求人情報ON
細田診療所

細田診療所

赤畑 正樹院長
頼れるドクター掲載中

33299 %e7%b4%b0%e7%94%b0%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%89%80

京成本線高砂駅から徒歩10分。せせらぎ通りから少し入ると見えてくるレンガ調のモダンな建物、それが「細田診療所」だ。院長の赤畑正樹先生は、先代が掲げた「心からの医療」「予防医療の重視」という理念を継承し、日々、地域医療に熱心に取り組んでいる。同院には、MRIやCT、超音波検査機器、マンモグラフィなど各種検査機器が設置され地域のクリニックとは思えないほど。診療科も随時拡充をはかっており、2018年からは皮膚科の診療を開始した。「各分野の専門の医師がしっかり診察できることがかかりつけ医としての責務だと思います」と話す赤畑院長。同院の特徴や地域医療への思いを存分に語ってもらった。
(取材日2018年5月26日)

充実の各種検査機器で早期発見と適切な診断を追求

―こちらのクリニックはかなり早い時期からMRIを導入なさったようですね。

この診療所は、私の父が1957年に開業したのがはじまりです。父はもともと放射線科の医師で、機械が大好きでした。カメラや車が好きでいつも機械いじりをしていたことを覚えています。新しい機械が出るとやはり入手したくなったのでしょう。放射線科の医師ということもあり、MRIによる精密な検査や正確な診断を行いたいという情熱も強かったと思います。大学病院にもあまり設置されていない、かなり早い時期に導入しました。当初は検査を受ける患者も少なく他の病院と共同利用していたこともあったようです。その後、徐々に利用機会が増えるとともに、病気の早期発見、正確な診断のために必須ということでCTなど他の検査機器を充実させてきていました。

―地域のクリニックとは思えないほどの充実ぶりで驚きました。

精密検査が必要と言われても、大きな病院に行くのは時間的な制約もありハードルが高いと思います。検査を受けた後も結果を聞くために再度病院に出向かなくてはなりません。その点、地域で精密な検査ができれば、患者さんにとってとても便利だと思います。当院ではその日のうちに検査結果を出していますので、スピード感が違います。検査機器は音の静かなMRIや低被ばくのCTなど体に負担が少ない機種を採用しています。お子さんもこれらの検査を受けることがありますので、できるだけ怖い思いをしなくて済むように注意しています。転倒して頭を打ったとか頭痛が続くなどという場合、あるいは副鼻腔炎や中耳炎の診断などでもこれらの検査機器を活用しています。

―精密な検査によって病気の早期発見に努めているのですね。

生活習慣病でもがんでも、私たちとしては早く発見して早く治療し、できるだけ早く社会復帰していただきたいと願っています。例えばがんの場合、もし早期発見できないままでしたら、その後のその方の何十年という人生を奪ってしまうことになりかねません。ですが、早期発見して早期治療ができれば、その後の何十年という健康寿命をプレゼントできるかもしれないと思っています。この地域でも増えている認知症も、早期発見がとても大切になります。というのも、徘徊やイラつきなどの周辺症状が出てしまってからの回復はとても難しいです。ですから早い段階から適切な治療を行うことが求められます。認知症の診察は、症状の説明やご家族の生活のサポートなどじっくり時間をかける必要がありますので、認知症専用の診察枠を設定しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細