えた治療を大切にしています。
【公成先生】現在、噛むことに困っている方、生活の中でお口の中に違和感がある方は、ぜひ一度クリニックを受診していただきたいです。些細な悩みであっても、大きなリスクにつながることもあります。精密検査や専門的な治療にも自院で対応できるような設備も整えていますので、気になることがあれば足を運んでいただきたいです。

今後どのようなクリニックしていきたいとお考えですか?

6

【雅代院長】患者さんにとって信頼してもらえるクリニックであり続けたいです。それはスタッフも含めた、クリニック全体の空気感がとても大切になってくるかと思います。スタッフも、常に患者さんの気持ちに沿うように、と考えて仕事に従事してくれています。治療は患者さんのためにあるもの。徹底的に患者さんの気持ちに寄り添い、より良い治療を提供する、これが私たちの役割です。
【公成先生】僕は近い将来、クリニックを引き継ぐ立場にもありますので、これまで母が大切にしてきた、患者さんそれぞれの人となりを踏まえた治療を意識しつつ、「患者さんの一生を診る」という視点を持ちながら、常に自分にできることは何かを考え続け、絶えず新しい知識を吸収していきたいと考えています。そして治療を通して、患者さんに「先生に出会えてよかった」と思ってもらえるような診療を提供していきたいです。

Access