全国のドクター12,764人の想いを取材
クリニック・病院 158,416件の情報を掲載(2024年7月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 豊島区
  4. 巣鴨新田駅
  5. 医療法人社団 育生會 山口医院
  6. 生活習慣病症状は軽く受け止めずできるだけ早くに医師に相談を

生活習慣病症状は軽く受け止めず
できるだけ早くに医師に相談を

山口医院

(豊島区/巣鴨新田駅)

最終更新日:2023/06/16

山口医院 生活習慣病症状は軽く受け止めず できるだけ早くに医師に相談を 山口医院 生活習慣病症状は軽く受け止めず できるだけ早くに医師に相談を
  • 保険診療

生活習慣病とは、毎日の食事や運動、喫煙やアルコール、睡眠などの生活習慣が深く関わっていて、それらが引き起こす疾患の総称で、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、肥満症などが代表的疾患として挙げられるが、がんや心臓病、脳卒中、呼吸器疾患など多くの疾患が含まれる。習慣化しているからこそ「問題がある」と自覚するのは難しいこと。「まず健診で引っかかったら生活習慣を見直すチャンスと思ってください」と理事長の田口享子先生は勧める。生活習慣を見直す際には、医師や看護師、管理栄養士、薬剤師などの専門家を頼ってほしいと力を込める享子先生に詳しく話を聞いた。

(取材日2023年5月14日)

生活習慣病の不安があれば気軽に病院に相談を。ライフスタイルを見直しすることで重篤な病気を予防しよう

Q生活習慣病にはどのような特徴がありますか。
A
山口医院 日々の生活習慣に問題があると自覚するのは難しいという

▲日々の生活習慣に問題があると自覚するのは難しいという

私が医師になりたての頃は、「成人病」と呼ばれていました。成人病は40歳前後から急激に死亡率が上がり、主に加齢が原因と考えられてきましたが、1996年に加齢だけでなく、子どもの頃からの生活習慣によって発症する可能性があることから「生活習慣病」に変更されました。つまり、中高年層だけの病気ではなく幅広い層の人たちに関係します。例えば糖尿病は、幼少期からの食生活が原因で自覚があまりないという問題があり、放置しがちです。会社に入りデスクワークで運動しなくなると急に太り始め、20歳台の健康診断で糖尿病を指摘されるケースも。放置し続けると心臓病や脳卒中など生活に支障が出てくる可能性のある疾患につながります。

Qよく見られる生活習慣病について教えてください。
A
山口医院 先進のCTを導入

▲先進のCTを導入

高血圧症、糖尿病、肥満症、脂質異常症が代表的な疾患です。高血圧症は喫煙、飲酒、運動不足等により血圧140/90mmHG以上とされていて、高血圧の状態が続くと心筋梗塞や脳梗塞などを発症しやすいといわれます。糖尿病は慢性的に血糖が高くなる病気で、網膜症、腎症、神経障害の三大合併症を起こしたり、感染症、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも高まります。肥満は、食生活の欧米化や運動不足によって体脂肪が過剰に蓄積された状態で睡眠時無呼吸症候群などの疾患につながります。脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が高値の状態が続くと血管の動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因となります。

Q健診の数値で問題があっても放置しているとどうなりますか。
A
山口医院 生活習慣病は、放置すれば重篤な病気を起こす危険も

▲生活習慣病は、放置すれば重篤な病気を起こす危険も

生活習慣病は放置していると脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な病気を起こす危険もあるので、できるだけ早く治療を始めるのが大事です。たとえ、そういった病気にまだなっていなくても、血圧200mmHg、血糖値400mg/dLなど、目を疑うような数値が測定されることもあります。それでも、自覚症状がほとんどないのが生活習慣病の恐ろしいところです。動脈硬化も知らない間に進行しているケースが少なくありません。とにかく、企業の健診、フリーランスならば区の健診などをまずはきちんと受けてください。

Q日常生活で何に気をつければ生活習慣病を予防できますか。
A
山口医院 生活習慣を見直すときは専門家を頼ってほしいという

▲生活習慣を見直すときは専門家を頼ってほしいという

なかなか気づくことが難しいです。人から「大きいいびきかいてる」「飲みすぎているよ」「タバコ吸いすぎている」など指摘されたら面倒くさらず、ご自身を振り返って現状把握してみてください。また健康診断で指摘されたら必ず二次検査を受けるようにしてください。誰からも指摘されない場合、「食事」「運動」「タバコ」「アルコール」「睡眠」についてセルフチェックしてみてください。心配なことやわからないことは放置せず医療機関に受診をしてください。一緒に生活習慣の予防をしていきましょう。

Q貴院で検査・治療を受けるメリットについて教えてください。
A
山口医院 検査から治療、入院、リハビリまでを迅速に行える同院

▲検査から治療、入院、リハビリまでを迅速に行える同院

生活習慣病について、当院で可能な検査は心電図、レントゲン、CT、頸動脈エコーや心エコーを含む超音波検査、血管年齢がわかるPWV検査、内視鏡検査、眼底検査、採血などです。特に健康診断や採血で異常なしでも、当院で取り入れている分子栄養学の観点から採血の深読みができ早期の診断につながります。分子栄養学を学んでいる管理栄養士、薬剤師、看護師が在籍しており、高い専門性スタッフが在籍しております。それぞれの立場から分子栄養学的にもアドバイスが可能という点です。また病棟があるため教育入院や症状があり入院が必要な場合は速やかに入院できますし、緊急な場合は医療連携ネットワークを通して緊急対応が可能です。

ドクターからのメッセージ

田口 享子理事長

生活習慣病というとまだ中高年以上の病気というイメージかもしれませんが、若くても起こることもある病気ですので、皆さんに生活習慣病について知ってほしいです。生活習慣病の治療は継続が大切です。医療に関わるのは、お一人お一人の人生の一コマかもしれませんが、伴走者としてトータル的に寄り添っていければと思っています。

Access