求人情報ON
医療法人社団奏  長瀬クリニック

医療法人社団奏 長瀬クリニック

長瀬 良彦院長
頼れるドクター掲載中

21509

武蔵溝ノ口駅からバスと徒歩の組み合わせで約15分。梶が谷駅や津田山駅からもアクセスが可能という閑静な住宅地に「医療法人社団奏 長瀬クリニック」は位置する。長瀬良彦院長は、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医の資格を持ち、他にも日本消化器病学会認定の消化器病専門医や、日本肝臓学会認定の肝臓専門医の資格も保持する、高度に専門的な医療を提供できる「地域のかかりつけ医」だ。がんの早期発見・治療が必要とはわかっているものの「つらい思いをするのでは」と胃や大腸への内視鏡検査に対して消極的になりがちな患者は多いだろう。その点に対しての優しくて技術的にも緻密な配慮や、「目の前にいる患者さんを家族のように思って診療に臨んでいる」という熱い思いなどを聞かせてもらった。(取材日2016年7月13日)

検査前後の時間的なゆとりも含めてが診療のクオリティ

―開院して約5年。地域に密着した診療をされていますね。

川崎市指定の胃がん検診を行っていることもあり、特に胃の内視鏡検査にはたくさんの患者さんに来ていただいています。この5年間で、痛みを軽減する配慮を加えた胃や大腸の内視鏡検査が「あそこは楽だったよ」とクチコミで広がってくれました。近隣の内科クリニックの患者さんが当院に内視鏡検査に来られる機会も、当院の患者さんを信頼する近隣のクリニックに紹介する機会も増え、地域における診診連携(クリニックどうしの役割分担をふまえた連携)の関係性も親密になってきた手ごたえがあります。ご高齢の患者さんが多いことは開院前からの予想通りですが、5年前にわかっていなかったのは、胃腸のトラブルなどを抱えた若い患者さんもずいぶん来られるということですね。

―当院の内視鏡検査に対しての心理的、技術的な配慮をお聞かせください。

大腸の内視鏡検査に関しては、女性の患者さんなら同性の医師に診てもらいたいと思われるのも無理もありませんよね。当院には僕が信頼する日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医の女性も勤務しているので、その希望にもお応えできます。僕も含めて、経験を積んだ医師だからこそできる「内視鏡を無理せず優しく操作する技術」も内視鏡検査に特有のつらさを大きく軽減します。安定剤をしっかり使い、終わった後にゆっくり休むスペースを作るというのも当院の方針です。安定剤が効き始めるまでにも時間的なゆとりを取り、検査後も患者さんが落ち着いてから起こしてあげるといった細かい工夫もしています。それを実現するために、好評なので予約の数は常に多いものの、1日の検査数は増やしすぎないように、と環境整備もしているのです。

―「かかりつけ医」として内視鏡検査の結果を継続的に捉え続けることも重視されていますね。

不安がある検査だからこそ、いつもかかっている顔なじみの医師がやってくれるという安心感も大事だと思うのです。個人医院なら異動もなく、ずっと体の状態を見守り続けられます。別の機会に胃の不調を訴えた際でも、前に撮った胃カメラの結果などを考慮した上で「こういう理由で逆流が起きやすい」などと診断をより緻密にできますし。検査結果は、胃や腸の図に印やコメントを書き入れる形で患者さんにお伝えしています。目で見てわかりやすく、ご家族にも状況を簡潔に伝えられますから。病診連携(大きめの病院と個人のクリニックの間の連携)や診診連携で他の医療機関に紹介する際も、「かかりつけ医」なら過去の内視鏡検査の結果を担当医師にお送りすることもできるわけです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細