全国のドクター9,329人の想いを取材
クリニック・病院 161,136件の情報を掲載(2020年11月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 大手町駅
  5. 医療法人財団 医親会 海上ビル診療所
  6. 先進の検査機器と専門のスキルを持つ検査技師が行う画像検査

先進の検査機器と専門のスキルを持つ
検査技師が行う画像検査

海上ビル診療所

(千代田区/大手町駅)

最終更新日:2020/07/28

Main 5 Main 5
  • 保険診療
  • 自由診療

今日の医療で、重要な役割を担う画像検査。エックス線撮影やCT、超音波などの検査で、がんなどの病気がないかを確認したり、経過の観察をすることに用いられるため、年に1回の健康診断などで、これらの検査を受けたことがある人も少なくないだろう。せっかく検査を受けるのだから、より正確な結果を望むのは誰でも同じだが、これらの検査は、どこで受けても同じなのだろうか? 東京の中心、丸の内にある「海上ビル診療所」では、先進の検査機器を導入し、専門の放射線技師・臨床検査技師が、より正確な画像検査に努めることで人々の健康に貢献できるよう体制を整えている。そんな同院の画像検査について、田崎明子診療放射線科課長、安藤幸一診療放射線科技師長、杉田清香画像検査科技師長に話を聞いた。 (更新日2019年12月27日)

正確さにこだわる専門の検査技師による画像検査

Qこちらでは、どのような画像検査が受けられるのですか?
A
1

▲放射線検査と超音波検査ともに幅広く対応している

【安藤さん】画像検査には、大きく放射線検査と超音波検査があります。放射線検査では、CT、胸部エックス線や骨などの一般撮影、上部消化管エックス線撮影(バリウム検査)やマンモグラフィ、骨密度測定など、頭から足の先まで、すべての部位の撮影ができるようになっています。 【杉田さん】超音波検査では、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓といった上腹部、膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの下腹部、他に乳腺や頸動脈、心臓などを検査対象としています。 【田崎さん】当院にMRIはありませんが、近隣にあるMRI画像診断の専門クリニックと連携していますので、必要であればMRI検査もすぐに受けてもらうことができます。

Qこちらの放射線検査の特徴は何でしょうか?
A
2

▲被ばく線量が少なく、鮮明な画像を撮る機器を導入

【安藤さん】まず、CTなどのエックス線撮影装置を適切な期間で更新しています。CTは昨年、エックス線TV装置は一昨年に新しくなりました。両方とも、従来の装置より少ない被ばく線量で、鮮明な画像を撮ることができる、ハイスペックな装置です。 【田崎さん】検診でよく行われるマルチスライスCTによる肺がんの検査では、1ミリのスライス厚で撮影しています。その検査を安全に行うためにも、被ばく線量が少ない装置にこだわっています。小さな肺がんは、CTでないと見つからないことも多いですし、1年で大きくなってしまうがんもありますから、早期発見が大切です。リスクの高い人や心配な人は、積極的に受けてほしいと思います。

Qこちらの超音波検査の特徴は何でしょうか?
A
3

▲超音波検査を行う個室は8室ある

【杉田さん】8室ある超音波検査室の装置を適切な時期に、新しい装置に更新しています。超音波検査装置の進化は著しく、新しい装置は画質が鮮明で、新しい機能なども搭載されるため、さまざまな臓器に対して、より詳しい検査が行えるようになります。今年は、肝臓の硬さの検査を簡単に行える超音波検査装置を導入しましたし、それ以外の装置も総じて新しいものとなっています。加えて当院には、超音波検査を専門とする11人の臨床検査技師がいます。超音波検査で疑わしい所見を見逃さないためには検査技師の技量が大切ですが、当院の検査技師は、それぞれが得意分野を持ち、勉強会などにも積極的に参加して常にスキルアップを心がけています。

Qこちらのクリニックでそれらの検査を受けるメリットは?
A
4

▲年々進化する検査装置。適切なタイミングに新しい装置を導入する

【安藤さん】当院は、検査技師の教育体制にも力を入れて、それぞれの専門分野での技術力向上に努めています。豊富な技術を備えた検査技師が、先進の検査装置を使って行う検査を受けることができるのは、当院で画像検査を受けてもらう大きなメリットではないでしょうか。また、それらの検査を、大規模病院と違って長時間待つことなく、必要であればすぐに受けることも可能です。 【杉田さん】それに、健診と外来診療の両方を実施していますので、健診で何か問題が見つかれば、引き続き当院で医師の診察を受けていただくこともできます。加えて画像の読影は、専門の医師と検査技師で必ずダブルチェックをして、確実となるように努めています。

Qどうすれば、こちらで診察や健康診断を受けることができますか?
A
Main 5

▲検査技師一人ひとりが専門分野の技術向上に努める

【田崎さん】当院は、契約企業の健康診断が多いですが、もちろん個人でも診察や健康診断を受けることができます。ご希望であれば、まず電話で予約して受診日を決めてください。健診の場合は、自宅に問診票と採尿セット、内容によって検便容器や喀痰容器などの事前資料が送付されますから、健診当日にそれらを持参してください。当日は受付を済ませて健診着に着替えた後に、身長や体重、視力や聴力などの測定から始まり、コースやオプションによってCT検査やマンモグラフィ検査、超音波検査などを受けていただきます。法定健診だけなら1時間程度、生活習慣病健診は大腸内視鏡検査がなければ、2時間程度で終わります。

ドクターからのメッセージ

近藤 謙二院長

先進機器を用いて検査を行う当院では、専門的なスキルを持った放射線技師・臨床検査技師と検査をサポートする医師の連携によって、精度にこだわった画像診断を行っています。診断にあたっては、読影のダブルチェックなども行いながら、大きな病変はもちろん小さな病変も見逃さず、病気の早期発見ができるよう努めています。また、患者さんが快適に検査を受けられるよう、検査エリアと外来を分けており、待合室からの眺めが良く好評なようです。検査で異常が見つかった場合は、すぐに外来で対応できるのもメリット。スタッフ一人ひとりが、自分の家族に接するような気持ちで丁寧に検査をしていますので、ぜひ一度受診していただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

胸部マルチスライスCT 1万3000円(税抜)/胃エックス線検査(バリウム)1万6000円(税抜)/乳腺超音波検査 4000円(税抜)/下腹部超音波検査(膀胱・前立腺、子宮・卵巣など)6000円(税抜) ※一例ですので、詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access