全国のドクター9,298人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月25日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. できものができるの原因と考えられる病気一覧
  4. よう
  1. TOP
  2. 皮膚の病気一覧
  3. よう
052

こちらの記事の監修医師
医療法人社団緑成会 横浜総合病院
皮膚科部長 鈴木 琢 先生

ようよう

概要

ようとは、細菌の感染によって、皮膚の内側に膿がたまった状態である。皮膚から生えている毛を鞘のように包んでいる部分は毛包と呼ばれ、皮膚表面に見えている毛包は毛穴とも呼ばれている。毛包の一番深くにある丸く膨らんだところは毛球と呼ばれ、髪の毛はこの部分で作られ、伸びていく。この毛包に細菌が感染して皮膚が炎症を起こす病気を毛包炎と呼ぶ。毛包炎を引き起こす病原体となる細菌には黄色ブドウ球菌や、表皮ブドウ球菌が知られている。通常は人の体の表面は細菌やウイルスが侵入できないようにできているが、小さな傷から病原体が入り込んで感染してしまうことがある。この毛包炎が重くなった症状を「せつ」と言い、何個かのせつがつながってできたものを「よう」と呼ぶ。

原因

「よう」とは皮膚に生えている毛を包むような鞘にあたる毛包に細菌が感染して、引き起こされる皮膚の病気である「せつ」がつながったものを言う。通常、肌は細菌やウイルスが付着しても体内に侵入しないようバリア機能が働いているが、小さな傷があったり、アトピー性皮膚炎などで炎症があったりする皮膚には細菌が入り込みやすくなっている。せつや、ようは年代を問わず発症するが、付着した細菌への皮膚のバリア機能が落ちている高齢者や、皮膚から水分が奪われやすく症状の1つとして皮膚の乾燥が挙げられる糖尿病の患者はかかりやすいといわれている。せつは、病原体である細菌が毛包やその周りに感染して、皮膚が化膿したときに出る黄色のどろどろした濃い液体である膿がたまった状態である。せつは1つの毛包にできるもので、いくつかのせつが皮膚の中でつながった状態がようである。

症状

せつは首や、胸、顔やお尻にできることが多いといわれている。熱を持った感じや、痛みを感じる人もいる。炎症が化膿して、黄色いぐじぐじした粘度の高い膿がたまっている状態なので、不快感を感じることもある。この膿が、皮膚の表面で破れて、中の膿が出てくる場合もある。中の液体は白味が強かったり、ピンクがかったりなど人によって色が少しずつ違う。この化膿した部分から細菌が広がり、周囲の組織に感染が広がった場合には熱が出るなど、倦怠感や全身への症状へつながる場合もある。

検査・診断

皮膚から生えている毛を鞘のように包み込んでいる毛包に細菌が感染することで引き起こされる毛包炎と、その毛包炎の症状が進んだ「せつ」であるが、病原体となる細菌はいくつか種類がある。中でも原因としてよく知られているのが、黄色ブドウ球菌である。黄色ブドウ球菌はブドウ球菌のうちの一種で、人だけではなく動物の傷口や、手や足、鼻や喉、皮膚などに広くいる。健康な人でも2割~3割の人に黄色ブドウ球菌が潜んでいるといわれている。(菌の形や並び方がまるでブドウの房のように見えることからブドウ球菌を名付けられた)健康な人の皮膚に黄色ブドウ球菌が潜んでいても、肌のバリア機能や体に入ってきた異物を追い出す免疫と呼ばれる働きで、皮膚の病気を引き起こす可能性は低いといわれているが、皮膚に傷があったり、免疫力が衰えたりしている人の場合は炎症を引き起こすことがある。患部から原因となる病原体が見つけ出されることで診断につながることが多い。

治療

「よう」ができている部分が化膿して、黄色い粘度の高い液体である膿がたまっている場合はその膿を出す。膿がたまっている部分を直接切って出すのが最善の方法である。膿を取り出して、空洞になった部分には生理食塩水という人間の血と同じ濃さで作られた塩水で洗って膿が残らないようきれいにする。膿がしっかり取れた患者や、発熱などの全身の症状がない患者は抗菌薬が必要ない場合が多いが、体内に侵入した病原体を攻撃して、外に出す機能である免疫力が低下している患者や、感染が広がっている患者など、症状やその患者の状態によっては、細菌に効く抗菌薬を処方する場合もある。

予防/治療後の注意

皮膚から生えている毛の周りを取り囲む毛包に細菌が感染することで引き起こされる「よう」であるが、皮膚に細菌が付着しても感染を防げるよう皮膚のバリア機能を保つことが予防につながる。アトピー性皮膚炎など、皮膚の炎症がある場合はしっかり治療して治す。また全身の免疫力を高めるために、規則正しい生活を心がけて睡眠をしっかり取る。リフレッシュを心がけてストレスをためないことも大切である。日常的な心がけが免疫力の向上には重要である。また皮膚に痛みや違和感がある場合は早めの医療機関を受診することが重症化を防ぐには有用である。

052

こちらの記事の監修医師

医療法人社団緑成会 横浜総合病院

皮膚科部長 鈴木 琢 先生

1998年東邦大学卒業。専門である帯状疱疹の診療を中心に、それに付随する帯状疱疹後神経痛による痛みのケアまでカバーしている。日本皮膚科学会皮膚科専門医。