全国のドクター9,265人の想いを取材
クリニック・病院 161,206件の情報を掲載(2020年9月21日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市見沼区
  4. 東大宮駅
  5. ハレノテラスすこやか内科クリニック
  6. 血液の病気に幅広く対応血液内科で受ける専門的な治療

血液の病気に幅広く対応
血液内科で受ける専門的な治療

ハレノテラスすこやか内科クリニック

(さいたま市見沼区/東大宮駅)

最終更新日:2020/09/07

Top Top
  • 保険診療

白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫。このような血液のがんや自己免疫疾患に対応するのが血液内科だ。貧血や青あざも診療範囲で、あらゆる角度から血液の病気の有無を探る。「ハレノテラスすこやか内科クリニック」の渡邉健院長は、東京医科歯科大学血液内科とその関連病院で16年間経験を積んだ血管内科のスペシャリスト。日本血液学会認定の血液専門医資格を持ち、その豊富な知見を生かして診療に取り組んでいる。「血液内科ではすべての内科の要素を総合して診る必要があるんです」と話す渡邉院長に、早期受診の大切さや専門の医療機関で受診するメリットについて話を聞いた。 (取材日2020年7月31日)

クリニックの利便性と検査環境の充実化で「通いやすく信頼できる血液内科」を実現

Q血液内科では、どのような疾患を対象としているのですか?
A
1

▲血液の病気は研究が進み、予後がよくなっているという

血液内科とは、血液の病気や異常を診る科です。白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫など血液のがんや自己免疫疾患が対象となります。命に関わる症例もありますが、治療技術や薬剤の研究も進み、ここ10年くらいで予後がとても良くなってきています。日常的に起こる疾患では貧血や青あざのご相談が多いですね。また、抗がん剤治療を行うと合併症も起こりやすくなるのですが、その治療も行います。血液内科は内科の中でも特殊で、すべての内科の要素を総合して診る必要があるんです。その他に当院では「移植の支援」として、提供前のドナー検査や移植後の患者さんの予防接種など、骨髄バンク事業に関わる取り組みも行っています。

Qどのようなときに相談すればよいですか?
A
2

▲貧血や青あざ、リンパ節の腫れが気になる場合は相談を

30~50代の患者さんで多いのは、健康診断で血液成分の数値異常を指摘されて来院されるケースです。白血球が多い・白血球が少ない・多血症などによってヘモグロビンが多い・血小板が多い・血小板が少ない、といった症状です。日常生活の中で、貧血や青あざ、リンパ節の腫れが気になった場合も血液内科にご相談ください。白血病や悪性リンパ腫の可能性が疑われますが、何も異常がないかもしれませんし、血液ではなく他の病気の可能性もあります。当院にはエックス線検査装置・心電図もありますので、内科の病気も含めたあらゆる可能性を考慮して多角的に診断します。

Q早期に検査・検診をすることが大切なんですね。
A
3

▲病気が潜んでいる場合もあるため、早めの受診を勧めている

そのとおりです。例えば女性でよく聞かれる「貧血」ですが、必ずしも鉄欠乏性貧血とは限りませんし、病気が潜んでいるケースもあるんです。また他の科で治療を続けても改善しない場合、セカンドオピニオンとして血液内科での受診をお勧めします。一例ですが、鉄欠乏性貧血と診断されて長年にわたって鉄剤を処方されていた患者さんが、血液内科で検査をしたら「血液のがんが進行していた」と判明したケースもあります。血液内科では、他の科よりも多角的に血液の病気の有無を探ります。血液の病気は、進行すると命に関わることもありますから、気軽に血液内科を利用してもらえるとうれしいですね。

Qクリニックで受診するメリットは何でしょうか。
A
4

▲大学病院と同水準の検査を受けられる

血液内科は特殊な分野ですから、まず皆さんが考えるのは「大学病院での受診」でしょう。それと比較してクリニックでの受診は「待ち時間が短い」というメリットが挙げられます。また多くの開業医は医師が常勤していますから、医師の出勤日にスケジュールを合わせる必要がありません。当院は平日以外に第1・第3・第5土曜にも診療を行っています。検査は大学病院と同水準で行われ、輸血にも対応しています。「医師と患者さんの距離が近い」という点もクリニックの特徴ですから、検査後の連絡や診察もスムーズで、当院では電話連絡やオンライン診療にも対応しています。

Qこちらのクリニックの特徴を教えてください。
A
5

▲院長は患者の話をしっかりと聞くことを心がけている

当院はショッピングモールの中にあるのですが、モール内に複数のクリニックがあることが特徴です。成人病と歯科・整形外科には関連性があるんですよ。歯周病は高血圧症・狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などのリスクを高め、糖尿病の患者さんは骨粗しょう症になりやすいと言われています。患者さんに心配な症状がある場合、連携して各院で専門的な治療を行っています。院内の取り組みとしては、感染対策を徹底しています。院内の待合室は原則として2人まで、それ以外の方は臨時待合室でお待ちいただいています。工業用の換気機材の設置、紫外線照射装置での滅菌など、すべてをここで挙げられないほど徹底していますので、安心してご来院ください。

ドクターからのメッセージ

渡邉 健院長

当院では、患者さんの話をしっかり聞くこと・丁寧な説明をすること・最新の知識に裏づけられた治療を提案することをモットーに診療を行っています。また、「血液内科がもっと身近になって、多くの患者さんが救われること」をめざしてさまざまな取り組みも行っており、その一環として、患者さんが最寄りの血液内科のクリニックを探せるように、ホームページには埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県の血液内科を専門とする医師がいる医療機関のマップを掲載しています。ブログでは日常の気になる症状なども解説していますので、ぜひご覧ください。そして血液に関する悩みや不安があれば、いつでも気軽にいらしてください。

Access