病気・けがを知る

悪性リンパ腫の症状、治療内容から初診に適した診断科目まで適切な病院・クリニック、医者の選択のために必要な知識をピックアップしました。悪性リンパ腫について正しく理解しましょう。

悪性リンパ腫あくせいりんぱしゅ

悪性リンパ腫とは

血液がんの一種で、白血球の一種であるリンパ球ががん化したもの。リンパ節、リンパ管、脾臓、胸腺、扁桃などリンパ系の組織で発生する可能性がある。リンパ腫の種類は大きく分けて、腫瘍内に大型腫瘍細胞の見られるホジキンリンパ腫と、見られない非ホジキンリンパ腫の2種類があり、その中でさらに種類が細分化される。

症状

首や脇の下、足の付け根などリンパ節の多い部分で痛みのないしこりが現れることが多く、症状が進行すると発熱、全身の倦怠感、体重減少、まれに皮膚の赤み、腫れ、かゆみなどの全身症状が現れる。また、しこりが気道や血管、脊髄などを圧迫すると、気道閉塞や血流障害、体のまひなどにつながることもある。

診断内容

まずは既往歴の聴取など問診を行い、触診で腫れているリンパ節の有無などを調べる。その後血液検査や尿検査、リンパ節を採取して顕微鏡で観察する病理検査のほか、骨髄の中にリンパ腫の細胞があるかどうかを確かめるための骨髄検査や髄液検査を行い、確定診断となる。診断が確定したらCTやMRIを使い、リンパ腫が体のどの辺りまで広がっているのかを調べる。

治療内容

悪性リンパ腫の種類と進行度合いにより治療法が異なる。ホジキンリンパ腫では、抗がん剤などを用いる化学療法と放射線治療が、非ホジキンリンパ腫では化学療法による治療が行われる。

予防方法、治療後の注意

はっきりとした原因がわかっていないため、確実な予防法はない。しかし、定期的に健康診断を受け、早期発見につなげることが大切。また、脇の下や首のリンパ節が腫れたときは放置せず、早めに医療機関で受診すること。

初診に適した診療科目

がん内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

内科に対応可能な病院・クリニック、医者を探すことができます。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
ドクターズ・ファイル特集

地域特集 横浜市

横浜地域に根ざした病院・クリニック(内科、歯科など)特集

特集 在宅医療

在宅医療という選択肢を考えよう!訪問診療と往診の違いなど

特集 生活習慣病基礎知識

生活習慣病の基礎知識。年齢に関わらず予防やチェックが必要

婦人科特集

乳癌・子宮頸癌など婦人科系疾患の基礎知識

アレルギー特集

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎など)の検査・原因を知る

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細