全国のドクター9,157人の想いを取材
クリニック・病院 161,389件の情報を掲載(2020年5月29日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. まぶたが赤いの原因と考えられる病気一覧
  4. 接触皮膚炎(かぶれ)
  1. TOP
  2. 眼の病気一覧
  3. 接触皮膚炎(かぶれ)
061

こちらの記事の監修医師
公立学校共済組合 関東中央病院
皮膚科部長 鑑 慎司 先生

せっしょくひふえん(かぶれ)接触皮膚炎(かぶれ)

概要

接触皮膚炎は「かぶれ」とも呼ばれる。皮膚が刺激物質やアレルギーの原因物質に触れることで発症する湿疹性の炎症である。湿疹とは皮膚の表皮や真皮に炎症が起こり、かゆみやヒリヒリ感が出て、赤くなったり腫れたり、ぶつぶつができたり、水ぶくれなどができたりする皮膚疾患を表す。湿疹が長期間続くと、皮膚がごわごわした状態になる。接触皮膚炎は大きく刺激性とアレルギー性に分けられ、これに光が当たることで皮膚炎が発症するものを加えて「刺激性接触皮膚炎」「アレルギー性接触皮膚炎」「光接触皮膚炎」「全身性接触皮膚炎・接触皮膚炎症候群」に分類される。

原因

刺激性接触皮膚炎は刺激物が許容濃度を超えて接触すれば誰でも発症する。日用品が刺激物質になることもあり、例えば洗剤やせっけんなどに含まれる界面活性剤や、クリーニング溶剤が原因となる場合がある。一方、アレルギー性接触皮膚炎は特定のアレルギーのある人のみが、微量の原因物質に触れることで引き起こされる。日常生活においてはゴム製品に含まれる薬品や接着剤、繊維やプラスチック製品に用いられるホルムアルデヒドや着色剤、紫外線吸収剤や抗菌剤などはアレルギー性接触皮膚炎を引き起こすといわれている。中にはアレルギーの原因物質に気づかず使用を続け、皮膚炎が長期間にわたって持続する患者もいる。

症状

接触皮膚炎は刺激物やアレルギーの原因物質に触れた部位に、かゆみやヒリヒリした痛みを感じたり、赤くなったり、腫れたり、赤いまだらやブツブツ、水ぶくれができたり、皮膚が剥けたり、それらが混ざって皮膚がジクジクしたりする。皮膚の炎症が長期間続くと、皮膚表面がごわごわ・がさがさした状態になる。全身性接触皮膚炎では、アレルギーの原因物質が経口・吸入・注射など接触以外の経路で生体内に侵入して全身に皮膚炎を生じる。接触皮膚炎症候群では、皮膚病変が接触範囲を超えて全身に出現する。

検査・診断

問診や視診、触診、パッチテストによって診断する。パッチテストとはアレルギーの原因と考えられる物質を患者の皮膚に48時間貼布して、貼布48時間、72時間、1週間後にアレルギー反応を確認する検査である。貼布する原因物質の量や濃さ、接触させる時間などが結果に影響するため、皮膚科の医師が実施するのが望ましい。光接触皮膚炎を疑うときは光パッチテストを行う。全身性接触皮膚炎の場合は原因として疑う物質を使ったり、内服したりする試験が必要なこともある。

治療

アトピー性皮膚炎など他の皮膚炎との違いを正しく診断した上で、皮膚に炎症を引き起こしているアレルギーの原因物質や刺激物質を見つけ出し、それらとの接触を避けることが大切だ。趣味や仕事、家事や化粧品など患者が日常生活において触れる生活用品や生活習慣、発症した時期、発症した部位などを問診で確認し、パッチテストを実施して原因となる物質を特定する。皮膚炎やかゆみを抑えるためにステロイド外用薬を塗って治療を行う。かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬の内服を追加し、重症例ではステロイドの内服薬を処方する場合もある。

予防/治療後の注意

接触皮膚炎の原因物質にはなるべく触らないように心がける。触れてしまった場合には洗い流すなど早めの対応が大切だ。界面活性剤が含まれる洗剤やクリーニング溶液による刺激性接触皮膚炎にはクリームや保湿剤や手袋の使用が予防につながるといわれている。また洗濯や皿洗い、掃除などの一般的な家事の際にポリ塩化ビニル樹脂の家事用手袋を使用するとよい。

061

こちらの記事の監修医師

公立学校共済組合 関東中央病院

皮膚科部長 鑑 慎司 先生

2000年3月東京大学医学部医学科卒業。同大学附属病院の皮膚科で研修後、2006年3月に同大学院博士課程を修了。その後同大学附属病院皮膚科助教や、関東労災病院皮膚科にて医長を務める。Oregon Health & Science University博士研究員、東京大学医学部附属病院皮膚科講師などを経て、2012年4月より現職。日本皮膚科学会皮膚科専門医、日本レーザー医学会レーザー専門医。